FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

…へ?

 
 一つめ。
 O橋巨泉さん……アンタが政治を語るな


 二つめ。
 永 Six輔さん……集中して聴いていてなお何を喋ってるんだか判別できない時がままあるんですが。
 たぶん放送・ラジオの第一人者だという自負があるの(であろう、ということ)は理解できなくはないですけどね。
 ラジオで、何を言ってるんだか判らないってのは致命的では?


 三つめ。
 検索クエリから……[Atom プロセッサー 330 DVDコピー 所要時間]っと。
 えーと。
 ……それ、読み取りドライブ(&ディスク記録面の状態)に左右されるもので、プロセッサなんて殆ど関係ねーんですが??
 PIO 転送じゃあるまいし。
 あと、もし対象が傷や歪みも無い DVD-Video のディスクで、それでも読み取り速度が上がらないってことだとすると。
 原因の殆どは、Firmware で読み取り速度に制限を掛けてるからですよ?? つまり仕様です。
 もしかして解ってらっしゃらないんじゃありません?
  Disc to Disc なら正にドライブ性能に依存するし、Disc to Disk(HDD) でも殆ど差なんて出ませんよ……。
  まぁ、書き込み先が HDD で、かつ圧縮 NTFS でも使ってるんなら、意外とプロセッサ・パワーが響いてきますけどねぇ。

  速度制限が(どういう形でアレ)解除できるのって、Plextor 以外にもあったと思うけど……どこのメーカだったっけなぁ。
  因みに言っておくと。
  DVD-Video の場合、根本的に「収録されている動画データの動画としての再生」しか無いことになっている(はずの)ものですからねぇ。
  故に、その再生・鑑賞時のドライブの動作音(≒騒音)を小さく抑えるため、Firmware で読み込み速度に制限を掛けてるってワケです。合理的ですね。
  なので、殆どのドライブだと……4~8倍速くらいが関の山じゃないかな。

 

 

 四つめ。
 つい先日、ちょいと気になったことがあって Web 検索を掛けていて、調べ終わったあとに、ちょいちょい脱線しながら映画関連のページに行き着いた。

 ここ(戸田奈津子の字幕)。

 とりあえず固有名詞の読み間違いの一部は別にして――酷いのもあるけど、半分くらいは言うほどでもないと私は思うので。
 んで、まぁ。
 上記のリンク先を見てもらえば判るように酷い訳も多いのは確か。

 しかし……[ 6.珍訳 ]の項目の最後にある一群のあれ。
 うーん。
 あたしゃ半分以上、変だとは思わないんですがねぇ(ここに関してだけは)。普通に通じたし。
 ちょいと列記して挙げてみましょうか。
  ただ私の場合、吹き替え派なので彼女の訳には殆ど触れたことが無いんですよねぇ。
  故に、もしかすると勘違いをしているかも知れない、という部分があるかも知れないってのは自分でも承知しています。
  もしお気付きの点がありましたら、お知らせください。


「…を?」
――名詞に連なってるのだとしたら、ほぼ体言止め/名詞止めに準ずる解釈でいいのでは?

「…ので?」
――これも「○× (な)ので(すか)?」or「○× (でよい/構わない)ので(すか)?」
 と ( ) 内を含めた形のものの、些か古い言い方/話し方の、口語的省略形……で、すんなり理解できます。
  一部の時代劇とか、あるいは明治~昭和初期辺りに書かれた小説なんかにも、こういう言い回しって出てくるような気がするんだけどなぁ。

「…など!」
――これがもし「(サ変名詞を含めた名詞) …など!」であるなら「○× ((する))など(以ての外だ!)」の省略形として認識できます。
 まぁ「…など」のあとに「とは」などが付いた方がより好ましいとも思いますが。

「…せにゃ」
――これ……私自身も割と使ってるんだけどなぁ……
 「しないと/しなきゃ/せねば」の口語的な短縮と言うか、音便が掛かっ(て変形し)た形ですね。

「…かもだ」・「…かもだぜ」
――これはねぇ……(私には)通じはするけれど整った表現で無いのも確か。肯定する気なし。
 「かもだ」なら「○× かもな」とか。また「かもだぜ」なら「○× かもよ?」の方が、まだマシ?

「おっ死ね!」
――これ、発音は「おっね」ではなく「おっね」でしょうね。
 これって些か古い(確か)江戸弁の一つですよ? 意味は当然のように「(お前なんか)死んでしまえ(死んじまえ)!」です。
 ……落語なんかだと、ちょいちょい出てくる表現だと思うんだけどなぁ……捨てゼリフ的に「おっちんじまえ!」とか。

「ファック野郎」
――なんと言うか、英語的な感覚と日本語的な感覚の混じった表現? まぁ通じなくも無いように思うけど変なのは確か。

「コトだ」
――これがもし事件や問題に直面した人物が「こいつはコトだ」と言うような感じで使っているならば。
 この場合の「こと」は「大事(おおごと)」の「こと」を指します。要は「問題/厄介ごと」っつー意味ですね。
 これも何やら些か古い江戸弁――と言うか、江戸弁の地域などで用いられていた口語表現のような気が……これは時代劇とか江戸落語なんかだと割と頻繁に出てきますよ。


――うーん??
 何やら気になったので、ちょいと女史の経歴を調べてみたら。

 あー、やっぱり東京都出身じゃん。
 福岡県にもいたようだけど。

 ちょうど私の場合――まぁ気付いてる人もいるかも知れませんけど――実際の年齢の割には、ちょいちょい古臭い表現や言葉が出てきます。割と自然に。
 幼少のみぎり、割と老人を含めた大人が周囲に多く、また江戸(と言える)地域ではありませんが割と近い地域で育ってます。
 いや今も関東には住んでいるので大差無いかも知れないけど。

 要するにですね?

 彼女の語彙の中心・基礎は、ちょっと古めの東京弁・江戸弁なんですよ
 故に、それに馴染みがないと「なんじゃそりゃ? 意味が解らん!」と思うでしょうね。
  しかも私の場合、そこまで熱心ではないですが、割と落語も好きなので、そういう類の古い表現や言葉にも馴染みがあるってのも、より影響してるんでしょうね。

 つっても。
 映画の字幕っつーのは、当然ながら東京か、その近隣地域の人ばかりが見るわけでは無いので、そこで、いくら標準語に非常に近いものとは言え「方言である東京弁・江戸弁の、古めの表現」を使ってしまうってのは……好ましくはありませんね。
 方言なんだから。

 現に通じない人も多くいるわけで。
 更に言えば、これに限らず、単純に酷い誤訳や、作品自体を引っくり返してしまうような不適切な訳なんかも多々あるわけだしね、そこらは全く肯定する気は無い、ってのは勘違い無きよう


 それと、もういっちょ追記。

 ×ボランティア軍  ○義勇軍

――ってのもあるみたいだけど……これについても私見を一つ。
 確かに彼女も「字幕には文字制限があって~云々~」ってことを割と言ってるのは私も知ってるけれど。
 それ以外にも字幕の場合、ある程度(以上? 以下?)の難しい単語や表現は、できるだけ避けるってのもあるのはご存知ですか?
 要するにですね。
 難しい(??)単語や表現を使ってしまうと――観客の一部が理解できないから止めれ、ってな話らしいんですよ。

 あくまで私見ですけれどもね? なーんか、この「義勇軍」辺りは、それに該当していそうな気がするんですよねぇ。
 義勇軍ってのは、まー意味は――(確かに?)ボランティアみたいなもんだと言えなくもなく。
 自発的に≒徴発・徴用・徴兵などでなく、同じ志で集まった(軍人ではない)者たちが構成する軍勢・武装集団……かな? 主に、自国(など)に対する侵略的行為・侵攻などに対抗すべく組織されるもの。
  まぁ運用としては正規軍に編入されたり、あるいはその指揮下に入る例もあるけど。

 これ……殆どの人に対して、大まかにでも概ね正しく通じるような単語かなぁ……。
 確かに、間違いなく、変てこな表現ではあるものの「ボランティア軍」なんつー方が、より概要が通じやすい・理解されやすい気がするような……うーん。

 軍用食/レーションを「ミリメシ」とか言い出すような輩が、枚挙に暇が無い世の中ですよ??
 「とても良い・素晴らしい」を「やばい」にしちゃって違和感を感じない連中が多いご時世ですよ?
 ただ口汚い言い様をしているだけなのに「ぶっちゃけ」って言っちゃうヤツもいたりするわけですよ?
  この「ぶっちゃけ」は――元々は「打ち明け(ると)」が短縮され、そこに語感・意味を強める用にも使える擬態語の「ぶっ」が頭に付いたものですよ。
  「飛ぶ」が「すっ飛ぶ」→「ぶっ飛ぶ・ぶっ飛び」に変化したのと同じようなもんです。


 まぁね。
 私自身あんまり戸田奈津子女史のことは好きではないけど……でも、理解し得るものを「理解できない」とは言えませんから。
 「東京弁・江戸弁・方言を字幕に使うな!」ならば賛同できるし、賛同するけれど。
 でも一部を除き「日本語の常識を外れた、独自の言い回し」ではないので、その意見には賛同しかねます

 追記終了。



 だけど。
 端緒こそ同一とはいっても話は違うけどさ……そういう東京弁なんかが通じない人は、やっぱり、古い江戸弁が山ほど出てくる江戸落語とか時代劇なんかも解らないのかな? それとも落語や時代劇なんかでの江戸弁とかは解るんだろうか……?

 単純に疑問。

 

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2010/04/23(金) 23:04:21|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<意外と何とかなるもんだね… | ホーム | りるがみん・さーが&にゅーえいじ・おぶ・りるがみん>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/625-16f7920e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する