FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

あー、悪くない。

 
 調味料の「味覇(ウェイパァー)」――なかなか便利。
 特に海鮮系との相性のよさを感じる。
 おかげで、海鮮五目あんかけ焼きそばを作る頻度が向上中。
  冷凍シーフードミックスやら冷凍野菜やらを使って、店での 〈大盛〉 見当で一人前・約100円。二人前超でも約150円ほど。
  業務用食材店が大活躍。1キロ・約1,000円のシーフードとか、(同)・約700円のイカとか。

 まぁパッケージ(缶)に描かれている、先代の北の将軍様みたいなのはアレだけれども。


 あと、ついでに。
 ……やはり、まだまだ忙しい……。

 というわけで、ここの更新終了は3月末まで再延期。

 
 

 久しぶりに、ちょいと見てて。

 ……懐かしいねぇ……「テッカマン」は。
 おっと! 「ブレード」じゃないほう。

 しかし Wikipedia は見なきゃよかった……特にブレードのほう。
  別に Wikipedia が悪いわけでは全くないけどもさ。
  それにしても。
  ブレードは一通り見ていたはずなんだけれども……後半の話は、ほとんど憶えてないな。
  レイピアが自爆した辺りまでは、まぁまぁ記憶に残っていなくもないものの、シリーズ終盤の記載なんて全くと言っていいほど “知らない” とは。




 まぁそれはそれとして。
 なんかあちこち見ていると、ちょいちょい(侮蔑的な意味での)面白い意見に出遭う。

 ついでに。
 作家志望の人たちが集まっているであろう場所だと。
 まぁ……「そんなものを誰かに尋ねて、どうする気だ??」と言うような質問とか。
 これって……よくある「初心者等のための指南」みたいなものの意味・意義を履き違えているんだろうなぁ、とも。
 その多くは「一見するよりも遥かに難しいものなので、無頓着に、浅慮に、そういうことはするべきではない」って意味で提示されているのに、それを「暗黙の足切りルール」ででもあるかのようにでも捉えているんだろうとしか。
 さもないと、ああいう質問は出ないはずだし。
 ましてや自分で考えて決めるべき部分の「その是非・可否」を誰かに尋ねようとするって言うのは、その感覚自体が納得も共感も賛同もできない。構図の理解だけは(上のように)できるけれども。

 本当にプロの作家、文筆業を目指しているつもりなんだろうか、あの人々は。
 意味が分からん。

 なんだかなぁ。



 もっとついでに。
 IS 《インフィニット・ストラトス》――の件。
 ……いや、あの怪情報(?)が去年の10月だかに流れた時点でも、かなり状況証拠は揃ってたと思うんですが。
 まぁ確信に至るほどではない、かも知れない、ってのも解かりはしますが。

 しかし。
 多少テイストは変わってしまうでしょうけども、アレの続編なり、スピンオフなりを書ける作家は確かにゴマンといると思う。
 しかし。
 小説作品ってのは、草案・アイディアから完成させるまでの一式をひっくるめたのが作家の 《能力・実力》 なんですよね。

 まぁ、ちょいとだけ読んでみたところ……私には、キャラクタ造形の一部以外には……。
 シリーズ構成も各種設定類も考証類も、また各種のエピソードも――いくら私の趣味からは外れているとはいえ、それを最大限考慮したとしても!――あんなんで(合計)一億近くも稼げちゃうのかよ……と思ったのが正直なところ。
  まぁ所得税だけでも(最低でも) 2~3,000万円くらいにはなっちゃうはずだけど。

 ただし。
 どうやら……その、件のキャラクタ造形(+アルファ)で 〈一点突破〉 したんだろうなぁ、とも。

 そうなんですよねぇ。
 他の部分がメタメタでも、一つ(以上?)の強みがあれば、それなりに成功してしまうのも、まぁそういうもので。
  ただ、まぁ……頭を空っぽにして、でべーっと見ていれば≒斜め読み程度なら、まぁ気にならなくもない程度ですけれど。
  あれ……ちょいと本腰を入れて読んでしまうと、キャラクタの異常さやら浅さが目に付いたしなぁ。

  これでも私は、以前のエントリにも書いたように。
  ちょっとくらい、ご都合なカンジのキャラクタやエピソードでも「そういうエンターテイメントなんだから、それでもいいじゃん」――って考え方をしているんです。
  そういう(読者視点での)私ですら、それを感じ取ってしまったってのは、よーっぽどな類だったと思って良いはずです。
  ただ……それでもなお売れてはいたわけですが。

  ただまぁ。
  なんてゆーか 「主人公と女の子との交流や感情(の遷移など)が、ていねいに描かれていた」――なーんてレビューなどを見てしまうと、途方に暮れますけどね。
  あんなに雑でデタラメなものの、どこが、ていねいとかリアリティとか言うんじゃー!
  なんと言うか……そういう部分が割と雑な感じのアニメやコミック、ゲーム(のキャラ)を、更に類型化を進めて、省略と先鋭化を施してしまったもの。
  いわば、今イチな出来なものを更にデフォルメしてしまった(モノを見せられてる)ような感覚。

  もっといえば人物のネーミングセンスが理解できない。
  キラキラネームこと、DQN ネームとも異なるセンスだしなぁ……。

 だけどねぇ。
 元から、テクノロジーな S.F. 類が好きな身としては、アレは本当に……。
 そのフィクショナルなベクトル――つまり、どういう思考・嗜好を元に仮想化して、架空に発展させて行ったか、という部分の相違ではなくて、理論の根幹部分に穴っぽこがあるのはね。

 緊急脱出機構どころか、シートベルトすらない(ことが明らかな)戦闘機が出てきたら、アナタはどう思います?
 そんなもん、マトモに操縦できませんよ。
 ただ、やんわりと離陸して、穏やかに水平飛行だけをして、ものすごく大回りな転回をして、やけに広大で平滑で安全な場所に着陸することだけしか想定していない戦闘機(ぇ?)ならば、それでも成立するかもしれないでしょうが。
 おおむね、これ(↑)に近い運行となる旅客機ですらシートベルトくらい付いてますよ、念のため客席にも。

 あの IS とやらの設計って、(確かにアレは戦闘機ではありませんが)ここ・上で挙げた戦闘機みたいなことになってるんですよね……いや、むしろ風防も何もない戦闘機と同じくらいかも。
 設計思想というのか……もう根幹の部分に著しい欠陥を抱えてる。正気の沙汰とは思えない。

 解かってないヤツが空想で形作ったってのが、透けて見えるどころか前面に出てきちゃってる。
 いくらブラックボックスだ、開発者にすら完全には把握できていない ~云々~ とは言ってもねぇ。
  まぁ、IS 自体には強力な防御フィールドがあるって設定は知ってますけどねぇ。
  あれ、いざって時には全く意味が無い、用を成さない装備だって気付かないもんかね。

  と言うか開発者もシステムを理解(把握?)できていないなら、なおのこと、その開発者は乗員の安全を欠片ほども考えてないってことになるんですが。
  異常が発生しないって前提でしか成立しない。



 更についでに。
 マジかよ……全くノーマークだった「輪るピングドラム」ですが。

 まさか劇中の挿入歌やらナニやらで、ARB の楽曲(のカバー)を使っていたとは。

 それだけでも見ておけば良かったか。
 ……ぐへぇ……〈 ROCK OVER JAPAN 〉 までカバーして使ってやがるとは。

 え?
 トリプル H って……女性だよね? 主要な女性キャラクタの三人……。
 陽毬(荒川美穂)・ヒバリ(渡部優)・光莉(三宅麻理恵)――この三人ってことで、いいんだと思う。
 と思っていたら、Amazon など(を経由して)で試聴できるので、それこそ試しに聞いてみた。

 ……ぐっはぁっ!!!

 確かに、ややガールポップ的なアレンジやらナニやらが施された上で、キュートな、キャラソン的な歌声が乗っている。
 ……〈 ROCK OVER JAPAN 〉に。

 なんで、わざわざ 〈 ROCK OVER JAPAN 〉 を使ったあぁぁぁ!
 それならっ、まだせめて 〈 Happiness 〉 か 〈 Say! No!! 〉 だろうがあぁぁぁぁぁっ!!!
  ここらは同じアルバムに収録されていたりします。


 おーけー。落ち着いた。

 パワフルな女性ボーカルでなく、女の子(的な声)に歌わせるなら 〈 ROCK OVER JAPAN 〉 はナシだと思う。
 もちろん、そういう 《ミスマッチの妙》 を狙ったのなら仕方ないとはいえ……しかし……。

 まぁ作品内における、歌詞(など)との組み合わせによる意味があったんだろうとは思うんだけれどもさ。
 しかし、これは違うだろ……。

 コレジャナイ。

 

テーマ:もっとマシな仕組みはないものか - ジャンル:ブログ

  1. 2012/01/31(火) 22:01:31|
  2. 分類するのが面倒臭い趣味系の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<けだし名言。 | ホーム | ちょっと思った。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/923-2f66aa9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する