FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

ふらんけんしゅたいん・シリーズ

 
 もちろん東宝が制作したものですが、それがどうかしましたか?

 主演の一人に高島忠夫氏がいるやつに決まってるじゃないですか。
――あー、第1作(フランケンシュタイン対地底怪獣)だけか、氏が出てるのは。

 
 

 まず梗概。

「フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)」
 第二次世界大戦、末期。ドイツは無限に近い生命力を持つ「フランケンシュタインの心臓」を秘密裏に日本に移送した。
 これを用いて、瀕死の兵士を救い、また何よりも死なない兵士を作り出す計画であった。
 しかしそれは広島に移送された直後に原爆が投下され消失したかに思われたが――その十数年後、広島で謎の少年が保護される。
 彼こそが、実はフランケンシュタインの心臓が人間の姿に成長したものだったのだ。
 保護された少年は、みるみるうちに身長数メートル以上にまで成長したが、横暴なメディアの取材に興奮・驚いたものか研究所から逃げ出してしまう。
 一方その頃、謎の災害・事件が各地で発生し始める。
 人々は、その災害・事件の原因が巨人化し逃げ出したフランケンシュタインにあると疑い始めるが、それは実は時同じく地底から復活した恐竜の生き残り・バラナスドラゴン~地底怪獣バラゴンの仕業によるものだった。
 そして逃げ出したフランケンシュタインと、移動を続けるバラゴンとが、遂に富士山麓で激突する――。


「フランケンシュタインの怪獣~サンダ対ガイラ」
 ※ これは前作とパラレルワールド的な関係にある作品で、内容に直接の連続性は無い。

――なんか面倒になったので、こっちは省略っ(……えー)。
 サンダが前作での謎の少年に置き換えられたような扱いになっており、脱走はしておらず、バラゴンとも戦っていないが、公式にはサンダは死んだんだか消息不明なんだかって扱いになってたはず。
 あ、富士山で死んだってことらしいや。
 でも、何度死んでも蘇ったって台詞もあったような気がするけどさ。
 だけど。
 海で不審な事故が多発するようになる。その中にはフランケンシュタインらしき怪物に襲われたという証言も出ていた。
 そんでもって、これまた事故の原因は、フランケンシュタイン(サンダ)の細胞・肉片が海に流出し、そこから成長したサンダのいわばクローン=ガイラの仕業であった。

 今度こそ、ここまでで省略。


 ついでにコント。

客「な・なんか……切ないって言うか、悲しいお話だね……」(←単に怪獣映画だとしか思ってなかった模様)
カニ「……まぁフランケンシュタインだからねぇ。アレを踏襲すれば必然的にこうなるわけで」
客「はい?」

―― フランケンシュタインの怪物~について説明ちう ――
  知らない人は Wikipedia でも読んで下さいな。
  少なくとも、この記事の執筆当時は、その説明として充分な内容が示されています。


 簡単に言うと。
 元ネタでもあろう「フランケンシュタインの怪物」は、モンスターホラーの姿を借りた悲劇ですから。

カニ「――てなわけだ」
客「知らなかった……」

カニ「そーいや何だっけ……確か原作・小説の方のタイトルって、なんか妙な副題が付いてたような気がする…………あ、これだよ、これ――“ Frankenstein : or The Modern prometheus ” ってのが原題だ」
客「……翻訳こんにゃくー☆」(←ええ。本当に、こう言ってました)
カニ「ひみつ道具扱いかよ。このくらい自分で訳しなさい」
客「この、ぷろ……何とかがわかんない」
カニ「そこだけかい?」
客「……るーるるー……」
カニ「(まったく、もう)……それはプロメテウスの英語表記だよ。そんで、えーと――フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス(の物語)――かな?」
客「ぷろめてうす、ってギリシャ神話の神さまだっけ?」
カニ「そう。確かゼウスの兄にもあたる巨人の一人だったような……つーと巨人だから厳密には神じゃない。能力的には似たようなもんで、むしろ身体は頑丈だけど、与えられている(≒正当に保持する)権利が大きく違う」

―― 余談は続く ――

カニ「……因みにプロメテウスには、弟にエピメテウスっつーのがいるんだ。更に因むと、プロメテウスは「先んじて考える者」って意味で、またエピメテウスは「後から考える者=後悔する者」っつー意味になる。故にプロメテウスは賢者とかとも言われるんだ」
客「するとさぁ? フランケンシュタイン博士ってプロメテウスっつーよりもエピメテウスじゃない? あんまり後先考えて無いじゃん」
カニ「言われてみると、その通りだね……やったことはプロメテウスだけど、おつむの中身(≒性格)はエピメテウスっぽいか。あ、いや……プロメテウスもゼウスらへの嫌がらせで人間に火とかを渡しちゃって、ゼウスに処罰されてたりするから、プロメテウスでも合致しなくもないかもね」


客「意外と神話(とか伝承とか)って奥が深いんだね……」
私「そりゃまぁ。あとついでに、メアリー・シェリーも含めておくべき」
客「……誰それ?」
私「フランケンシュタインの怪物、の作者だよ」
客「もしかして……女の人……?」
私「お見込みの通り。時に SF の祖とも言われる」

 

テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/08(木) 09:10:11|
  2. みらくる・しねま・あいらんど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これだー!!! | ホーム | もう殆ど売ってない…>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/653-92a8a6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する