FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

ちょいと不思議

 
 色々な昔話や怪談、また神話・伝承の類を見ていて思うこと。

 いわゆる妖怪とか何とか――例えばネコの妖怪とかなら化け猫やら猫又なんてーのがいる。
 同様に日本で人間に馴染み深い動物類とすると……ネズミ類だと犬神(※)、イタチやテンの類なら管狐(※)がいるし、タヌキ・アナグマにも妖怪狢がいる。
 ほいでキツネならば(まぁ悪狐ではあるけれど)白面金毛九尾の狐などを始めとして色々といる。
 ※ 犬神(狗神とも)は名に「いぬ」と付いていても多くの伝承においてイヌのような外見も特徴もしていません。ありゃネズミの類ですよ。
   一応、陰陽道やら何やら・・・・特に蠱毒なんかで犬を媒介とする術もあるし、その際の犬を「犬神」と称する場合もありますが、これも例外扱いでいいでしょう。
   また同様に管狐も「きつね」と名に付いていても、一部の例外を除き、その外見やら何やらはイタチ科の動物類です。


――なんでイヌの妖怪って(殆ど)無いんだ?
 あと強いて言えば‥‥クマとかシカの妖怪ってのも殆ど無いけどね。

 まぁウシ・ブタ・ニワトリ・ヤギ・ウマなんかの妖怪が(殆ど)いないのは解る。
 日々使役するとか何とか、かつ食料とすることも多い動物群が、そんな妖怪化されたらたまったもんじゃありませんから。
 イヤですよぉ……名古屋コーチンとか白色レグホンの妖怪なんぞに出てこられた日にゃー
  なんとなく、烏骨鶏あたりだといそうだけどね。なんとなく。

 まぁ馬や牛は、いるにしても妖怪の主体ではないことも多いし。

 
 

 ほいで。
 イヌの、それっぽい話・伝承というと何ぞや、と考えてみると。
 一部の怪談・心霊談などにある、既に死んだ忠犬・愛犬が飼い主を事故や危険から逃れさせたり、あるいは他の妖怪やら何やらから救ったり‥‥そういう類のものが殆どだと言っていいでしょう。
 確かに既に生きていない犬の逸話ではあるものの、これをして妖怪だと言うのには無理がありすぎる。

 更に強いて挙げるとしても‥‥一部の神の神使として霊犬が出てくるくらいでしょうか。
 まぁ、これも犬の妖怪とは言いにくいですが。


――基本的に妖怪として成立する生物は、多くと言うか殆どが野生の生物。
 まぁ自然に対する畏敬の念、あるいはアニミズム(自然・精霊信仰)的なものに端を発する、と言ってもいいでしょう。
 それなりに生活の近辺には居つつも、しかし身近≒親密とは言いがたい。
 そういう生物が様々な紆余曲折の中で妖怪化して語り継がれてゆくこととなったのでしょう。たぶん。
 ほいで、それこそ縄文時代(以前)から人々と共に暮らしてきたイヌは、その身近さが故に妖怪化から逃れ、精々が、時折神使として登場する程度に収まった――というところでしょうか。
  因みに言えばオオカミも似たような感じですね。
  まぁ身近さと言うよりもイヌと(外見などが)良く似ていることから、でしょうけども。つーかオオカミとイヌは、ほぼ同じ生物ですけどね。


 すると、ネコの妖怪ってのが(逆に!)異例・異端ではあるのかも知れませんけどね。
 たぶん、ここらはネコの神秘性と言うか、得体の知れなさや感情などの窺い難さが、ある種、野生の動物に準ずると感じさせ、身近な家畜ではありつつも妖怪化を後押ししたのでしょう。

――と予定調和的に締める。
  いやま、実際にそうだし。


 因みに。
 文化的なものを含む一般名称 → 漢字 : 生物として → カタカナ : 言語上の音として → ひらがな
 と使い分けていますので念のため。

 

テーマ:ま、いっか。 - ジャンル:

  1. 2010/07/09(金) 21:07:09|
  2. 神話・伝承・宗教・掩蔽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<期待半分、不安半分 | ホーム | The hills have …>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/661-44f35fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する