FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

本当に多いんだなorこう変化したんだ

 
 S.F.パニック/ディザスター映画で描かれた内容・出来事が、現実に起こると考えちゃってる人

 日ごろ B 級すちゃらか映画ばっかり観てる私ですら、そんな薄ら馬鹿なことなんて――冗談として以外には――思ったりしないものですがねぇ。要するに虚構としての娯楽っていう範疇のものでしかないんですよ。
  いくら何でも。
  遺伝子操作だろうが放射線だろうが――科学的には、絶対に在り得ないとは断言できないものの――体長・数十メートルを超えるワニとかゴリラとかゴジラとか。
  んなもんが実現可能だなんて考えてませんよ??

 アホくさ。


  大体「チャイナシンドロームで描かれた」メルトダウンなんて、あんなのマトモに考えれば計算も辻褄も合わないなんてコトは丸判りでしょうに。
  土や岩石が融点・沸点まで達するのに、どのくらいの温度――引いては熱エネルギーを要するのか。
  しかも要するエネルギー量は溶かすべき土や岩石の容積に比例するし、また熱源自体が有するエネルギー量の減少や、また別方向に向かう=拡散してしまう分。

  もしも岩盤層を何十 km も溶かし、蒸発させ続けられるほどの熱量を有しているものが地表に現れたら。
  どんなに少なく見積もったとしても原爆投下直後の広島・長崎の数百~数万倍の被害は避けられないでしょう。熱線だけでも。
  避難区域に指定されている範囲・半径 20km くらいは見るも無残な焼け野原になるでしょうね。建屋なんて一瞬で蒸発しますよ。
  何より、そこまでの超高熱源体(になりうるもの)であったなら、元から圧力容器も格納容器も事故が無くとも耐えられません
 ――原子力燃料って、そこまでのエネルギーは元から持ってません。無い袖は振れません。

  こんな基礎的な部分に目を向けることさえ出来れば、如何に有り得ない現象であるかが解かるはずです。
  よっぽど、度を越して理科が苦手とでも言うのでなければ。

  まぁ殆どの人は(概ね)判った上で、悪ふざけで言ってるんでしょうがね、たぶん。
  さもなければ・・・・。

  あと。
  本当に「メルトダウン/炉心溶融」っつー言葉の意味が解かってない人が多いもんなんだねぇ。



 あと。
 なんか(文脈やら何やらが)妙だと思っていたら。

 どうも近頃は「萌え」と言う言葉を「性的な魅力を感じる / 欲情する」に極めて近い意味合いで使ってる人が増えたことが原因っぽい。
 
 そりゃ意味が通じるはずないわな。

 

テーマ:ちょっとしたこと書きます - ジャンル:ブログ

  1. 2011/05/15(日) 21:05:15|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多くの場合? | ホーム | 非常用の A.C.100V 電源?>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/794-b1cf0b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する