FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

意外と何とかなるもんだね…

 
 Lv.7=コズミック・キューブに入ってすぐの状態で Applet Angels を蹴散らすのって。

 あー、これは(Win.版) Wizardry ~ New age of Llylgamyn. の、#4~アレンジ版での話。
 ……クラシック、または PC-98 などのオリジナル版だと、ちょいと無理。つーか、できそうな気もしない

 ただし! 当然ながら、いくつか(いくつも?)の条件付き。

 それは続きの中で。

 
 

 んで条件。

 1) 結婚エンディングを迎えていて THE S*O*R*N を配下として召喚できること。
 2) ST. Rimbo Digit を入手してあって、かつ事前に装備しておくこと。
 3) その時点で入手可能な最善の武具(Dragon's Claw & Good Hope Cape & Magician's Hat)を装備していること。
 4) 驚いている Applet Angels と遭遇できるまで Load を繰り返せる忍耐力か熱意があること。
 5) 運が良いこと。

――これらをクリアしていれば、何とか、ギリギリながらも蹴散らせます。
 つーか、ついさっき蹴散らした。まだ2周めですよ?
  あー、外套は、Night Cloak でも良さそうに思えるけど……スペル攻撃が5割増しになるしね。
  でも、それだと敵からの TILTOWAIT 2連射とかには全く耐えられないので、よりバクチ度が上がります。


 その時の配下は……。

 1) THE S*O*R*N
 2) GIANT MANTIS
 3) LESSER DEMON
 4) MASTER/W. WIND
 5) MASTER/DRAGONS


――THE S*O*R*N はともかく追加モンスターさえ大して使っていなかったり。
 あるいは、見事なまでの一撃必殺体制――とも言う。
  まぁ、その割には、ニンジャ部隊は殆ど活躍しなかったけどさ。
  なので。もしかするとニンジャ部隊でなく、スペルを使える配下を召喚しておく方が役立つかも知れない。
  さすがにブレスを使えるヤツを更にってのは今イチだと思うし。


 ほいで、その顛末。

 まず先制時だからスペルは唱えられないので、*WERDNA* は ST. Rimbo Digit を用い TILTOWAIT を唱え、またカマキリのクセに火を吹く GIANT MANTIS はブレスを、それ以外は適宜に白兵戦。
 TILTOWAIT &ブレスで全員に100点ほどのダメージを与え、かつ THE S*O*R*N のクリティカル・ヒットが炸裂して FALON を沈めた。
  ニンジャ部隊は二人とも攻撃が当たらず……。

 続く2ターンめは、*WERDNA* と THE S*O*R*N は TILTOWAIT を、LESSER DEMON は LAHALITO を唱え、残る3体はこれまた白兵戦。
 LORTO・MAKANITO・MALIKTO を食らったものの――運が悪けりゃ TILTOWAIT*2&MALIKTO くらい食らいかねない――ギリギリ死人は出ず、*WERDNA* と THE S*O*R*N の TILTOWAIT が決まり、残った連中にも LAHALITO の洗礼。

 残るはパーティ・リーダーの APPLET のみ。

 3ターンめは……さすがに一人(しかも瀕死)を相手にスペルはいらないので、全員で 殴る蹴るの暴行を加える 袋叩き。
  この時ようやく MASTER/WEST-WIND が、H.P. 残り10点ちょいの APPLET に攻撃を命中させ沈めた。

――かくして #4 で(一応?)二番めに強力な Applet Angels は *WERDNA* ご一行に壊滅させられましたとさ。


 あーいやー、本当に Adept Baldness があると便利だなぁ、楽だなぁ。

  ただ Good Hope Cape と同時に装備すると大変(?)なことになるけどね。
  道理でね、対・The Softalk all-stars(less one). 戦が、あんなにも厳しかったわけだよ……これも不用心な(?)プレイヤーへの危険な(周到な)罠、あるいは壮大(?)な作り手たちのイタズラ、だったのかなぁ……。

  因みに。
  3周めにも同じ感じで色々と試してみたんだけれど……。
  んー……Archdevil & Archangel & Arch demon & THE S*O*R*N なんかがいた状態で、驚いてない状態の Applet Angels と戦ったら。
  こういう布陣で臨んでも、まぁ運が良ければ誰も殺されずに蹴散らせるかなぁ、てな感じ。
  想像以上に、これが意外と厳しいっぽい。

  つーか4周め以降の配下――Card Lord *2 / Archdevil / The LOON / The SORN――とかを揃えても、それでも、なかなか厳しいけどね。
  先制を取れれば大概は何とかなるけど、先制ナシだと成功率は半々以下かな。
  ……TILTOWAIT を2発も食らったら Werdna は殆ど死ぬし。
  故に。
  上述のようにスペルを使える配下を増やし攻撃スペルを唱えさせるか、あるいはややバクチ気味に回復スペルを WERDNA に向けて唱えさせる方が役立つかも。


  それと。
  全エンディングを迎えたら、また何かのイベントと言うか変化があったりとかは……しないんだろうなぁ。
 → うん、どうやら何も無いっぽい。




 それにしても。
 アレンジ版は、楽っつーか簡単っつーか……。

 そもそも元々からして #4 は好きなんだけど、それでもさすがに難しい(≒運任せの部分が多い)ので、そうそう遊べなかったんだけれどもさ――装備の一部とかの詳細データを除けば概ね憶えているので、マップさえあれば解けるっちゃー解けるとはいえ、やはりちょいと腰が重い。
 だけど。
 このアレンジ版ならば……オートマップはあるし、ポリゴンモードなら回転床の動きも把握できるし、召喚サークルも(結果的に)素通りできる上に便利になってるし、配下は拡充・強化されてるし、何よりも Black Box も強化されてるし……。
  ただ、配下の拡充や強化に関しては、その基準って言うか推移や格差が変テコだけど。

  あと Black Box について。
  このアレンジ版の Black Box なら、上手く(?)使えば、アイテム博物館を全て埋めるのも随分と楽になる。

  かねてより Black Box については――「できれば32個、せめて24個くらい収納できれば楽になるのになぁ」って思ってたんだよね。
  20個だと足りないっつーか全く以って楽じゃない、確かに厳しい。
  しかしながら。
  20個もあれば十二分にクリアには足りるんだよね。
  仮に収納数が16個であったとしても、必要の無いものを持たなければギリギリ何とかなる。
  つまり、この20個ってのは必要充分な数だとも言える。
  と言うかねぇ……こういう点においても、まー腹立たしいくらい練り上げられてやがるなぁ、とも思うんだけどさ。


 こんな感じで楽なアレンジ版なら、ちょいちょい遊んでみようかなっつー気になるね。

 現時点での(PC-98版) #2 なんかと同じか、それに近いような感覚(間隔?)で。
  ようやくテクスチャが貼られたダンジョンにも慣れてきた感じだし。
  まぁ、ちょいちょい(致命的ではない程度の)描画の異常も見られるんだけど……ProSavage IGP だからなぁ。



 んでもって――今は、そのための準備(?)として一度セーブデータをクリアして、新たに遊び始めたところ。
 ――の、その2周めでの話だったわけです。

 いえね?
 オートマップのマップってエンディングを迎えた後の新規(?)プレイにおいても継続・継承できるっぽいから、それも上手く使えば、より楽になるわけでさ。

 オリジナル(≒クラシック)から変更された部分の、その変化具合をもう少し(更に)把握すれば、またちょっとは違うだろうしね。



 それにしても。
 ◎◎ は △△ を攻撃して n 回当たり、xx のダメージ。 △△は 石にさせられた
――この場合に △△ さんは、石にどう使役されたのでしょうか?

 なんで――「石にされた」・「石になった」・「石化した」……とかではマズイのでしょう??

 どこに表現の主体・主眼を置いて描写・表現するかっつー以前の問題。


 それと。
 >11F 調査団募集中!
――この城って11階まであるんですか……。
 と言うか、自分たちで作ったものでしょうに、そういう(発見された遺跡などでない)今も使われている建造物の調査とすると……どれほど細かいことをするつもりなのやら。
 細菌とか微生物、あるいは虫とかの分布・生態調査?
  無論のこと言いたいことは解ってますけどね。
 ――この F ってのは Floor を指すのですが……英/米で微妙に意味は異なるものの、何にせよ Floor は「地面よりも上にある床/階層」を意味します。
  地下階層は含まないんですよ?

  つまり 11F をきちんと正しく訳すと「地上11階(に位置する階層)」にしかなりません。

  もっと言うと……もしも B11F なんて書いてあったら。
  「地上・地下11階」とか訳すしかない、もはや未知の不可思議空間を指し示してしまうことになります。

 

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/04/29(木) 01:01:01|
  2. Entering Wizardries!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふっと思い立って… | ホーム | …へ?>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/628-b044a3c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する