FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

ちぇっ。さすがに専門家には敵わないや。

 
 色々と 飼料を漁りつつ 資料をあさりつつ、こねくり回し始めたところで。
 まぁ実にタイムリーかつ的確すぎる記事を見つけた

 「NECがスパコンでIntelを選んだ理由」~Impress PC Watch 内[元麻布春男の週刊PCホットライン]

――まぁその具体的な内容(≒主張)に関しては、興味があるなら、上記の記事を読んでもらうとして。

 要するに。
 自分が書こうと思ったものと、およそ同等の趣旨で、かつ想定しうる自分のものよりも出来が良いものを見つけたってこと。

 以前「ラジオスターの悲劇の和訳」の記事の時なんかにも書いたけど。
 もし自分が提示しようと思うものと同等の趣旨・内容で、それで自分に作りうるものと同等程度かそれ以上のもの。あるいは納得できるものが既にどこかにあるならば、それを紹介すれば済むだけのこと。
 自分なりの賛辞や意見でも添えて。
 わざわざ自分が行なって既存のものよりも程度が低いか、自分が納得できない/しにくいものを公開したって、そんなのは実に無駄。その意義なんて殆ど、いや全くと言っていいほど無いから。
 そんなら、その分のリソースを別のものに振り分けた方がいいから。

 まぁ、あの和訳に関しては、その条件・用件を満たすものを見つけられなかったから――まぁ今も、あの訳文には個人的には割と不満も残ってるっぽい感じですけどね――だからこそ、色々とこねくり回して公開した次第なのです。
 たぶん今も、相応に、本当の意味での意訳になってるものは無いんじゃないかな?


 それでさ? 件の京速コンピュータとやら。
 仮に異論が合ってるとしても、今さら騒いだところで……もう、そういう分野において最先端からは引き離されてるよ。たぶん。
 もう下手すりゃ追い付けないんじゃないかってくらいに。

 「日本の科学技術の将来を危惧する」 ってのは(全くの)間違いだとは思わないけど……。
 でも私は、ピントがズレてると思う。
 何らかの偶像的象徴、またはパフォーマンス・クラウンの称号が欲しいという目的なら、間違いじゃないと思うけどね。

 そもそも。
 まさかスーパーコンピュータを始めに先端・先進技術の開発を国家権限で規制・禁止するわけじゃないんだから。
 ただ経済状態が逼迫しているから(税金による)支援・牽引は……ってことでしょ? ねぇ?


 ま、多くの人は、今では「コンピュータ」っつーと大層ありがたい至高の魔法だと考えやすいみたいだけど。
 でも、こんなもんは、ただの道具ですよ? ちょいと、シチ面倒臭い類の。
 夢を叶えてくれる魔法の道具なんかじゃありません。
 そういうものはドラえもん辺りにでも任せておけばいいんです。
 ※ この場合の面倒臭いってのは。
  既存の、それまでの道具類と比べると、コンピュータの出自が、あくまで専門家・技術者向けの処理機器であるって点に尽きます。
  現在の PC も数十年前のコンピュータ/マイコンも、その基本設計も概念も、全くと言っていいほど同じです。
  ただ各デバイス(≒パーツ)が桁違いに高性能化しているだけで。
  それでも OS という大概の人でもそれなりに扱えるよう設えられたフロントエンドで覆われているから、ちょいちょい気軽に扱えるわけです。


 勉強して、経験を積んで、相応以上の資金を投入すれば……そりゃー便利ですけどね。ウチだって結局のところ趣味や実益にまつわるものを随分と PC ベース(の環境)に移行させつつありますから。
 だけれども。
 こんなの、絵筆や彫刻刀、あるいはソロバンや紙とクリップ……なんてのと殆ど同じ。
 ただ汎用の情報処理機器であると言う、その多目的に使えるところとか、あるいは半自動で延々と黙々と作業をこなしてくれるとか、そういう総合的な観点において優れているということ。
 間違っても、絵筆をソロバンの代わりには使えない。
 でもコンピュータは1台で絵筆(色鉛筆でもいいけど)にもなれば、ソロバンにもなる上に、紙とクリップの代わりにもなる。また楽器やラジオ、ビデオやテープレコーダとしても使える。ついでにゲーム機にもなる。

 そうは言ってもね?
 あくまで主役は「目的」――その目的を達成するための手段の中で用いるべき道具群のうち、割と(私にとって)便利なものがコンピュータだったってだけの話。
 しかも中には、紙と鉛筆(=旧態依然とした、と思われがちな道具群)の方が実は桁違いに便利……なーんてことも多々。

 手段と目的を取り違え・履き違えてたり、あるいは混同する――なんてのは、みっともないと思うわけです、私は。


 一応、改めて書いておくなれば。
 世界最高の性能を持つスーパーコンピュータにしか成せないことってのは、偶像的役割以外には何もありません。
 そもそも最高性能といったところで、一定水準以上のプロセッサとそれを支える足回り、それを如何に大量に集めて1台にまとめ上げるかと言うことであって、まさか――クロック当たり/最大クロックを含め――1チップ・1コアで最高性能のプロセッサを開発するとか、従来のものとは根本的に全く機能や動作の異なるコンピュータを開発するって ことじゃない んだから
  もちろん、その、多数のプロセッサを上手いこと束ねて効率的に動作させるってことにも、とても高度な技術は必要ですけどもね。
  でも、その基礎・基本は、とうの昔に完成しています。
  あとはそれを如何に現物に合わせて調整・工夫するか、仕上げていくか、というところなんですよ。

 世界で1位のものと(仮に)同50位のものとを比べて、その明確な違いといえば、その単位時間当たりの処理能力だけです。
 その「出来ること」には全く違いがありません。早いか、それよりは遅いか、それだけ。
 結局は大量の SPARK 系プロセッサを集約することなんだし。

 これまた改めて書いておきますが。
 スーパーコンピュータの開発――と言うのは、ほぼ「製作」です。
 既存の部品を如何に大量に、如何に効率よく、そして何より誤動作しないように壊れないように纏め上げるか――と言うことです。
 プロセッサのアーキテクトが行なうような、半導体製品の設計・開発とは全くと言っていいほど違うんです。

 その区別や把握ができてないで、技術の軽視だとか何とかは……違うんじゃありません?


 だから。
「第1位でなくてはならないんですか? 第2位(あるいはそれ以下)ではダメなんですか?」
――という発言は至極妥当で、むしろノーベル科学賞を受けた科学者よりもコンピュータの技術面と状況とを理解しているように私の目には映ります
 演算速度が違うだけで、行なえること自体には変わりは無いんだから。
 つーかね?
 殊これが機能面っつーことで言ったら……ハードウェアの機能面で言ったら、そこらの家電店でも売ってる多機能さを謳う地デジ対応パソコンの方が、スーパーコンピュータよりも遥かに多機能・高機能だと思いますよ?
 演算性能や I/O 性能はスーパーコンピュータの方が比べるまでもないほど上だけど。
  もしも、それでも速度を稼ぎたいなら。
  スーパーコンピュータって、複数台を束ねて使うことってできなかったっけ??

 [補足]
  まぁ、そりゃ確かに第1位を目指す気でいなければ、第2位どころか程ほどの位置すら全く狙えないってのはその通りだけど……。
  だけど、資金の投入に係る費用対効果と、その資金の投入先と、その想定される効果・成果とを区別し得ない状態で語るのは如何なモノかと。
  言い様≒態度(?)は確かに考え物だけど、これのみに関しては仕分け人の主張の趣旨は理解できるし、間違ってるとも思えない。 [/補足]


――例えば。
 現時点で世界・第1位のスーパーコンピュータ――Cray Jaguar って、あれ AMD Opteron (Istanbul) を使ってるんですよね。
 うん。
 コア・アーキテクチャで言えば、ウチのサーバと完全に同じ。K10(K10.5) だもん。
 ただしウチのサーバは2コアですが、Jaguar は実に 224,000 を超えるコアを擁してますけどね。

 厳密に言えば、1チップ当たりのコア数、L3-Cache の有無、あとは HT-Assist 機能の有無が異なるけど――全く同じ(コアの)プロセッサを使っているのに、できること・行なえることに根本的な違いなんてあると思います?
 無いですよ。
  そもそも、あらゆるプロセッサは、突き詰めれば数値の演算しかできませんけどね。

 故に。
 まぁそれを支えるネットワークの管理とその分散・集約とをこなすソフトウェア(≒システム/OS)は必要だけど。
 今、私たちが使っているような PC を何千台か何万台か集めても、世界有数のスーパーコンピュータと全く同じことができる上に、同等の処理能力も実現できます。
 理論上はね。
 何故なら、そういう使い方を実現するソフトウェア、あるいは OS が存在しないから、理論上と言わざるを得ないだけ。


 技術や人材に、将来を見据えた投資を行なうこと自体には、私も賛成します
 ですが。
 では、このスーパーコンピュータ開発がそれに当たるかと問われれば。
 全く違う・欠片も当てはまらないとは言えないものの――ちょいと的外れだ(かすってはいるけど)と主張します

  それと。
  これは単純には言い難い/比較できない面が多いから、ここまで触れずに置いたんだけど。
  しかも使い方=組むことのできるシステムも色々と違うから、更に小さい文字だけど。
  富士通が開発した、その件のスーパーコンピュータにも採用されるはずの SPARK64 VIII fx プロセッサは過日、世界最高性能を実現するって報道されてるけど。
  それも間違いじゃないんだけれど。
  その性能は、1チップの浮動小数点演算で約128GFLOPSほど。
  一方。
  もう旧世代製品になってしまった Radeon HD4870 の浮動小数点演算性能は約1200GFLOPSほど。
  しかも中国製の世界・第5位のスーパーコンピュータ「天河一号」には、正に Radeon HD4870 が積まれていて併用されてるんですよ。

  それと。
  SPARK のライセンサーは米国 Sun Microsystems で、当然、富士通はそのライセンスに基づき開発・生産をしてるライセンシーなのですよ。

  無論のこと、かつての日本も外国の様々な製品やら何やらを元に研究して、改良・発展・高品質化、また高機能化・多機能化、集約・複合化などという形で技術=経験値を貯めて、それが引いては現在の日本を形作った要因の大きな一つになったのは確かだろうし、また異を唱える人も居ないと思うんだけど……。



 と。
 当時は最先端・最高水準だった国産プロセッサ・ZF-16 を今でも所有しているうちの一人として言ってみる。
 ……たぶん、まだ動態保存(?)できてると思うよ。
  まぁ、その名の通り、24bit/32bit を扱えなかったって点においてはアレだったけど……でも8bitは十二分に良かったよ。
  その採用製品の、あの カチッ/パチッ とゆー音が印象的。
  最初は何が起こったのかと少々驚いた感じだったけど。

 

 

[追記]
 ああ、それと。
 確かに現状でのスーパーコンピュータの製造元って、その大半が米国なのは確か。
 ドイツとかも無くは無いけどね。 つっても、その実製作は、また話が別。ドイツのだって作ったのは IBM だし。

 だけど。
 仮にスーパーコンピュータが(ほぼ)米国企業製のもののみになったとして。

 ……そうなっちゃうと急にボッタクリを始めるから危険だってんなら。
 それなら何故に(遥かに単価は小額とは言え) PC 向けの x86 プロセッサは、一応は台湾系とも言える VIA のものもあるとは言え、その90%以上が米国企業の Intel&AMD 製のものなのに、ボッタクリが始まっていないのでしょう?
 ……全世界規模での一社独占にはなって無いからですよ。

 所属国家単位で論じるのは、ちょいと飛躍が過ぎる&抜けが多すぎるかと。
 現在の世界経済って、そこまで安直・単純にはできていません。



[追記] 20091129
 つーか‥‥まさか、とは思ったけれど。
 長崎大学などの研究チームが、国内最速のスーパーコンピュータを開発するとは。
 しかも。
 上で小さく書いたのを更に発展させたかのような、GPU を大量に(380基)積んだもので、しかも製作費がたった3,800万円‥‥。

 ついでに。
 石原知事、蓮舫氏発言を「白痴的」とメッタ斬り
――お前さんの方こそ、全く知りもしないんだろうに何を寝ないで寝言を言ってるんだか。

> スーパーコンピューターに2位はない! 1位しかない!
――まぁ、この選挙前と選挙後で全く態度が変わった人に限った話でもないですがね?
 まずは、そもそも否定するのであれば、それが、どのような根拠にどのように当てはまり、どこがどういう風に違っているのかってのを明示しましょう。
 できるものなら。できないなら行なえないでしょうけどね。
 それに。
 こういう、ただ「間違っている」と否定だけするのは、何も知らなくともできる批判・否定の方法なんですよ?
 加えて、よほど多数の条件で複合的に限定しない限り、相手の反省や成長を促すための方法にもなりません。
 ただ相手を罵倒したいと言うだけの浅薄なやり口です。

 私も、この Blog では散々色んなことを言ってきていますが、例外的な数件を除けば、こういう類のやり方だけはしないように重々配意していますよ? その薄ら馬鹿さ加減くらいは、いくら私でも理解できていますから。

 それに、このオモシロ知事と同様の意見を言ってる人は、誰一人としてスーパーコンピュータの開発と言うのがどういう種類の作業なのか、また第1位であることの意義や可能となること、と言う点に触れていませんでしたね。
 少なくとも私が見た十数人に関しては。
 加えて、その全員が、まるで判で捺したかのように「国家の本当の原動力を阻害したらこの国はもたない」ってのと同じ類の意見だったのも面白いですね。

 国家の原動力となってきたもの、あるいは今後そうなるであろうもの、そのどちらにも余り当てはまりませんよ? スーパーコンピュータの製作って。



 ちょいと以下は、期せずして不遜な言い方になる面がありますが。
 しかも飽くまで自分用の余談でもありますが。

 分野の違いや細部などでの些細な相違などはともかくとして――私が「ああ、この人は凄いな」とか「間違いなく理解できている人だ」と思っている人で、この件に触れている全員が、多少の趣旨の違いはあれ、当初の仕分け内容に肯定的だったのは(略)。
 無論のこと。
 「ハードウェア/システムには明るくないな」とか「理解できてるわけではないんだ」とか「ナニ見当外れなことを言ってるんだ」――って類の人は、やはり一様に仕分け内容に否定的。
 実に明暗くっきり
 つーか。むしろ、この今回の一件がジャーナリストや評論家なども含めて、ハードウェア側から見たコンピュータというものに関しての理解度を示す「仕分け」に使えたな‥‥と、ほくそえんでいる今日この頃ではあります。
 ええ。
 何人かのジャーナリスト・評論家に関して、ちょいとした溜息を漏らしましたとも。


 しかし。
 私は、これでも民主党の支持者なんかでは無いんですがねぇ‥‥。
 さすがに自民党(とか?)に比べれば、そりゃー(今のところは)比べるまでもなくマシだとは思いますが、それでも(必ずしも)支持はしていません。

 ただ、この今回の件に関しては、上述のような理由・根拠により、この判断は極めて妥当なものであると考えます。
 それだけ。

 

テーマ:自己満足なんだっ!! - ジャンル:ブログ

  1. 2009/11/25(水) 23:23:23|
  2. 見方・考え方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<勇者の名前。 | ホーム | これは外来語。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/567-201a720f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する