FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

あっ、変わったんだ …

 
 Impress PC Watch の、新ハードウェア・レビューのライター。

 最近 AMD 製品に対して無茶な内容じゃなくなってるなぁ、と思ってたんだけど
 ……そりゃーライターが変われば変わりうるわなぁ。

 というか、さすがに アレは酷かった し。
 それぞれの部分ごとに見れば、それぞれ観点の一つとして成立してるんだけど。
 なんと言うか……判断基準や誤差や揺れを(意図的に)できるだけ大きく振って、かつ一方に偏らせていた。
 多くの部分で揺れ幅を可能な限り限界まで振ったものを更に積み重ねてしまえば、そりゃー限界を超えますって。
 ……と言われても仕方ないところだと思う。

 言うなれば、逆ちょうちん記事

 
 

 そりゃまぁ私は、Intel 嫌いの AMD ファンですけどね?

 さすがに――結構 Core2 シリーズ相手に、一時は迫ったこともあるとは言え――Athlon II / Phenom II プロセッサに関して、部分的には勝ってる部分もあるけど、総体的に見て Core i シリーズに勝っているとは思いませんし、そんなこと言いません。
 また恣意的と見られても仕方のないような比較も。

 たとえば以前――Atom プロセッサには(そこまで)高度な省電力技術などは採用されていない――とは書きましたが。
 それでも Atom が省電力であるのは書いています。
 Atom の場合、そういう省電力技術を投入しても(元から省電力設計なので)大した効果が得られないってのも大きいのでしょう。
 そしてそれは、たぶん AMD E-Series プロセッサにおいても同様と思われます。

 てゆーか本当にねぇ。
 対立関係にあるものを(時には嘘まで言って)けなして、自分の褒めたいものを褒めるってのは、分のイイ賭けではないんですけどね。
 かく言う私が、その証拠の一つ。
 かつては Intel 製品を使っていましたけど――先代メイン PC は Pentium M でしたし、その以前は、多少の偶然もあれど Intel と AMD を交互に使ってました。
 じゃあ、なぜ、それが Intel 嫌いになったのか?
 もちろん Intel の云々が(前からも)嫌いだったってのはありましたが、嘘を吐いてまで AMD 製品をけなす人に何人か遭遇したから。
 貶すというより攻撃するっていう方が正しいかな。
 そりゃー AMD ファンにも不備や問題が無いとは言わないけど、嘘まで吐く人には遭遇してない。
 贔屓目ってくらいなら多々いるし、また単純な間違いからの結果的な嘘ってのはあったけど。

 ちっと語弊もあるけれど、イヤなヤツが使ってる・推してるから嫌いになった、嫌いさに拍車が掛かったって話。


 嘘って言うのは、本質的には作為や意図に基づき事実と異なる「間違い」を真実であるように伝えるってことですよ。
 間違いに含まれはしますが、あんまり近くない。

 本当に、何かを支持・宣伝(?)したいなら、対立対象を貶すことで相対的に褒めるってのは得策ではありませんよ?

 

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/11/09(水) 21:11:09|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<うわぁ、こんな手があったんだ … | ホーム | んー微妙。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/892-4893c549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する