FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

閻魔大王あれこれ

 
 「閻魔様に舌を抜かれるぞ」――なんてことでお馴染みの閻魔大王。

 正しくは十王の一人「閻魔王」であり、あるいは閻魔天・閻羅王・焔摩天とも。
 本地(?)は天部の神々の一柱・夜摩天であったり、時には地蔵菩薩とも言われます。
 更に追っていけば、インド・イラン辺りの神であり、最初の人間(そして最初の死者)とも言われる「ヤマ」となります。
 ヤマの音訳が[夜摩]であり[閻魔]なのですね。
  何やら色々な神などが習合されて行ったらしき形跡も無くは無いですが。
 

 んでもって、その妹であり妻であるのがヤミー(ヤミ / ヤーミとも)。
  神話や伝承では、兄妹が夫婦となる例は意外とと言うか別に珍しくありませんよ。
 

 一方で、地獄・閻魔・十王信仰の一部でもある、十王の配下であり、三途の川のほとりで奪衣婆(だつえば)とともに亡者を待ち受けている懸衣翁(けんえおう)も、実は閻魔王・夜摩天の分身・化身であるという話もあります。
 ややこしいですが。
 で、その懸衣翁は奪衣婆とセットの鬼(獄卒)ですが、一説によるとこの両名は夫婦であるとも言われることがあります。
 すると奪衣婆の本地はヤミーなのでしょうか?
  ヤミー自体は仏教や十王信仰には出てきませんけど。
 

 なお。
「あぁ、そういえばヤマにゃあ妹がおったっけね‥‥」
 と、かつて思い出す切っ掛けになったのが「地獄 SEEK 」と言うのは秘密かも知れません。
 割と前の話ですが。


【 追 記 】 2011/02
 因みに書いておきますけど。
 ちょっと……閻魔王って別に、地獄を統べてもいなければ、十王の盟主・筆頭ってわけでもないですよ??
 そもそも十王に上下はないですし。
 単に閻魔王は、三十五日の段階での審判を担当してる、最も有名になった王ってだけです。
  そりゃまぁ十王の一人ですから、それなりの影響力やら何やらは持っていても不思議ではありませんけどね。

 それとも何かの、根拠足りうるような伝承やらナニやらありましたっけ?
 無いと思うんですけどね……。

 

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/09/07(金) 23:01:06|
  2. 神話・伝承・宗教・掩蔽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ちょいとした荒行てぃっく♪(2) | ホーム | 大天狗・中天狗・小天狗?>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/85-4a233d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する