FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

まさか動きがあるなんて

 
 7年以上の沈黙(?)を破って、よもや T98-Next の新版が出るとは。

 しかもプロセッサを食い尽くすところやら何やらが変更され、かつ極めて部分的ながらマルチスレッド対応らしい。
 ついでに Vista/7 で(も?)快適に動作するよう~云々~とか。
 ……Direct2D/3D 対応ってこと?

 
 

 ただ、プロセッサを食い尽くす仕様ってのも実際のところは一長一短あるもののはずで。

 無論、最大の短所は、プロセッサ負荷によって動作クロック・電圧を可変させる環境での運用時。
 Cool'n'Quiet/PowerNow! や EIST また Crystal CPUID/K10Stat/K8COOL-ON! などを使っている場合ですね。
 この場合、最大動作モードに入って、その状態で食われちゃうから消費電力はともかく発熱・冷却が……てなことに。
 まぁ(低倍率での)倍率固定状態で使えばいいってだけかも知らんけど。
 因みに。
 ここらの制御の負荷って、FPU(NDP) は全く関係なく、整数演算部分の負荷で判断されてるってご存知でした?


 しかして長所はと言うと……動作=エミュレート処理速度などが安定すること。
 以前にも少し書いたけど――例えば――本来は一定速度で流れるはずの画面スクロールが速くなったり遅くなったりする、みたいな感じのものが低減されます。
 間違っても(Win.機の側で)エラー吐くとか落ちるとか、強制終了するとかってことではありません
  だけど、これって何が原因なんだろ?
  もしかして Windows 側のタスクスイッチとかに原因があるんだろうか。知らんけど。



 ほいで。
 T98-Next でないと動かないソフトも一部あるので、この更新(?)は有り難い。
 ……まだ動作確認なんかは行なってないけどさ。
 あと。
 どうやら T98-vmm も新版を用意しているらしいけれども……Next も5月末/7月上旬の時点で止まっているので、ちょいと期待薄かな、当面は。
 とは言え vmm に関しては個人的には別に必要とはしていない――PC-98 上でモアパワーは求めてない――ので、まぁこれはこれで。
 i486SX/16~20MHz 相当程度の処理速度があれば私としては十分です。



 ついでに、ねこぷろ。
 2008年・年始の Ver. 0.83 で止まったきりなのは残念至極。

 しかし、あの「お察しください」を理由に、その完成度やら何やらに対して疑問を抱く人がいようとは……世間は広いね。
 あんなの、どれをとって見たって、21 (の再現)には必要なものばかりなのに。
 ついでに言えば……個人開発のオンラインウェアなんかの場合、意図的に(=信念として)バージョン・ナンバーを 1.0 未満に留め置いている作者も多々いるんだけど……ね。


 そういや以前は、ああいう書き方(?)をしたけど。
 例えば――80286/10MHz 機と i386DX/20MHz 機とを比較すると、恐ろしいこと(?)に FDD アクセスすら i386DX 機の方が速かったりするんだよね。まぁ一部は FDD 自体の性能差なんかもあるのかも知れないけれど、それだけでは片付けにくいくらいの速度差が出る場合がある。
 確か FDD も内蔵 DMA チャネル経由で動いてたはずだけど……まぁプロセッサが関与してきても不思議じゃないか。

 

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/09/11(土) 21:09:11|
  2. 昔のPC・ソフト/エミュレータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AMD Athlon™ II Neo N36L | ホーム | 手間と言えば手間とは言える。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/675-2005fb0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する