FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

変なの……

 
 こんち、これまたWebを調べていたら、気になる記述が(以下、部分引用)。

 四十八天狗の中でも、特に代表的な大天狗と言われるのが、次の八天狗だと言われています。
 その八天狗より更に高位とされているのが、次の十六天狗。

 ……はい?
 えーっと、いくら何でも、それはおかしいでしょ……。
 むしろ逆でしょ??

 まぁその記載の他には、これに準ずる内容の記述は探しても(今のところ)見当たらないから、情報としての確度は低そうだと思うけどね……。

 その(十六天狗の)中には、鞍馬山魔王尊(魔王大僧正)や富士山陀羅尼坊、象頭山金剛坊ってゆー有力(有名)どころが入ってるけどさ。
 そもそも天狗経の四八天狗には伯耆坊や魔王尊は含まれてないし。
  このように、入っていないはずのものが一緒くたに扱われているような、情報の整理が不十分か錯綜している記述と言うのは、書き手が正しく把握できていない時に割と起こりがち。


 
 


 何より「八」の上に「十六」が据えられているってのが不自然なんだけど。
 普通、社会・組織(?)と言うのは、どうしてもピラミッド構造を構築するものなので、より上位・高位に行けば行くほど、その頭数は少なくなっていくもの。
 課長より部長や取締役なんかの方が多い会社・法人なんて、ありえないでしょ?
 宗教法人やらにしたって――例えば僧官なら、僧都(そうず)よりも僧正の方が多かったら訳が判らなくなるよ、それ。

 しかも、その構成人員(天狗だけど……)も不自然。
 

 てゆーか多分それって、別個に構築されたものを一まとめにした、本来は上下が付けられないものに(無理やりに)上下を付けちゃったってこととかだと思うんだけどね……。
 あるいは、この概念に由緒があって、かつ正しいなら……八天狗に漏れてる(?)天狗を信奉している(大昔の)誰かが、悔し紛れ、あるいは自分のとこの天狗さんの方が凄いんだってことにするために作っちゃったとか、かな。
 ……案外こういう意図で作られたモノ・概念って時にあるから、調べてまとめる際には厄介だったらありゃしない。

 そりゃ、それも悪いと言う気までは無いけれど、後から調べようとする者にとっては厄介。

 てゆーか。やっぱこれって、十六天狗の中に僧正坊よりも偉く全天狗を統べるとも言われる魔王尊(魔王大僧正)や、日本一の山である富士山の名を冠する陀羅尼坊を含むことで「こっち(十六天狗)の方が凄いに違いない!」と考えちゃった誰かの仕業でしょう。きっと。

 てゆーかね、そもそも「十六天狗」自体(Web上では)、その不審な記載しか見当たりませんけど。
 てゆーか、知ったかぶりしたヤツがぶっこいた出鱈目だと思うんだけどさ。

  何故「ページ/サイト/Blog」等と言わずに「記述・記載」と表現しているかは、調べてみると判ると思いますよ。

 

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/09/15(土) 01:53:20|
  2. 神話・伝承・宗教・掩蔽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<うーん、なるほどね | ホーム | 空耳袋>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/91-7b6bec7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する