FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

笑う大天使

 
 あー必要なら適当にぐぐって(以下略)。
 たぶん一発でWikipediaの当該記事は出てくると思うし。

 で。

 これは随分と(20年くらい)前の少女マンガってやつだけど。
 あー……雑誌連載が1987年らしいから、やっぱ、ちょうど20年前だね。

 因みに「笑う大天使」と書いて「わらうミカエル」と読みます。

 
 

 確か――と言うまでも無くハッキリと憶えてるけどさ――当時の知り合い(という表現にしておきましょ)に借りて読んだのが発端でしたけどもね、そこで気に入って結局は(当時の)通常版のコミックスも買ったし、追って同作者の文庫版作品も一通り改めて買いました。
  さすがに当時は「花とゆめコミックス」を買うのは微妙に以下略。まだ心理的にはエロマンガの方が楽だったかもね。

  ちょいと逆算してみる……てーことは、割と出てすぐに借りてるんだね。

 そういや本棚(ってゆーか、何て言うか)のどこかには「本日のお言葉」もあったはず。
 探すのが面倒だけどさ。

 さすがに影響を受けたとまでは言いませんが――いや言っとくべきかな――とにかくネームの量が尋常じゃないほど多く、また文章・表現が実に独特で、更に割とリズム・テンポよく読める辺りが気に入った点かも。
  無論、自分流だけども、一応は私自身も書く文章のテンポには、いくらか配意してますし。


 で、ここからが本題。

 表題の「笑う大天使」――すーっかり忘れてたけど、昨年、実写映画化されてたんですよねぇ。

 それを知ったのが、まだ公開までは割と間がある時期で、見に行くか行かないかと思案しているうちにコロっと忘れて……昨晩、同文庫版を読み返して、さっきふと思い出したという次第。

 それで早速――無論とっくに公開は終わってるけどさ――映画版の情報をと、ちょろりと検索。
 配給元の公式ページを閲覧。

 ほら。もしアレならDVDを買うなりレンタルするなりすりゃいいし。

 ……。

 で・殿下……。
 それに(以下略)。

 ま・まぁ動いてるのを見るのとスチールじゃ印象も違うだろうけど……いや、しかし、でも。
 だけど、和音がロングのストレートってのは絶対に納得いかない。


 しかし。
 なに、あの原形を全く留めてない、まるで室内着みたいな制服。
 首元が開いてるっつーか襟の無い制服なんぞあるかい。

 ストーリーは……ふむふむ……ああ、あれか。
 ただ(偽)エミリオ・マリーニ神父がシスター・マレーナってのに置き換えられて、舞台(?)が学園主催のガーデン・パーティになってるっぽい。
 あと労務者風の天使になるためのアレが(読んでないと解らないでしょうけど)アジのひらきを焼くための焚き火のエピソード(ただし映画内ではチキンラーメン)に統合されてるみたい。
  つまり、呪われた沼の色も、不吉な国防色も、呪われて不吉なムナサワギの悪魔色も見られないわけか。

 ついでに。
 そのシスター・マレーナ役の女優さん・Delcea=Mihaera=Gabriela……なんつーか豪勢(?)な名前だね。
 四大天使(いや、まぁ七大天使でもいいけどさ)のうちの二人の名前を併せ持ってるとは。
 技と力のV3みたいなもん?
  因みに。デルチャ・ミハエラ・ガブリエラ――と読むのだそうで。
  へぇ……ルーマニア出身なんだね。イタリアだったら面白かったのに。


 

テーマ:なんとなく - ジャンル:その他

  1. 2007/08/26(日) 22:03:21|
  2. 分類するのが面倒臭い趣味系の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんかもう荒行てぃっく♪(追補) | ホーム | 意外と面倒臭いね>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/77-28782e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する