FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

オーディオっつーか楽曲っつーか、手持ちのアレコレから色々と。

 
 これって元々は……カーオーディオ用の USB メモリに入れようと思ってた曲を集め、それを wma/80kbps でエンコードして。
 ソレを眺めていたり試聴していたりした時の――コント(漫才)。

 ……って。いいけど……wma/44kHz/80kbps なんて変則的なレート、再生できるのかしらん。

 
 

客「――あ。これ[まじかるカナン]あるんだ」
私「言っとくけど、これ、エロゲの方(の曲)だからな? TV でも OVA の方でも無いぞ?」

客「この曲は?」
私「――[ Just as time is running out ]ぎりギリ LOVE――文字通り「ぎりギリ LOVE」ってエロゲの主題歌。ホントこの頃はなぁ……曲を集めるのが大変だったよ……」
客「へ? なんで?」
私「エロゲの初回限定版の特典 Disc にのみ、主題歌のフルバージョンが収録されてるとかってのが当たり前だったから。後々から、そのゲームブランドの主題歌を集めたアルバムとかが通販限定で出るか、あるいは歌い手のアルバムなんかに収録されれば御の字って勢いだったんだから……まさかエロゲのサントラなんてのが一般市販されるはずもないし」

――まぁ一般市販が全く無かった訳でも無いですけどね。
 しっかし本当に普通に売って欲しかったというのも、紛れも無い事実。個人の主観ではありますけど。

客「へぇ……普通にイイ曲だね」
私「そりゃな……(お兄ちゃんブルースでも聴かせたろか)……」
客「ん? この曲っていうか……」
私「歌ってるのは KOTOKO 嬢だよ。あの人は元々はエロゲの主題歌から出てきた人なんだから」
客「そういえば前にも聞いたっけ」
 ――ちょいと微妙な表現ではありますけれど、まぁ間違いでもないし。
  それにしても、アンサイクロペディア……。
 > AKI は彼女が成り上がるために消されたという噂があるとかないとか。 ※ 下線部は元々の文章が変だったので独断で修正。
 ――確かに、まるで、そう捉えられても仕方が無いかのようなタイミングではあったけどさぁ。わらい。



客「色々あるねぇ……」
私「そりゃまぁ」
客「――この曲……この Long way home っての、なーんか、どっかで聞いたことのある声なんだけど……」
私「これを歌ってたのって何て言う名義だったかな……」

客「……うわー、こんなに長いこと思い出せずにいるのって珍しいねぇ」
私「うるさいよ。因みに、この曲と対になるのは……これだ」

――銀の螺旋に思いを込めて、うなれ正義の大回転 ~ ♪

私「―― Spiral destiny ――おっと。ファイル名に ce って付いてるってことは……あぁ、そうだ。終わりのところのナレーションをカットしてあるんだ……(けんさく・けんさく)……あ、あった。空野星子だ」
「誰ソレ?」
私「知らんがな。こういう名前だと、まず変名だろう。要するに何らかの理由で、相応に名前の知られている誰かが名前を隠したか、名前を公表・公開したくない――って際の名前ってこと」

――いえね?
 世で「中の人、であろうと言われている人」の名前ばかりが脳裏に浮かんで、記憶の捜索が巧く行かなかったんです。
 ……一文字は合ってる=同じ、だねぇ。
 と言うか……空野星子、のうち、苗字が「?野」だったはずってところまでしか行き着けませんでした。
  本当に、そうであるか否かは知りません。

客「!? ぜぇーったい、聞いたことある! これっ!」
私「(だろうなぁ)」



客「この(曲の最後の部分の)ナレーションも聞いたことあるっ!」

――「涙のあとに」
 ♪ ~ この部屋のどこに 扉があるの ……
 飛び立つことを怖がる鳥がいるでしょうか …… だって私、人形なんかじゃないんですから ……

私「そういや……声優で「こおろぎさとみ (敬称略)」って人がいるけども、あの人の名前って、ひらがな表記になってるものの本名だって知ってた?」
客「うそん……」
私「本当だよ。前に本人がラジオで言ってたし、確かに珍しいが「こおろぎ」って苗字はある」
客「へぇ……ん? んっ? あぁっ!」
私「(やれやれ)」



客「――この曲は?」
私「 DAYDREAM ――訳せば「白昼夢」ですぞ?」
客「それもそうだけど、そうじゃなくて」
私「これは Hotel ergriffen っつーエロゲの主題歌」(←よもや素で綴りを憶えてるなんて……)
客「ほいで、こっちの(同名の) Fast take ってのは?」
私「メーカサイトで配布されてたんだか、CD に入ってたんだか……要するにプロトタイプ。伴奏が少しだけ違って、あとボーカルの歌い方が割と違ってたかな……?」

――試しに歌詞を探し出して和訳してみようかと思ったんだけど。
 この歌詞を書いたのって日本人であろうことは想像に難くなく、すると……作者の意図した日本語における正解が存在しちゃうってことに。そういうのに手を出すのはアレかな、と。
 それに……この曲、好きだし。

  とりあえず CD に入ってたのは間違いないね。書いてあるし。
  あと……あぁ、そうそう。
  これって当時、メーカ直販(?)で CD-R で領布されたんだけど……ボーカル曲のみのシングルみたいなのと、サントラみたいなのと二種類あったね。
  うん。二種類とも手許にありますよ。シングルみたいなのには歌詞も載ってる。

  まぁ、あえて自分の解釈を含めた(超)意訳なら……って気もしないでは無いものの……うーん。
  止めといた方が無難。

  そんで。
  この DAYDREAM は……上述との関連と言うか……。
  デモムービーにも一応フルバージョンが使われてましたし、またそんな高レートではないもののメーカサイトでフルバージョンが配布されてもいました。
  あと……製品(ゲーム本体)にも入ってたような……。
  だからこそ、直販の CD を買ったってのも間違いなくあります。もちろん。楽曲自体を気に入ったってのもさることながら。

  ただ、そのメーカ……maple は、後から、とっ散らかって消えちゃいましたけどね……。




客「――ん? これ……[ぷれい]って読むの?」
私「そうだよ。この Pray は「祈り」とかっつー類の意味。あと一部には「祝福」に近いニュアンスも含まれることがある」
客「これは、アニメ? エロゲ?」
私「(しまった……なんとも発音を憚られる類のタイトルだぞ、これ)」

――「シルキー&ミルキー」(のみ)で誤魔化すと吉☆



客「……これ。この曲どっかで聴いたことがあるような……」

――JETZT (いえっつ)の[終わらない夢]です。

客「この人(?)の曲って他にもある?」
私「あるよ。ほれ」

――なお、この曲は……1990年ごろに「メントス」の CM ソングとして使われていましたので、まぁ知ってる人も多いでしょう。
 当時に、相応以上の年齢であれば。

 しかし。どうにも、たまに……Ambience (あんびえんす)と記憶が混ざるなぁ。
 まぁ、やや印象は似てなくも無いような気はするけど。

客「……これも聞いたことがあるような気がする……」

――Ambience[ RISING ]を聴取中。

私「これは、もう今から15年とか前か……TV アニメの「 X-Men 」の、オープニングだったんだ」



客「――あ、そうそう、これこれ」
私「うん?」

――GUNSLINGER GIRL (第1期)[ The Light Before We Land ]を聴取中。

客「この曲……」
「歌詞全部を訳すのは勘弁してくれ」
客「じゃあ、ソレは置いといて……このタイトル、どういう意味?」
私「あぁ、それなら……「私たちが大地に降り立つ以前の光」って感じだ。あるいは……「~前に、すでにそこに存在していた光」……の方がいいかも知らん。この Land は名詞でなく動詞で「着地・着陸」って意味(で使われていると思われる)」
 ――もし名詞(陸地・土地・国~云々)なら We に伴われてるのは随分と変。これが Our ならまだしも。
  あと飛行機や船など陸上以外の乗り物が……到着する、そこから降りるって意味もあるけど、これまたちょっと色々と……(後述)。
  その場合は「着岸・接岸・上陸~云々」ということにもなります。

客「うわ、一瞬で訳したよ、この人」
私「いや。なにやら前にも訳したような記憶(の断片)があったから。だけど……」
客「うん?」
私「ちっと思った。これ……そんなチマチマ訳さんでも、要するに「陽光・日の光」ってことのような気がする

――もう少し補足しておくと。
 この世界に満ちているヒカリ……なんて意訳でもいいのかも。もっと言えば Hope に近い「漠然とした希望」とか。

  因みに。
  I'd hate to lose this light before we land.
  この一文だけ(≒全体の文意などを考慮せずに考えるの)だと。
  うーん……殆ど before we land は訳す必要が無い、ような気がするなぁ……。
  無理に意訳すると「私たちが生まれる(遥か)前から(存在している(いたであろう))」――とかかな?
  「この光(希望・未来~云々)を失いたくない」――だけで、いいと思う。
  少なくとも Land を「土に還る/埋葬」などのように使うことは無いと思うよ。そういう使い方なら…… Ground とか、あるいは Lie / Lying とかだろうね。


 そんで歌詞の前後を考えると……うわっ。
 一見しただけだと安直・素直なようだけど、すげー面倒臭い(≒複雑に入り組んだ)歌詞っぽいよ……これ。
  そこまでは言い過ぎかな?

 なんとなく……まずは全体像を把握してからじゃないと、ちゃんと訳すのが大変なような気がする。

 あとね。

 Without a premonition , Could you tell me where we stand?
 → あなたは自力(だけ)で、この私たちの置かれている状況を理解でき(てい)るの?――とかってなるかな?

 意訳なら「自力で」の部分は――「本当に」とか「ちゃんと / きちんと」とかかな?
  Without a premonition = [予感・兆候]なしに

 うーわぁ……面倒臭いったらありゃしないよ、これ。
 ぱっと見ただけじゃ、まー丸っきり全体像が把握できない。大まかには判った気もするけど、でも、ちょいちょい変な部分が目に付く、残る。
  故に……訳したくなる(なっちゃうの)かも知れない。
  まぁ訳してるのは一つ見つけたけどね……でも Video killed the radio star. の時と同じ。

―― いい日本語訳が見つからなかったので、その歌詞を自分で訳してみました ――なんて、どっかで聞いたような一文があったから期待したんだけどな。
  しかし、Land の名詞と動詞の取り違えとか、あと Ground との混同なんかがあるようだとね。推して知るべし。




客「――でさぁ? これ(↑)……訳すの?」(←キラ☆キラした目で)
私「それは暗に要求してないか? やったっていいが、これ……えーらい時間が掛かるぞ?」
客「またまたー」
私「ホントだよ。なんかなぁ……ちょいちょい(軽く)見ただけだと実に GUNSLINGER GIRL の世界観に則した詩のようにも感じたんだけども、そこから読み進めていくと、まるで新婚旅行で喧嘩した若夫婦の妻が、帰りの飛行機の中で夫に語ってること――みたいにも感じられて仕方が無いんだ」

ナニソレ……」(←唖然としてる)

私「まだ些か怒ってて不機嫌な夫に、奥さんが呆れ半分・怒り半分ながらも、なだめ・説得・言い聞かせてようとしている……みたいな。いくらなんでも、それは無いとは思うんだが……しかし、それでも相応に辻褄が合う。また他にもある。だから困ってるんだ」

客「でも、ナンデ?」
私「まだ完全には分らないけども――この歌詞だと、主となってる女性と、副となってる男性……って構図で、女性が男性に語りかけていることと思ってることが詞になってると思われるんだが……なんかこの女性は、完全に嫌ってるって感じでまではないものの、男性に対してあんまり好意を抱いてないようにも伺えるんだよな……うんざりしてる、呆れてる、みたいな」

客「じゃあさ? それが何で単なる言い争いとか口喧嘩じゃなくて新婚旅行帰りになっちゃうの?」
私「言ったろ……さっきの Land だよ。飛行機や船舶が着陸・到着するってだけでなく、あれには[そこから降りる]って意味もあるんだ」
客「ん? 人が飛行機とかから降りるってこと、だよね?」
私「そう。タラップやら何やらから港や空港とかの地面の部分に人が足を付ける……この行為のことも Land なんだよ。つまり動詞の Land には、旅行とは限らないけども[相応以上の距離の人の移動]ってものが大概は付随してる(≒見え隠れしてくる)んだ」

――まぁ無人の何かの着陸や墜落なんかも含め得ますけどね。故に「大概は」なんです。
  あと、もっと言えば・・・・そういう旅行などの終わり・区切り、なんかも暗に指し示す(場合もある)かも知れません。

客「――だから(新婚)旅行ってなったのかぁ……」
私「そういうこと。まぁ中高年(≒子育てが終わった)夫婦の旅行……での喧嘩ってのでも合わなくは無いんだけど、そんなもんを楽曲(の詞)にするってのも些か不自然だし、やや内容・言い回しも若そうに感じたから、そこは外した」

――最初こそ Land を比喩的な表現かと思ってたんですけどねぇ。生まれるとか、成立するとかの。
 無論のこと、また他の(やや)比喩的な表現であるかも知れないと考えている部分は(私の中に)残ってはいますけれど、しかし当初の予想・想定の際の比喩(の内容)とは違いそうだよなと。



客「――あれ? これは?」
私「憶えてろよ……あの、Sky-marshal Anoke の It's a Good-day to die. だっつーの。ただこれは DVD から抜き出したままだけども」
客「あ、ホントだ……で、これは訳さないの?
私「……字幕か何かで訳詞が出てた気がするぞ?

客「じゃあ、こっち! この、A チームのヤツは?」
私「元から歌詞なんて付いてねーよ

――おあとがよろしいようで。

 

テーマ:くだらない話 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/03/14(月) 21:03:14|
  2. バカって素敵だよな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ああ、なるほど。道理で。 | ホーム | また「ヤシマ作戦」とはウマいこと言うね。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/742-ad3c04dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する