FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

無題・色々

 
「身近にいる野生動物」
――「元(ノラ?)」だったら我が家にいますけどね。
 そこらをウロウロしたり、あるいはゴロゴロしているはずです。
 ※ なお一般に野生の動物は、相当の理由が客観的に認められる場合にのみ、条件を整え、都道府県知事の許可を得た上でないと飼養できません。
  またその鳥獣等の種類・条件等によっても色々と違います。
  天然記念物・特別天然記念物と、狩猟対象の鳥獣とでは変わって当然ですし、あるいは駆除対象ならまた更に異なり、一方では絶滅危惧種の関連もあります。
  あと、保護とかは……一般の人が直面するのは極めて稀でしょうし、何より素人判断による保護には問題も多々あります。
  本来なら保護・手を出すべきではないものなのに、誤判断・誤認によって保護=捕獲してしまう、とか。
  それに保護してしまうと、それ以降、様々な理由・原因によって野生では生きていけなくなってしまう個体も多々います。
  基本的に、いくら可哀想だと思っても手を出さずにおくべきです。金銭面を始めに、その生物の一生に責任を持てないようでは話になりません。
  また野生生物は時に、病原菌や寄生生物(ダニや回虫など)を持っている場合もあります。不用意な接触にはくれぐれもご注意を。



「ラジオは聞いていますか?」
――ええ、今も。


「防寒対策は大丈夫ですか?」
――元より寒がりではないので何ら問題ありません。


「あなたが今楽しみにしている物は?」
――注文してある商品(小物)の到着かな……?
  しまった。念のためにハンダの吸い取り器も一緒に注文しておくべきだったかも。


  ほいで。ここからは車の話題。

 

 

 にしても。

 うーん‥‥。
 車重はほぼ同等。最大出力は 6,000rpm で 2/3 ほど。最大トルクは 4,000rpm で 3/4 くらい。
 あからさまな低回転・実用トルク型[ではなさげ、かな?]って辺りが関の山かいな。
  まぁ回っても(回せても?) 7,000rpm くらいまでってところだろうなぁ。
  ボルトオンの汎用スーパーチャージャー・キットでも付けたら面白そうだけれども、何十万コースだからねぇ。

  それにしても(これじゃないけど)ピーク発生が、たかだか 7,000弱 / 5,000弱(rpm) くらいで【高回転型】って評価は無いよ。いくらなんでも。
  そりゃー、ベース or 一般的なエンジンよりは高回転型だけども。
  高回転型って言うなら少なくとも、ピークパワー発生が 7,200rpm 以上、レブリミット 8,000rpm オーバーくらい回らないと。
  ・・・・5-Valves 4A-GE 辺りが、そう呼んでいいギリギリってところ?


 まぁ市街地でも高速・自動車道でも、どーにもならんほど非力ってコトはないだろうけど‥‥非力だ。さすがに。
  ただこれは比較対象が悪いってのが大きいんですがね。
  何せ、パワーウェイトレシオで 6.2kg なんてーのが比較元なので、8.9kg 近い車両では如何せん見劣りする以外に無い。
 ――因みに、スイフト・スポーツ(ZC31S)の場合は 8.5kg ほど。ちょっとは違えど大差なし。
  パワーウェイトレシオだけで言えば、アルト・ワークス RS/X(CN21S)なんてカタログ値だとギリギリ 10.0kg を割る程度。64ps/630kg――約 9.85kg ですよ。
  まぁ大概の個体は実出力では 70ps 以上、下手すると 80ps くらい出ていたらしいですけどね、ワークスは。

  さすがに 5.0kg を割るようなのには乗ったことがありません。
  と言うか、今の私では 5.0kg を割るような車の全力は御せないような気がしますが。

  まぁパワーにせよトルクにせよ、ピーク値ばかりでなく、その出方も、その回り方も大いに関係してきます――ってのは、さすがによく知ってますので念のため。


 妙にタイヤ・ホイールのサイズが大きいのは置いとく。
  あのボディなら 185/55R15 くらいがいいところなんじゃ・・・・まぁ 195 でも余裕として見ることはできるけれど些か大きい。まして16インチ(略)。
  しかし。
  コンパクト/ポピュラー・カーのクラスで、後から17インチとか18インチとか履かせてるようなのよりは当然マシ。
  もちろん――外見・見た目を追求、走行性能は無視・度外視――ってコトなら17インチでも18インチでも何でも知ったこっちゃ無いですが。


 あぁ。
 あと LSD (違法な禁止薬物ではない方)も付かないのか‥‥機械式なんて言わないから、せめてビスカスのでいいから欲しかったけれども致し方ないか‥‥ん? 社外品であるっぽいけど‥‥ビスカスの緩いのでもいいからメーカーOP.で欲しかったところだけども。
 スタビリティ・コントロールとかトラクション・コントロールとかが無いのは良い。さすがに A.B.S. は欲しいところで付いてるようなので良し。それとブースター(つーかアシストと統合制御)も。まぁ、このクラスでスタビリティ・コントロールとかは付いてる方が特異だろうけど。
 ‥‥リアのドラムブレーキはなぁ‥‥イメージ・印象の問題さえ除けば大した問題じゃないけども。これもアフターでフィン付き軽量タイプがあるようだ。ふむふむ。
  なお。本気で A.B.S. を効かせようと思ったら・・・・多くの場合、ペダルを蹴り込むくらいの踏み方はできないと(略)。
  だからこそブレーキアシストなんかが標準装備化されちゃうのだろうけども。
  ……アシストなんて要らないんだけどなぁ。

  あと。
  思い出した・・・・ドラムだと、性能面はまた別にしてブレーキ・フィールが良くないんだった・・・・。


 車高は‥‥今のご時世、1.5m を切ってるだけでも良しとしないといけない(のだろう)。今より 10cm ばかり高くなるけど。
  しかし、これでも、コンパクト/ポピュラー・クラスでは最も車高が低い(はず)。

  今の私の車でも「車高が低い」とか評されることが多いんだけれども・・・・これまた、そんな一応 1,400mm を割ってる程度で、んなコト言われても。
  低いと言うなら素の状態で、少なくとも 1,350mm を明らかに下回るくらいでないと。
  ・・・・RX-8 ですら(車高を落としていない場合)言いにくいってことに。うへぇ。

  E-AE101 BCMZF(SS) で 1,305mm だったっけ?


 小排気量である点からも 6M/T が欲しかったところだけども、それ以前にこれまた MT 設定の無いクルマが殆どである現状、5M/T があるだけでも十二分であるのかも知れない。
 セミ・オートマは(とりあえず)別にして――あれはクラッチ操作を勝手にやってくれるシステムであって、今の市販車に割とある「マニュアルモード付き AT/CVT」とは似て非なるものですよ。根本が――変なところで勝手に変速なんかされたら鬱陶しい上に下手すりゃ危険なんだけどなぁ。
  まぁ CVT の場合は原理的に――私の言う――変なとこで勝手に変速ってのは基本的には無いけどもね。
  変速されてしまうにしても Continuously Variable なのだから、然して問題は無い。

  たまーに「MT じゃ運転中に話も何もできない(だろ?)」――とか言う人がいますが。
  それはアナタが M/T を扱い切れないから、そう思うだけですよ。現によくやってますし、何も難しくも面倒でもありません。

  てゆーか AT でも MT でも操作・運転に集中しなければならない瞬間ってのは起こりますし、実際のところ、そういう注意に差なんて無いんですけどねぇ。


 概ねフルエアロなのは良し。リアのウェストラインにも付いてれば言うこと無しだったけれども。
 ホイールデザインは嫌いじゃない。あんまり重くはなさげだし、また冷えそうでもある。まぁ中がスッカスカなのはご愛嬌。
 また5ドアって点は、もう何も言うまい。

 とてもタコメーターが小さいのは‥‥これも付いてるだけマシか‥‥。
 しかし、どうせ専用メーターなのならば、タコメーターをセンターの特等席に据えて欲しかった。


 あら? 意外と最低地上高があるなぁ‥‥これなら少しくらい下げてもいいかも知れない。バネだけなら手軽。
 うわ、補強はされてるもののタワーバーは付いてないのか。だったら前後で付けといた方が。あとリア周りを中心にボディの補強も欲しいところ。
 あと‥‥うげげっ。マフラーが‥‥ワークス直系のでなくサードパーティ品を選ぶしかないか。




――と考えていくに。

 何ともまぁ、実に消極的な選び方だなぁ‥‥。

 しかし、これ以上の選択肢は無いっていうのも実際のところ。
 それにまさかイヤだってわけでも嫌いってわけでも無いんだし。
 そりゃー予算に糸目を付けなければ色々と選択肢は増えていくけれども‥‥まぁエンジンが(相対的に)非力っていう部分以外は別に悪くない。
 クーペボディなんて、フェアレディZとかスカイラインくらいしか無いんだし。
 強いて言っても、3ドア・ノッチバックの CR-Z くらいのもん。 あれ? Z も3ドア・ノッチバックかな・・・・。

 てゆーか、3ドア・ハッチバックですら全くと言っていいほど無いってのは、もうね。
 リアドアもあるならある方が便利は便利だけども。


 何か明快な利点は‥‥?

 まぁ燃費は良好化するだろうねぇ、多少は。ついでにレギュラーでいいってのもあるか。
  今でも夏場の街乗り主体だったら 10.0km/L を確実に割るけれども(7~9km)、冬場なら 10.0km/L 以上くらい出ることも多い。
  そんで高速・自動車道なんかが多くを占めるなら、ちょい頑張れば 13.0~14.5km/L くらいは走る――ので、これでもそこまでの大差は出ないはず。

  2,000cc NA のチューンドでも、やろうと思えば、このくらいは出せますよ。
 ――んで今のは、レギュラーを入れると出力低下どころでなく壊れても不思議ではないタイプのエンジン。
  ハイオク仕様って言っても、色々と、何段階(?)もあるんですよ。大まかに言えば4段階くらいかな。


 その他の維持費も安くなるね。
 1,500cc だし、車重も 1,000kg 以下だし、それぞれ1ランクずつ。
 保険はどうかな‥‥車両保険は入ってないから大して変わらないか。別にオプションの割引は特に変わらんはずだし。
  まぁ一方でタイヤ代は嵩むようになる公算もあると思うけど・・・・そこまでの差は無いか。そこまで使わないだろうし。
  減ったら DNA S.Drive でも入れよう。Neova までは要らんだろ。

  いやいや……あんだけボディを固めて足回りにも多少は手を入れていれば Neova でも(そこまでは)持て余さないんじゃないかな?
  まぁ S.Drive クラスでも特に大きな不足なんて無いだろうけど。


 ちょっとは小回りが効くようになるはず。
 つっても 5.3m → 4.9m だから‥‥意外と違うかも知れない。
  ただ後方視界は、たぶん悪化するはず。あれでそこまで見通しが利くとは思えない。

  でも、前と左右の見通しの良さはかなりのものだよ。うん。
  加えて予想以上に後ろの見通しも悪くない。さすがに最善とは言わないけども、まぁ不自由はしないし楽だね。


 アフターパーツが意外と豊富。
 ‥‥あんまりメリットでもないか。もうそんな歳でもないし。
 マフラーは HKS かフジツボ辺りのを最初から入れるだろうし、それ以外のも最初からワークス系みたいなのを入れちゃうだろうし。
  因みにボディ周りの補強とか何とかは、新車時から入れないと効果が薄くなることが多いので要注意。
  酷いと(?)ボディが歪んでしまっていて(加工しないと)付けられなくなったりすることもありますし、そこまででなくとも、やはり効果は薄れます。
  まぁイマドキの車両なら、加工無しには付けられないまでにヤレるのは少ないだろうけど。
  今のも――まぁ元から色々付いてるってのも多かったですが――リア・タワーバーは、ほぼ新車時に付けました。お陰でトランクスルーが今イチ使いにくい。
  一度もトランクスルーを使ったこと無いけど。



 あと面白いと思ったこと。
 色々とユーザ各位のレビューやらインプレを読んでいると‥‥どうも評価が分かれてるものがある。
 アクセル制御と、あとはシート。

 まずアクセル制御は、ワイヤーでなく電子制御スロットルらしいんだけれども、どうにもレスポンスが悪い&制御がリニアでないって感想が目に付く反面、気付いても良さそうな人が何も触れていなかったり。
 シートも同様。
 全般的には(特に)背面部が柔らかすぎて姿勢保持が難しいってコトのようなんだけれども、それを挙げていないどころか高評価を与えている人もいる。

 どっちなんだ‥‥。

 まぁアクセルに関してはランニング・チェンジがあっても不思議じゃない――けど判断は保留。

 と言うか。
 どうやらアレは、アクセル/スロットル制御も他グレードとは異なるセッティングになっているっぽい。
 通常グレードよりもレスポンスがいいらしい。そりゃいいね。

 またシートに関しては‥‥割と評価が当てにならないってのは理解しているので現物を当たってみないと何とも言えない。
  シートに関しては本当に、そう思う。私見ですが。ただ私見とは言っても確信を持っているレベルの私見ですよ?
  以前にも書いた記憶があるけれども・・・・確かに日本車のシートってのは、殆どの場合、外国車に比べて全般的に劣っているのは確か。
  だけれども。
  それにも増して、ちゃんとした座り方ができてない人が余りにも多すぎる――ってのがあります。殆ど全員と言ってもいいくらい。

  ウチの親(相応の年齢です)なども長時間乗ると腰が痛いと言ってたんですが、きちんとシート位置を合わせ、ちゃんとした座り方をさせたら「痛くならない」と。
  もちろん私自身も――まぁ私の腰は人並み以上に頑丈っぽいようですが――朝から晩まで、6~8時間くらい運転してても腰が痛くなったりはしません。
  自分の車のスポーツシートでも、あるいは単なる商用車(レベル)の安っすいビニール張りシートでも。

  無論それで全ての人の問題・支障が改善・解消されるとは思いませんが、それでも少なくとも半数ほどの人の問題点は解消・改善するんじゃないかと思います。

 ――これに限った話でもありませんが、教習所などで習ってるんですから、まずはそれをキチンとできるようになりましょう。
  座り方もそう、カーブの曲がり方もそう、高速道・自動車専用道の走り方もそう。
  なんであんなにブレーキのタイミングが遅すぎる人ばかりなんだろう。
  そういう基礎・基本を馬鹿にする/蔑ろにする人が多いですが、実際にやっていれば、それが如何に理に適っているか解るはずなんですけどねぇ。
  よーっぽどの、それを実行できないほどの超不器用とか、あるいは大馬鹿でもない限りは。


 あとはエンジンに関しても、そうか‥‥。
 基礎・基盤が異なると、その評価も一変するものですしね。ええ、(個人の)評価ってのは実に主観的なものですよ。
 例えば――元々 K6A-NA / 2SZ-FE / K20A DOHC-VTEC / 2JZ-GTE (搭載車)に乗っていた人が、同じエンジンに触れたとしてもね、それぞれ、その感想は絶対に異なるでしょう? そういうもんです。
――とりあえず割とシルキー(≒スムース)っぽくレブリミットまで回るけれども、その途中でのパワー感の盛り上がり(=蓋が開く感覚)のようなものは無いか薄い、ってことかな。


 しっかし。
 欲しいものを一通り付けるとすると‥‥いくらになるんだ??
 想定される値引き額の殆どが、Auto Exe と HKS 辺りに吸い取られるだろうなぁ、こりゃ。
  ……。

 加えて。
 ‥‥あんまり、乗り換えたいって気も起こらない。(←おい!)
 今のを、オーバーホールとまでは言わずとも一通り以上の(プロの手による)メンテナンスを行なって乗り続ける‥‥方が、いいような気がしてならない。
 パワーウェイトレシオ・6kg 台の前半なんてクルマは、今のご時世では殆ど売ってないんだし。
 あっても高すぎだし、速いは速いけど面白くない。

 実現しようと思ったら、それこそ、ボルトオンのスーパーチャージャーでも突っ込むくらいしかないね。
 +30ps/+4kg-m くらいあれば随分と変わるだろうし。
 やはり NA だと、いくら給排気やらファインチューンやらを施したとしても……根本から弄り倒さない限り、最大でも 10% 程度の出力向上くらいが限界なんじゃないかな……。
 ベース・105ps なら 115ps くらいとか、200ps なら 215ps とか。


 と言うかっ。
 かなり気に入って買ったクルマだから相応以上の思い入れも愛着もあるんです。
 つーか、最期を看取るつもりだって書きましたがな。もうコンデンサだって手許に来てるし。



 しかし、ちょいとした 止むに止まれぬっぽい 事情が‥‥。

 とは言えど MT は譲れない。絶対に。なんで AT/CVT なんて買わにゃならんのじゃー。
  もしも運転したいなら、限定解除してから来ーい。

 しっかしドア枚数くらいしか変わらんような気も‥‥あ、いや。維持費は相応に違うけどもね、しかしトータルで考えれば、エコ替えよろしく、削減されうる経費そのものには大きな意味までは無い。
 うーん‥‥。
 まぁ、こっそり色んなもんを付けるとか何とか。
 マフラーはともかく、それ以外の――特にボディ補強系なんかは――見て判るもんじゃないしな。

 ……それをここに書いてたら全く意味無いけど。


 しかーし。
 「あのさぁ……これ、ナニをやったの?」
――とか言われてしまうとは。わわわ。
 ……マフラーはまだしも、よもやボディ補強を見抜かれるとは……さすがにソレは想定してなかったねぇ。
 つーか、あそこまで固めてありゃー判るヤツは判るか……自動車自体には明るくなくとも、違いの判別能力に関しては優秀だしねぇ
  なるほどねぇ。
  しかし、さすがに不審に思い話を聞いてみたら、ちょうど少し前に、同車種の同じグレード――ただし CVT でリアシート――に乗せてもらったんだそうな。
  そりゃあ違うわな。こっちのは弄り倒してあるんだから。

  それに、少し乗ったら……メチャメチャ跳ねるような挙動は割と鳴りを潜めつつある。
  ショックって言うか足回りに当たりが付き始めて、しなやかにキチンと動くようになってきたのかも。


 こうなったらアフターの、トランクスペースを横断するタワーバーでも付けるかっ!
 不足・不満があるようなレベルじゃないけど微妙にリア周りの剛性の(相対的な)低さが感じられるし。 (やらんでいい、やらんで)

  と言うか、あれは・・・・主にエンジンに起因する重心の高さが原因じゃないかと思う。

 あと弄るとしたら……件のリアブレーキとか、あるいは小物の交換をするとか。

 
 さてさて。
 しばらくは慣らしが大変(?)だ。
 ……ディーラーから戻って/帰ってくる間に2回もエンスト起こしたし。
 半テンポほどズレるアクセル・レスポンスにも慣れていかないといけないし。
  半テンポっつーか、1/3 テンポって感じかな。

 あと。
 どうやら 3,200rpm 辺りで可変バルタイ&可変吸気が働くのか、パワーが乗ってくるっぽい。
  とは言え――3,200~3,300rpm 辺りを境にして元気になるのはその通りだけど、パワー感にはそこまでの相違は感じられない。
  回転数の上昇速度が上がる、みたいな雰囲気。
  それとレブリミットは、およそ 7,000rpm 程度らしい。あと 1,000rpm 違うと随分と変わってくるんだけどなぁ。
  つい以前の癖で「あと、もうちょいだ」って思ってるとレブリミットを迎えてしまう。
  ついついレブリミットが近づいて来た時の「あと、もう一伸び」を期待してしまう。いかんなぁ。そういう、高回転型じゃないんだって。
  どう考えたって実用型のエンジンなんだから。

  あとは・・・・。
  意外とって言うか予想よりもタイヤがプア。
  さすがに標準装着を Neova と比較したら気の毒なんだけども、やはりグリップの足らなさを痛感することがしばしば。
  ある意味で言えば限界が判り易くて楽とも言えるし、また自分自身の扱い方の経験値も足りてない面もあるとは思うけど、しかしもっとグリップが欲しい。
  ついでに言えば、ドライ←→ウェットでの格差も気になる。そこまで大きいわけじゃないけども。
  もしかすると、さっさと(減る前にでも! せめて) DNA-S.Drive 辺りに履き替えた方が色々いいかも知らん。
  それだけでも随分と印象・感覚が変わってくる気がする。
  たぶん、これも前だけで十分な印象を受ける。

  ・・・・もしかして・・・・安いアジアン・タイヤ辺りなんかを選ぶのも面白いっていうか悪くは無いだろうか?
  最近のは以前のものよりも品質・性能の向上も大きいって聞くし、何より、まずは自分で確かめないことには始まらない。

  ついでに言えば、内装っつーか室内の小物なんかでも気になるところはある。
  酷くは無いものの、どうにも微妙に使い勝手が今一歩。最低限は何とかなってるけれども、それ故に、あと一歩が欲しくなってしまう。
  それに特に内装・装備は、直結とまでは言わずとも、間接的な安全性に影響を及ぼすところだし。


  ・・・・まだまだ、お金が掛かりそうだなぁ。

 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/02/22(火) 21:02:22|
  2. おクルマな感じでウダウダ。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これって、やっぱりツッコミ待ち、だよねぇ? | ホーム | 週の真ん中水曜日?>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/695-c3731304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する