FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

ちょっと見かけたもの。

 
> 一昨年、突然京都を襲った大地震。
> それをきっかけに口を開いた大迷宮からは怪物たちがあふれ出し、当初自衛隊に掃討させようとした政府はそれが有効でないと悟るや、一般人の志願者に迷宮の探索を委ねた。
> 怪物を倒し、その身体の一部を換金することで莫大な利益を得る現代のゴールドラッシュ。
> そのリスクは死亡率14%といった数字になって、志願者のもとに返ってくる。


――これ、なんて Wizardry #1~Proving grounds of the Mad Over-lord~ と 魔界都市〈新宿〉……を混ぜたもの?

 
 

 ついでに、これに対する反論的意見の一つ。

> 自衛隊よりも魔物に対して有用な一般人って何なの?

――これに関しては……Wizardry においては、こんな設定があった。
 トレボー軍は基本的に国家(≒都市国家)間における、一般的に想定し得る範囲での地形においての(大規模)戦闘のための軍勢であり、地下迷宮内という【場所】では、その強力な軍事力・戦力を十分に発揮することができなかった。
 トレボー軍の(引いては諸国の軍も同様に)部隊編成では、狭い地下迷宮においては、その高い戦闘能力も存分に振るうことができず、また神出鬼没な敵モンスターの奇襲による消耗、そして兵站・補給もままならない状況に対応することができず、各部隊は疲弊してゆき、次々と壊滅していったのだ。

――こんな感じ。
 ほいで、これを目の当たりにした重臣の一人が、正規軍ではなく、褒賞をエサに冒険者を募ってワードナの討伐を目論んだ。


 そんでー。
 ちょっと自衛隊の詳しい戦力分析ができないけど……ただ一般論として、現代国家の軍の部隊編成なんかだと、これより酷いことになっても不思議じゃないと思う。
 根本的に近代から現在までの軍って言うのは、個人個人で見ても、もちろん一般人よりも遥かに高い戦闘対応能力を持ってるけれども、しかし根本の部分として「部隊」として運用されて初めて、その全力を出せると言うのが実際のところ。
 上述のトレボー軍部隊と大差ないところ。
 ましてや使える武器だって、よくても小銃・ライフル止まり、基本的には大振りでない刃物とかにせざるを得ないでしょうし。
 と言うか、もしも迷宮が石造りだったりとかしたら、それが磨かれたかのような花崗岩か何かでできていたら……下手に銃なんか撃ったら自殺行為ですよ。跳弾でエラいことになります。外したが最後、それでどこの誰が負傷・死亡するか判らない。殆ど、分の悪い丁半バクチ。
 いや、むしろ防御力に劣るであろう自衛隊員の方が不利でしょうね。
 だから、いくら訓練された兵士(に準ずる者)とは言っても、小隊規模くらいを中心にしたとしても、地下迷宮に放り込まれたらアウト(となる可能性が十分以上にある)でしょう。
 まぁ一部の特殊戦闘部隊とかなら対応できる(かも知れない)と思うけど……。


 つっても、まぁ一般人なんかを放り込んだところで、じゃあ役に立つかと言われると……役には立たないでしょうね。
 ゆえに、死亡率 14% ってのは随分と、十二分に驚いて然るべき低い数字だと思う。
 ただ、これには、たぶん再起不能を含めた重傷者数・率は含まれていないと思うけど、そこまで踏まえても、驚くほど、リアリティが無いとしか言えないほど低い数字。
 どう考えても死亡率 14% ってのは低いよねぇ。概ね 1/7 くらいだもんねぇ。
 そりゃー腕に覚えのある連中が中心に入ってったりしてるはずではあるけれど、それでも、7人のうち6人は生還できるんだよ?
 よっぽど危険性の低い怪物群だったりするのかしらん? 倒しにくいものの攻撃力が低いとか。

 想像でしかないけれど。
 死亡率を2~3倍ほどに高める。そのくらいに調整するなら割とリアリティを補強できるかな。

 それとも一定期間とかでなく、1回の潜入での生存率?
 つまり7~8回も入ってると(確率論として)ほぼ確実に死ぬ?

 うーん。

 

テーマ:ちょっとしたこと書きます - ジャンル:ブログ

  1. 2011/10/29(土) 21:10:29|
  2. 分類するのが面倒臭い趣味系の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そういえば少し前に … | ホーム | 知って驚いた。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/882-88d0ca28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する