FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

なんとなく天使の階級の矛盾?

 
 あ。最初に言っておきますけれど。

 これは私独自の見解・推論です。
 要 す る に 仮 説 で す 。
  少なくとも、これと同じか類似する説に、私は触れたことがありません。故に独自と明言しておきます。

 で。
 まー適当にぐぐってりゃ行き着くと思いますが。
 要するに“arch angels”(あえて全て小文字で空白挟み)の扱いで。
 第8階級なのに全天使の指揮官・司令官、あるいは首領とされたりする件。
 その階級の捻れ現象のことですよ。

 少なくとも、この推論下に於いては矛盾をほぼ解決できます。

 ま、実に単純で大した話でもありませんが‥‥ちょっとした暇つぶしくらいにはなりますよ。きっとね。

 
 

 さて。
 まず背景として‥‥初期(?)に於いては、天使には2種類=天使と大天使しかなかったということは踏まえつつ。

 ついでに(あえて)単数形で表記して、また単語の先頭は大文字にしておきましょうか。


 第8階級の「大天使」は一語で Archangel(アークエンジェル) です。

 つづいて “Arch” と言う単語もあります。
 接頭辞で、これは「アーチ」と発音し、これには「偉大な」・「首位の」などなどの意味があります。
 およそ“Great”や“High”などと似通ったものです。

――ここまで書けば、勘の良い人なら判ると思いますが、続けましょう。

 つまり。天使に2階級しかない場合に普通の天使を“Angel”と表記するならば、上位の天使である天使は“Arch Angel”と表記できます。
 この場合は「アーチ・エンジェル:偉大な天使」となるでしょう。

 要するに。
 元々、2階級しかなかった際に“Arch Angel”として表記され(てい)たはずの上位天使が、後の階級再編時に於いて増えてしまったとも言える、しかもほぼ綴りが同一の下級天使“Archangel”と混同されてしまったことに起因するのではないか?
 と言うことです。

 まぁ、ラテン語・ギリシャ語などでもこの仮説が通用するかは知りませんがね‥‥。
  いや。ギリシャ語に於いては通用するっぽい。

 

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/09/16(日) 01:15:27|
  2. 神話・伝承・宗教・掩蔽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<思い出したっ! | ホーム | なんで>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/95-b5565cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する