FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

[Wizardry 首をはねた 英文]

 
 無論のこと何を言いたいのかは解るけれど。そういう検索クエリが残ってたのよ。

 んー。
 英語表示モードで遊んでみりゃ判るんでないの?

 さすがに自分のパーティの誰かの首をはねさせるってのはアレだけど、相応のレベルの Ninja がいれば、そいつを浅い階ででも戦わせていれば Critical-Hit の1回や2回くらい大した時間は要さずに出ると思いますよ。

  気になったものの今イチ思い出せず、ちょいと試してみたら…… The Slime is decapitated! ――だってさ。
  ほら。たった Lv.15 の Ninja w/SHURIKENS でも、ものの数分で出したよ。


  ……あ。これ……記事にして(公開してい)るかは思い出せない(≒確かめる気は無い)けど、ちびっこパーティだ。
  全員14歳以下で、この Ninja は 12 years old. とか、最も若いのが E-BIS の10歳。
  あと、改造 Amulet of Jewels とかも装備してるけど、それはクリティカル・ヒットには関係ないはず。
  変なフラグは立てて無いしっつーかクリティカル・ヒット・フラグが立ってる GARB of LORDS を装備してたって首チョンパは出ないからね。

  そういや、このパーティは異常だったなぁ……。
  Lv.11~13 の頃に試しに B10 に降りたら楽な護衛しか出て来ないってのを全部屋で繰り返し、WERDNA 事務所すら本当に無傷でクリアしたっけ。
  WERDNA / Vampire lord / Vampire *1 くらいしか出てこないで。

  その道中で、SHURIKENS / MURAMASA BLADE! / RING of HEALING――なんぞを拾得したのには最早驚くまい。

 

 
 あー、あと……前にも書いたかも知らんけど。

 PC-88/PC-98 版の場合、Lv.7 P-Spell[ KADORTO ]ってさ?
 あれ、死んでるヤツには効かなくない?

 だってねぇ……Lv.50 over の Priest や Bishop が Vitarity=18 の死人に唱えてなお、成功率が 0% なんだけど。
 ほいで必ず灰になって、そこで成功(とか)。
 無論[ DI ]なら、およそファンブルが出たかのような確率以外は成功して蘇生できてる。

――以上を勘案していくと[ KADORTO ]は Ashed の者にしか効かないんじゃ? とゆー推論に至る。
 Dead には[ DI ]を用いるべき?

 なーんか。
 こういう辺りが、死人が出たら Temple of CANT に任せるっつー人が(やけに)多いことの背景にあるような気が。



 あと。
 これまた思いつきで1パーティ作成してみた。
 とりあえずボーナス・ポイントは2桁に乗ってればよし。

 んで。
 年齢、クラス……などだけ書き換え。
 年齢はそのキャラクタに見合ったもの(14~27)に。
 クラスは……いえね? 全員 Neutral のキャラクタにしたんで、そのままだと殆どパーティとして機能しないから。
 もちろん所持金なんかは弄ってません。お陰で6人で 850G.P. ほどしか持ってないよ。

 あとは……うーん……Chain mail 類は BISHOP も装備可能にして、あと一部アイテムのスペシャル・パワーを消去して、ついでに破損確率も下げとこうかな? それと一部の拾得する以外には入手できないアイテムの値段も下げておくかぁ。
 あー、#2 の SHURIKENS なんかは少しだけ強化しとくかね。LONG SWORD +5 に(ダメージで)負けちゃうのはアレだし。
 それ以外には何かあったっけ?
  なんか前にも似たようなことを考えて一通り変更済みの Master disk でも作っとこうって思ったものの、やってなかったような……。

 アイテム類は(下手に)強化しちゃうとツマラナクなるだけだからなぁ……その能力を別の能力や威力に振り分ける程度なら、まだいざ知らず。
  故に――まぁ使いやしないけど――Special power を消去して、その分(?)を別の何かに振り分けるくらいなら。
  あるいは、やたらと出にくい類の、固有名詞を持つ Cursed-item くらいなら、解呪(?)して使えるレベルのものに仕立て上げるのも面白いけど。
  これがアイテム名称を自在に変更できるように(でも)なれば、また話も変わってくる(んだろう)けれど……どうにもアイテム名の表示は解明できてないんだよねぇ。
  たぶん「グラフィックとして」表示してるんだろうと思うんだけどね。
  文字単位なのか、あるいは名称単位なのかは知らんけどさ? まぁ白黒2値なら(圧縮を掛けりゃ特に)大してデータ量も嵩まないし。

 キャラクタ・データの書き換えも同様で、上述のような――普通なら成し得ないようなキャラクタ/データだとか、あるいは作るのに異様に(変な)手間が掛かるのを一足飛びに達成するのはともかく、単純にデータ・属性値を強化する、みたいなのは、これもまた同様にツマラナクなるだけ。

 そりゃーデータ変更のテストとしては、書き換えた際の影響(の幅)を見るって意味も手伝って矢鱈と強化したアイテム改竄だとか属性値の強化も行なったけど、あれを常用するのは面白くない――と思う。

 それに。
 弄るんなら、モンスターデータの方も併せて弄らないとね。
 何回殴っても死にゃしない上に、やけに大量に出現する BLOB とかね――(にやり)。
  あれに、更に仲間なんて呼ばせた日には……ホントに、逃げるか MAHAMAN でも使うしかなくなります。
  あるいは全員で、無効化も覚悟の上で TILTOWAIT / MALIKTO を大合唱し続けるとか。KOD'S Gauntlets があっても気休めにしかなりませんよ。




 そういえば……確か #4 と #5 の解析は、まだしてなかったような……。
 #5 も面白いは面白いんだけれど、罠の剣呑さがねぇ。
 属性値を下げられるくらいはいいけど、Astral cube / Electric bolt / Magnetics なんかは割と洒落にならないからねぇ。

 つーか Llylgamyn saga 辺りなんて弄るの簡単じゃないかなぁ。
 ただアレはね……あまりの操作性と UI の悪さに閉口して、かつ Millennium(MGA-2064W)での異常な重さに嫌気が差して遊ばなくなっちゃったんだけど、さすがにイマドキの PC なら快適に遊べるよね、きっと。
 操作性は変わらんけど、処理速度が上がればモタツキとかが無くなる分は快適になるし。

 と思ったら。
 とりあえず5分ほども要して、それっぽい部分は見つけ出せたけど……うーん……どういうデータ配置になってるやら微妙だね、こりゃ。

 ……あっ。

 結論としては、えーらい簡単ってほどまで言うのはアレかも知らんけど、そんなに難しくはないや。
 おおむね旧データと似たような配置っぽいけど、必ずしも2/4バイトとかじゃなく1バイトしか占有してないデータ部分が混在してるだけか。
 1アイテムに付き30~31バイト分ほど割り当てられてるみたい。

 種類:(性格?):装備クラス:特殊防御:(不詳)*2:S.P.:(不詳):A.C.:STR+:AT:(不詳):定価(4バイト):何回:ダイス面数:加算値……(以下不詳)
――こんな感じかな。
 なんか微妙に違う(合致しない)ものもあるけど、これ以上は追及する気なし。
 武器と鎧でデータ構成の一部に違いがあるのかな……?

 ちょいちょい怪しい(部分も残ってる)けれど、おおむね判明したからよし。
 そりゃーちょっとも気にならないって言ったらウソになるけどね。
 だけれども、これもアイテム名を変更するのは容易ではなさそうだから、どうでもいいや。
  これで、もしアイテム名が相応程度の手間で変更できそうなら、もっと気合を入れて解析するところだけど……できないんなら、わざわざ手間隙を掛けるのもね。
  普通に、国産 PC 版・PC-98 版で遊ぶし。どーせ Llylgamyn saga は、やんないから。

  それなら、こういう風に記事の一部になる程度の、所要時間30分ほどの、片手間の解析だけで十二分。

 なお。
 キャラクタ・データに関しては……ちょろっと見たけど、なんか妙なデータだったなぁ。
 あとで、もう少し見てみようかな。
 見当が付かない状態に限っては、それは悔しいから。

 因みに。
 Wizardry ~New age of Llylgamyn. の方は……セーブデータを(試しに安直に)弄ったらエラー吐かれた。(:D)
 んー、どこ弄ったっけ?
 あーそうだ、キャラクタの属性値だ。
 どっかにチェックサムでもあるんだろうね。

 そーゆー改竄防止機能って、ごくごく安易/簡易なものでも、一つあるのと無いのでは大違いだからねぇ。
  ただ……所持アイテムとか何とかまでチェック掛けてるかなぁ、どうかなぁ。
  ダメだー、所持品なんかも掛かってる。
  一つ、それっぽい箇所は見つけて弄ってみたんだけれど、算出方法を間違えてるのか他にもあるのかは知らんけど、ダメだった。

  New age ~ の #5 は色々とアイテムが拡充されていたり、それに伴ないアイテムテーブルなんかも変更されてるっぽいし、ちょいと遊んでみるのも面白そうかなぁ、とは思うけど。
  ちょいと微妙。#4 のアレンジ版が目当てだし。

  今以ってなお遊んで無いけど。

  しっかしホント。
  アイテム名が弄れればねぇ……変なアイテムをいっぱい作って遊ぶんだけどなぁ。



 ついでに。

 あららー。
 Llylgamyn saga も New age of Llylgamyn も……ついでに Wizardry collection も、エディタを持ってたよ。やれやれ。
 だけど。

 Wizardry collection のは自動メモリエディタ……(私にとっては)意味なし。
 Llylgamyn saga のは……キャラクタのデータエディタだけど、属性値とかしか弄れない。
 New age のは……これまた半自動タイプのメモリエディタ……。

 どれもこれも(略)。
 キャラクタ・エディタなら、種族・性格・年齢なんかも弄れるようにしといてくれりゃいいのに。
  それなら、まだ使いようもあるんだけどな……。

  まぁ、Wizardry collection に関しては、自分で好き勝手できるから関係無いって言ったらそれまでだけどさ。
  でも Wizardry collection のなんて、わざわざメモリエディタになんてせんでも、FD イメージを食わせて変更するとかって形にはできなかったのかなぁ。
  FD イメージは CD-ROM 供給で固定なんだから、アドレスのズレとか何とかは考慮する必要無いし。

  そういうのがあれば、いちいち自分でバイナリエディタとメモを引っ張り出してきて弄らなくても済んで、楽でいいのに。
  読み込んだ現状でのデータを表示させながら、その、どの項目をどういう値に変更するか、みたいな。



 あと。
 ……ん?

#5 ~ Heart of the Maelstrom の。
> (ちなみに音楽もPC-8801/9801版では羽田健太郎作曲だが、FM-TOWNS版は田中公平作曲となっている)
――Wikipedia [ウィザードリィ・シリーズ一覧]の記事より。

 PC-88/PC-98 版に BGM なんて付いてないはずだけど……?
 PC-88 で #5 は遊んでないけど。
 PC-98 の方は、26k 互換音源を増設した RX21 と、26k 相当音源付きの ES2 と、また 86 相当音源付きの As(初代) で #5 を遊んだことがあるけれど、Beep による効果音(?)以外には何も鳴ってなかったよ??
 それに取説なんかにも BGM とか何とかなんて記載はなかった(と思う)。

 それに――まさかの MIDI 専用ってのを除けば 26k(と 86)では鳴らないサウンド機能なんてものが存在するはず無いし……118 とか 73 音源専用ってのは時代考証が合わない。

 これはどういうことなんだろう。
 なんか別の機種版と勘違いしているのやら、あるいは搭載が見送られた、いわばボツ情報か何かを実装されたものと勘違いしているのか……ってところなんだろうけど。
 それとも、そういう誤記載をしている何か(書籍とか CD とか)があるのかも知れないけどね。



 あと。

 ついでに(?) Wizardry clone にも手を出してみた。大してどころか全くと言っていいほど遊べてないけどね。時間が無くて。
 3D-RPG Construction set――ってアレです。

 しかし。
 システム構築の段階で停滞中 (:P)。
 基礎データ群の移植だけでも、なかなかに手間。誰かソレなアレを移植済みシナリオ・データ(とか)を公開してないかなぁ。

 

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/03/09(火) 03:09:21|
  2. Entering Wizardries!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世は悉く事も無し(4) | ホーム | 殿様各位御中>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/616-29e1acf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する