FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

とらんすもーふぁー

 
 これまた大家(!) The Asylum 制作の、近未来 SF アクション・ムービー。
  おおやじゃないよ、たいかだよ。

 しっかし。
 行きつけの某レンタル店――この名作を「トランスフォーマー」とかってパチモンと完全に並べて置いとくのって、どうなの?
 間違って「フォーマー」の方を借りちゃったら、どーする気だい!

 ん? ナニを言ってるんです? こっちが本物に決まってるじゃないですか。
 こっちの方がリリースは先ですよ?
 偽物の方が先に出ちゃってるとか、ありえないでしょ?

 しかもレンタル率でも、こっちの方が上でしたよ?
 「フォーマー」は10本以上あって借りられてたのは1本だけ。貸出率10%未満。
 でも、こっちの方は、私が借りた分も含めれば 100% 貸し出し中でしたよ?
  2本中、2本♪
 ――ん? 本数?
  何かの手違いでしょ。
  あるいは売れてて2本しか入れられなかった、とか――ってのは無理がある?

 

 

 ストーリー?
 なんだっけ……?
 確か……人類が宇宙にメッセージをほっぽり投げたら、それを見つけたらしき異星人が侵略に来ちゃったって感じだったっけ?
 なんつーか、もうね……話が早すぎ。手回し良すぎ。
 つーかもうシビレっちゃいますなっ。

 そんで、その侵略用っぽい戦闘機械がトランスモーフすんのね。
 人型(っぽいナニカ)から戦闘機っつーかガウォークっぽいのとか砲台型とかに。
 んで人類は地下に都市を建設してそこに避難しつつ、トランスモーファーたちとの戦い(つーか抵抗)を続けてる、みたいな?

 寸評。
 ……いやまぁ、アサイラムだから。
 あと、女性陣のメイクが異様に濃い。特にアイシャドウ。
 まぁたぶん未来感を出すための、そういう設定なんだろうけどね。
 あとは……そうだなぁ……。

――あなたの心には何が残りましたか?

 い や 。 別 に 何 も 。


 あ、主人公の秘密(?)には少し感心したかなぁ。
 とは言え、彼にまつわる周囲の会話やら、あるいはその秘密に関連しそうなところでの妙(≒不審)なカメラワークで「ん? どうやら何かあるみたいだね」とは思ってましたけども。
 しかも主人公の声が、コンボイ司令(ゴリラじゃない方)。


 それにしても。
 なんかアサイラムのって、テレ東の時代劇と酷似した空気感が素敵。
 なんて言うか――本来あるべき空間の広さを感じさせない感じとか、セットがセットだと判別しやすい親切さとかね。
  ここら辺、Concorde-New Horizon は少し違うんだよね。単にオープンセットの利用率の違いってだけかも知れないけど。
  あと CG とかモンスターのレベルに関しても、コンコルドの方が上だと思う。
  唯一、コンコルドが負けてるって言ったら……CG での血しぶきを始めとする血液の表現かな?
  まぁ血液の表現はレーティングに係わる割と重要なポイントのはずだけど……そういう理由でも無いだろうしなぁ。

  つっても画面の空気感や質感は、これでも大部分は、邦画のそれより遥かに上。
  邦画の大作クラスとでも楽に渡り合えるどころか、時には蹴り倒せるくらいの映像クオリティは割とありますよ。
  いくら安物映画の大家・アサイラムと言ってもね。

  「おおや」じゃないよ? 「たいか」だよ?


 

テーマ:B級映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/09/17(土) 21:09:17|
  2. みらくる・しねま・あいらんど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<……マジかよ……。 | ホーム | ダメだ・・・・どうしても>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/857-a80b7a12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する