FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

しるみど

 

 おっかしいなぁ。これ、やっぱり観たことあるわ。

 いえね?
 午後のロードショーで放送してたからキャプチャしといたんですよ。
 もう随分と前のことですけどね。

 そんで。
 週末(の深夜)に、ちょろっと作業してエンコして、んで翌日に観たわけなんですけどね?
  まぁテレビ放送なんで、一定以上の明滅があるシーンに、混沌とした残像テレシネ紛いの処理が掛けられてるのは致し方なし。
  連続する発砲とか、炎が揺らめいてるところとかね。
  これに限った話でもなく、ナインス・ゲートなんかでも、同じく炎のシーンとかがメチャメチャになってましたしね。
  あと途中で、横・水平方向に流れる番宣とかのテロップも、あれ 30i だから面倒っちい。
  まぁ飽くまで本編の映像を優先にして、やっつけちゃいますけども。

  それにしてもテレビで放送された映画は少し面倒。カットされた(であろう)部分とか。
  故に下準備に、ほぼ実時間くらい掛かる。

  しかも、これ……なんでだか途中ごく一部に 30p か 30i らしき部分が。

 

 

 そんで。

カニ「‥‥これさ? ついでに録画しといて」
私「そりゃー構わないけど(エンコは)自分でやれよ?」(←録画専用機に予約を入れてた)
カニ「わかったよ。タイミングが合えばね」

 そんで週末の夜。

カニ「――これ少し時間が掛かるから、待ってるなり何なりしといて。終わったら構ってあげるからー」
客「せっかくだから、ちょいと見学しとくよ」
カニ「あいよ‥‥あ゛ーっ、まーた周期が変わりやがったっ! しかも、こんな殆ど動いてないシーンで変わりやがってっ! んもうっ!」

―― 作業は進行ちう ――

カニ「‥‥あれ? っかしーなぁ‥‥」
客「どしたの?」
カニ「いや、これ‥‥なーんか見覚えがあるんだよね‥‥なんか似たような映画でも観たっけなぁ。でも、この掘っ建て小屋な司令部‥‥は変だから‥‥事務所? 本部? ここの内装には明らかに見覚えがあるんだよ」
客「これって、さっき映ってたけど5年くらい前の韓国映画でしょ?」
カニ「うん。だけど映画館とかには行ってないし、そんなつい最近って感じ(の記憶)でもないし‥‥」

――2003年の公開ですから正確には6年前ですがね。この放送当時から見て。あと、この一連の会話の時から。

カニ「うーん。なんだろ‥‥」

―― 作業は進行ちう ――

カニ「‥‥あっ。やっぱり、これ‥‥記憶には残ってないけど内容知ってるわ」

――PC 画面には、如何にもトイレに行きたそうな様子の訓練兵が映っている。

カニ「確か、このあと‥‥(かちゃかちゃ)‥‥あ、そうそう。脱走して‥‥」
客「ん? なにやってるの、これ?」
カニ「ちと待って‥‥あ、出た。こんなこと」(←画面を指差す)
客「あっ‥‥」
カニ「だけど、なんでこの島に‥‥? 病院っつーか診療所っぽいから、従軍看護婦(看護士?)ってこと? だけど、そんな間抜けな人員配置するかぁ‥‥」

 この点を後から確認したら、引き潮の時は隣接する別の島と(ほぼ?)陸続きになるのだそうな。
 そんで、その脱走した二人は普通の住民がいる隣の島に行っていた――という感じ。

カニ「そういや‥‥最後の方で、地方都市みたいな場所で、そこそこ大きな建物があって、そこで銃撃戦をするはず、記憶の断片によると。今イチ市街戦とか白兵戦って感じではなかったような‥‥なんだかトラックか何かに乗って突っ込んでくシーンがチラチラと脳裏をよぎるんだよなぁ」

――これは絶妙な記憶違い。
 乗る(乗っ取る)のはバスで、その直前に、荷台に農民(?)を大勢乗せて街道を走るトラックが映し出されているシーンがある。

客「え? あれっ? これ、訓練じゃないよね?」
カニ「そうだね。撃たれたヤツが痙攣して倒れてるから」
客「えっ、でも‥‥ええっ?」
カニ「そうそう、訓練兵が反乱を起こすんだよねぇ、理由は思い出せないけど‥‥んがぁっ‥‥そーか、この銃を撃ってる時の、発砲時の光(の明滅)を緩和するために、こんなフレームを混ぜちゃってるのか。ここ、やっつけでいい?」

――いいとも。つーか、さっきの30部分もやっつけてたでしょーが。

カニ「んじゃ‥‥これよりは、こっちかな? あと間引きは‥‥(かちゃかちゃ)‥‥まぁ、こんなもんで大丈夫かな‥‥?」

――こんなとこ、どう間引いても大して変にはならんよ。
  これは要するに、24p から 30i に変換=テレシネ処理が掛けられて放送されたものを 24p に戻す作業=逆テレシネの際の一コマ。
  本来、根本的に映画=劇場公開作品は、よほど珍奇な作品でない限り、Progressive 24fps で製作されています。要はフィルム撮影のそれと同じってことです。
  しかし(従来の)テレビや DVD (まで)は NTSC 規格であるなら Interlace 30fps となっています。
  なので、放送するには 24p を 30i に変換する必要があるわけです。
 ――今のデジタル放送や Blu-ray などは、それ以外の信号・映像形式にも対応していますけどね。24p / 30i / 30p / 60p とか。

  と言うか私と大差ないくらいのことは自力でできるでしょうに。



客「でも、どうして反乱なんか‥‥」
カニ「いや本当に憶えてないのよ、うん。なんでだったっけな‥‥どうする? これ、観る?」
客「うん。せっかくだし観とく」
カニ「じゃあ‥‥ラストシーン近くを思い出したんだけどネタバレはやめとこうか。あと、こっから先は(モニタに映る編集画面は)見ないほうがいいよ。本編を観るならね」
客「らじゃー。じゃあ、その間は‥‥黄金伝説でも見てるよ」
カニ「‥‥些か South-Bridge を食われちゃうけど‥‥まぁいいか」
  作業しているのがファイルサーバなので、アクセスされれば甚大ではないものの影響は受けます。

カニ「ほいよー、できたー。あとは待つだけー‥‥約3時間」
客「結構かかるね」
カニ「まぁ中身が1時間30分ほどあるからね。下手すっと空が明るくなる頃かなぁ‥‥」

――これは Athlon64X2 5000+ を Max. 2.4GHz に制限して使ってた頃の話なので、2倍ほどの時間を要することもありました。
 ただ2倍ってことは、輪郭か色調補正か何かを掛けてたのかも。

カニ「だけど、おかしいなぁ‥‥ここまで知ってるはずないし、話を知ってるだけなら光景が脳裏には浮かばないし‥‥たぶん既に観たことあるんだろうと思うけど。どう? 憶えてない?」

――タイトルに憶えはあるし、それに私も同じく内容も部分的に知ってたから、やっぱり観たことあるんだろうけども‥‥。

カニ「だけど、こんな5~6年しか経ってないのに、そんな何年も前に地上波とかで放送するかな?」

――どうだろ。ただ、これ‥‥午後のロードショーだろ?

カニ「あー、そうかぁ。だったら数年前に木曜洋画劇場辺りで放送してても不思議じゃないか‥‥」
客「はい? どゆこと?」

――説明しましょう。
 ああいう平日の午後などの放送は、そんなにコストが掛からない番組が充てられることが多いものです。
 何かの再放送とか、有名だけど古い映画とか、あるいはあまり有名ではない映画とか。
 土曜スペシャルとかも何週間か後の平日の午後に再放送されていたりします。

 ただ映画は、深夜とは違って吹き替え音声が付くのが普通なので有り難いですけども。

 そんで映画の場合。
 やはり有名な作品は放映権料も高いですし、また新しい映画ほど高い形になります。
 なので。
 そういう高めの映画はゴールデン時間帯の(テレ東なら、この当時は)「水曜シアター9」などで放送されますが、それでもそうそう頻繁ではありませんし、ましてや、こういう午後などにはまず放送されません。
 ジョーズなんて公開から35年近くも経って(ちょうど同じ)午後のロードショーで放送した形ですからね。全世界的に有名な人気作品だと、そのくらいの勢いの場合もあります。
 そういや日本テレビでも、この少し前に深夜で「ネバーエンディングストーリー」を放送したりしましたっけ。吹き替え無しだったけど。
 そりゃ何も、そこまで至らないと放送なんて無理(なほど高価)――ってほどの話でもありませんが、傾向としてはそんな感じ。

 しかし、このシルミドの場合――韓国映画なので、やはりハリウッドの有名大作よりも安いはずですし、また内容も日本人からみれば、そう物凄く興味を引かれやすい(=人気作品)ということはないでしょう。
 主演陣にも、例えば4様(ん?)みたいなレベルで日本で有名・人気の人はいませんし。
 ですから、公開から数年後ならゴールデンで放送できる範囲に収まっていたでしょうし、加えてそこから更に数年経てば午後の時間帯に放送できても特に変ではありません。
 ああ資本主義。


カニ「――とゆーこと。だから‥‥記憶には残ってないんだけど、何年か前の木曜洋画劇場とかで放送されたのを観てて、それで中途半端に憶えてたんだと思う。たぶんね」
客「へー。だけど二人とも、意外と、こうゆう戦争映画って観るよね‥‥あの、ほら、ヘリが墜落するヤツとか」
カニ「‥‥ブラックホーク・ダウンね(←苦笑ちう)。あれも確か最初に観たのは、日曜洋画劇場か何かだったはず。でも、あれも2002年くらいの公開なんだよねぇ‥‥だけど観たのって、そこからそんなには経ってない頃だと思うんだよなぁ‥‥」

――もしかすると、戦争(軍隊)映画っつーのは割とお買い得なジャンルなのかも知れんね。
 例えば、あんまり子供が観(たが)るとは考えにくいし、加えて女性に人気が出る/好まれる類のジャンルでは決して無いし。
  と言うか女性の場合、戦争モノの映画を蛇蝎の如く嫌う人も決して珍しくはありませんけども。

カニ「‥‥いや。私これでも一応は女なんだけど‥‥」
客「そーだぞー、これでもー妙齢のー美人さんだぞー」(←えーらい間延びした棒読み)
カニ「‥‥悪意しか感じないぞ、こら」

――こほん。
 まぁ私の場合は、子供の頃に、割と父がこういう映画を(テレビで)観ていましてね。
 それを横から何となく見ていたせいか、ちょいちょい今も、割と好んで観ている感じです。

 つーか恋愛映画とかは本当にダメ。受け付けない。
 そんなもんを観るくらいならまだ、よく判らんピンポン玉みたいな目の謎生物とか、銀色ツナギの催眠術が得意な火星人とかを観ている方が遥かにいい。


 そんで。
 調べてみたら……この「シルミド」は日曜洋画劇場(テレビ朝日)で2005年6月5日に放送されてますね。
 たぶん、その時に観たんだろうなぁ。
 おっと。
 「ブラックホーク・ダウン」は、2004年12月2日にテレビ東京の木曜洋画劇場で放送されていました。
 結局「ブラックホーク・ダウン」は DVD を入手し、エンコしたものがサーバに入ってますが。

――しかし両方を綺麗に取り違えてる辺り、いとおかし。
  あれ? 待てよ?
  ブラックホーク・ダウンも・・・・なんか、もう少し・・・・それ(2004年12月)よりも前に観たような気がするけども・・・・気のせいかね。



 ん? はい? シルミドの内容ですか?

 まぁ‥‥つまらなくは無いんですけどね。
 なんつーか物語のそこかしこで「‥‥なぜ?」と首を左右に傾げたくなるような部分が多いので、今イチのめり込めないと言いましょうか。
 しかもそれが些細な部分ではなく、そのものでまでは無いものの、物語の根幹に関わってくるような部分で変テコなので、さすがに無視/目を背け続けるのも困難で。
 そこさえガン無視を決め込めれば、まー程ほどには楽しめたのかも知れませんけどね。
 でも(一応)軍隊・戦争モノにも拘らず、しかも徴兵制がある韓国の映画にも拘わらず、軍隊・軍事関連の描写や設定が変だってのは余計に首を傾げざるを得ない。

 後から調べてみたら。
 まぁ空軍ってのは放置できるにせよ、あの隊長が准尉って‥‥特務曹長か何かに相当するんだろうか? てっきり中尉か大尉辺りだろうとばかり。
 それにしたって‥‥士官でもないのに作戦の立案はともかく決定までやってましたが?
 二曹と一緒に。
  まぁ副官的な部下が軒並み二曹(≒軍曹)としたら、隊長が准尉ってのも・・・・階級的な格差だけで言えば解らなくもないけど。
  でも、やっぱり。いくら極秘特殊部隊の訓練部隊とは言え、その隊長が准尉ってのは変。
  准尉ってのは普通は指揮権を持たない階級なので、作戦・訓練中の、実地での裁量・指揮権はあるにせよ、ああいう状況下では持ち得ないはず。
  例えば、部隊長の麾下にありつつも本来の隊長は訓練所には駐在・常駐しておらず、事実上の指揮官が訓練教官においての長である准尉――ってことならば酷くも無いかも知れないけども・・・・でも准尉が隊長って言われてたしねぇ。
  まぁ極秘かつ通常でない特殊(暗殺)部隊だから(多岐に亘ってイレギュラーなんだ)・・・・と言ってしまえばそれまでだけどさ。



 あと――あぁ、やっぱり。
 どうにも妙だと思っていたのだけれども。
 この映画、一応、実話に基づくものではあるんだけれども、どうも色々と事実とは異なるらしい。

 まず作内では特殊暗殺部隊の隊員として集められたのは殆ど(?)が犯罪者や死刑囚とか何とかってことだったんだけど、実際には志願した一般人が殆どだったらしい。
 続いて――その特殊部隊が反乱を起こすのはその通りなんですが、作内では自分たちへの理不尽な処遇が原因での反乱・決起だったのに対し、実際にはもっと現実的な処遇っつーか単なる待遇の改善を企図したものだった、とか。
 ‥‥なんだ、そりゃ? 労組のストかデモかよ。

 代表的な相違点はこんなとこ。その他もろもろ。

 なんつーか事実を元にしていつつも、それを可能な限り(しかも安直・安易に!)ドラマティックになるよう換骨奪胎してしまった‥‥みたいな感じでしょうか?
 決してツマラナイってことまでは無いんですけどねぇ。

 

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/09/13(火) 21:09:13|
  2. みらくる・しねま・あいらんど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダメだ・・・・どうしても | ホーム | 母(?)と子の会話??>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/856-67e7666d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する