FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

ついにねんがんの [**] をてにいれたぞ!

 
 ん? パーツですよ、ええ。

 ほいでプロセッサ。

 当然 (x86) シェア No.1 の某 I 社の製品ではありません。
 ついでに言えば近頃、微妙に話題になったりならなかったりの、AMD の Brazos 系プロセッサの採用製品でもありません。
  まぁ欲しいは欲しいんですけどねぇ。

  ついでに言っておくと、あれ・Zacate は Intel Atom プロセッサ・シリーズの対抗製品です。
  ですので、コア&クロック当たり性能は Atom よりは高いものの Core i や Athlon II / Phenom II などよりは明らかに低いので念のため。
 ――時に(これまた!) Core i どころか、前世代の Core2 よりも低いなんて無駄すぎる、意味が無い ――等と仰る方がいますけど。
  だったらクロック当たりどころか電力当たりの性能でも(いくらか)劣る Atom なんて、もっともっと更に価値も意味も無くなりますね。
  ……そういうモノじゃないってのに。


 では何なのかと言うと。


 AMD Athlon™ Processor LE-1660/2.8GHz――です。

 はい。
 65nm SOI プロセスで製造された、K8-Lima コアを採用するシングルコア・プロセッサですよ。
  因みに Revision は G2――当たり前だけど。製造週は……控えておくのを忘れちゃったよ。

 Level-2 Cache memory は 512KB を備え、K8-Single プロセッサとしては最高ランクの性能を誇り(トップではないけど)、かつ同条件で最高クロック製品・最終製品でもある Athlon LE-1660 ですよ。
  コア・設計のベースは Brisbane と同じもの。
  なおクロックでは Athlon64 FX-57 も 2.8GHz で並び、同率1位となります。
  かつ FX-57 は 1MB L2-Cache で、更にキャッシュ(コントローラ)が僅かに高速ですから、単体での性能面では些か譲る形になります。
  ただ LE-1660 は TDP=45W と FX-57=104W に比べ格段に低く、対応メモリが DDR2 なので DDR2-800 辺りと組み合わせれば性能差は割と埋まりますけど。
  ……でも、Athlon64 FX って上限倍率がロックされてないんだよね。

 

 

 ええ。
 私は、どうにも K8 系プロセッサが好きなんですよ。
 さすがに K5 とか 5x86 なんかは別に好きじゃないけど、それ以降――特に K6-2+ 以降の AMD プロセッサは全般的に好きだけど、中でも K8 系は好きなんで。
  K7(初代)~Thunderbird 辺りはそんなでもないかな。でも Palomino 以降は好き。

 故に、とりあえずはデュアルコア系での最高峰の一つAthlon64X2 5400+ Black edition を持ってはいるものの、シングル系の最高峰の一つ(と言っても良さそうなもの)も前々から欲しかったんですよ。
  デュアルコアでの本当の最高峰は、やはり Athlon64X2 6400+ Black edition でしょうけどね。
  後発の Black edition とは異なり上限倍率がロックされてはいるものの、3.2GHz は K8 系での最高クロックですので。
  あと……そういう限定品でない一般品だとすると Athlon64 X2 6000+/3.1GHz も 5400+BE と並ぶ最高峰の一つに数えられるでしょう。


 しかし。
 出た当初に買い逃して以降、下位製品である LE-1640/2.7GHz には何度も遭遇したものの LE-1660 には遭遇することができず、そうこうしているうちに K8 系はフェードアウト……終息しちゃったんですよねぇ。
 加えて、特に LE-1660 の場合、内部動作クロックの上限が 2.8GHz と 400MHz の整数倍なので、DDR2-800 メモリと組み合わせた際にもメモリアクセス・クロックが下がらずに済むと言う(地味な)利点もありますから、LE-1640/2.7GHz よりも内部クロック差以上の格差があるとも言えるので余計にこだわっていたって面もあります。
  LE-1640 の 2.7GHz 動作の場合 DDR2-800 は、約 385.7MHz = 771.4MHz(相当) でしか動きません。まぁ 30MHz 足らずの差ですけどね。

 更に言えば、AM2 対応プロセッサですから駆動電圧も 0.800V まで落とせるので……消費電力の大きくないマザーと組み合わせて下限倍率の辺りに固定した上で更に電圧も(安全な範囲で)削れば、意外や意外、i945GC ベースの Atom マザーと同等レベルまでアイドル時の消費電力を減らすことも充分に可能です。
 ついでに HT (Hyper Transport) も倍率を 4x とかに下げて 800MHz = 1600MT/s とかにすれば、プロセッサの下限クロック・倍率も同時に下げられるようになり、プロセッサと North bridge の両方で消費電力が下がるので、更に消費電力を減らすことも可能になります。
 その分、処理能力も下がっちゃいますけどね。
  しかし 800MHz=1600MT/s の HT で絶対的に処理能力が不足するなんてことは(モアパワーを求める以外には)滅多に無いので。
  Brisbane で 1,000→ 800MHz に落とした時は、動画エンコードでも 3% 弱ほどの性能低下で済んでました。

  もちろん高性能ビデオでの重い 3D ゲームなんかだと、もっと、あからさまな性能低下が起こるでしょうけどね。


 なので。
 今回、まぁ中古品とは言え、LE-1660 と巡り会えたのは実に僥倖。

  だけど。
  ……何に使おうかな、これ。

  つーか、これの前の所有者……阿呆だ
  なんかもうね? あっちこっち……ヒートスプレッダとチップの隙間とか、ピンの間際にまでグリスが入り込んで残ってる……どんだけ無駄塗りしてたんだか。
  とりあえず動作に支障は無かったけれど、もしこれが電導性のあるグリスだったら一撃で昇天してても不思議じゃないよ。


  因みに TDP について試算してみる。

  この LE-1660 の場合……2800MHz/1.350V(辺り)/45W ってのが計算基礎になるので。

  これを 1000MHz/0.900V で動作させると、約 7.1W ってことに。ちと相違もあるけれど TDP=8W の Athlon64 2000+/1.0GHz と同等と言っていい。
  もしも 1000MHz/0.800V の設定下限まで行けば約 5.6W で、(同)/0.825V なら約 6.0W となるけど。
  一方で……たぶん、この辺りで固定するであろう 1200MHz/0.900V だと約 8.6W で、0.825V なら 7.2W となる。
  少し 欲をかいて 余裕を見て 1400MHz/0.900V くらいにしたとしても、約 10.0W で済む。

  今の Socket754 Sempron 3000+ が、おおむね 20.0~25.0W の辺りで動いてるから、プロセッサ部分での消費電力で比較すると半分以下ってことに。
  悪くないね。

 ※ なおこれは、あくまでもフルロード時の試算なので、アイドル時、まして実消費とは異なります。
   とは言え……実消費に関しては、これ以下になるはずですけどね。計算基礎の 45W ってのは保証最大値であって平均値などではないので。



 それと。
 ついでに AMD のネイティブ・デュアルコア製品での最高クロックを更新した、マイルストーンとも言える Athlon II X2 265/3.3GHz も同時に購入したりしたわけですけど。
 まぁ、こっちは念願のってほどのことは無いし、前のエントリでも触れてるけどね。
  Athlon II X2 270 Black edition――とかって出ないかなぁ。
  もしも Athlon II X2 で Black edition が出たら絶対に買うんだけどなぁ……。



 (公開前に)追記。
 ‥‥これ、当然ながら大震災の随分と前のことなので。
 電力面の云々も然ることながら、しかし作業をやってるだけの余力が無い。
 プロセッサの差し替え・入れ替えくらいなら、どうってこと無い(はずな)んだけれども‥‥どうにも気が乗らない。

  ……とりあえず。
  Socket AM2+ M/B (の一部?)だとプロセッサ・コア電圧を 0.800V までしか下げられないとか、あと N68-S UCC が IGP クロックを変更できないとか。
  あと、この個体 (Athlon LE-1660) が、割と低電圧耐性の良い個体っぽいってコトとかは判ったけど。

  まさか 0.800V で 1200~1300MHz も回るとはね。
  前に買った Athlon64X2 5000+ なんて、安定して 1000MHz で回すには 0.850V とか必要だったのになぁ。
  これだと 0.850V あれば 1400~1500MHz くらい回りそう。

 

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/03/23(水) 21:02:23|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<誰でも初めは無知な初心者… | ホーム | やっぱりだった(苦笑)>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/746-f48619b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する