FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

どれほど

 
 不潔な環境なのか、あるいは著しく酷い扱いをしているんだろうね。
 油脂類に属する食品にカビを生やしちゃう人って。

 いえね?
 こういうことを言っている人がいるですよ。

 「――◎◎ はカビすら生えないから食品としては危険(であることの証明になる事案の一つ)だ!」
 みたいな。
 んで、その ◎◎ は油脂類に属する食品なんですけどね。

 ウチも別に、そう凄く丁寧かつ(極めて)衛生的な食品管理なんてしてませんけどね?
 普通ですよ、ふつー。
 でも、マーガリンにもバターにもサラダ油にもゴマ油にもオリーブ油にも、カビが生えたことは一度もナイデスヨ?

 でも。
 カビが生えないような油は危険だ、と主張するということは、すなわち――そこの家では、油類にカビが生えることが特に珍しくない――ってことでなければ、おかしいよね?
 他の油にもカビなんて生えないのに、ある特定のものだけ「カビが生えない油は変だ!」――なーんて言ってたら、そりゃー頭がおかしいか著しく阿呆って話ですよね?
 故に、そこの家では、油類にカビが生えるのはよくあることであるはずなんです。
  つーかねぇ……油にカビは基本的に生えないものだと思うんですけどねぇ。
  もしも生えるとしたら――他の食品のカスや虫の死骸などが、その油脂類食品のところに紛れ込んだり付着していて、そこにカビが生える/やや広がるってのが、ほぼ唯一の例じゃないかな?



――まぁすぐにでも探し出せるし、そこにトラックバックでも打ち込んでやろうかな。

 もし仮に、そうしたら……その人は一体どういう反応を示すだろう?
 もしも億が一にも訂正を伴って、その記事を引っ込めるようなことでもあれば、さすがにこっちも平伏するけれど。
 でも、ああいう人は、そういう真似は絶対に(と言っていいほど)しないもんだよなぁ。
 経験則では。
 「お前(=私)が間違っている! お前が馬鹿なのだ!」――みたいなコトを言い散らすのが関の山。
 よくて無視。

 
 

 あぁ、そうそう。ついでに。

 いわゆるトランス脂肪酸。
 まー確かに、人間にとって必須栄養素などではないですから、わざわざ摂取する必要なんざ無いんですけどね。
 でも。
 あれが人間の身体にとって有害となるのは、一定以上の量を継続的に摂取した場合ですよ?
 その問題ない範囲を超えない程度であるなら(特異)体質的に弱い人でもない限り、別に有害な影響なんざありません。

 必須か非必須かって違いはありますが、塩と同じようなもんだと思っても大して差し支えはありません。
 塩分だって摂り過ぎれば色々と身体・健康に悪影響を及ぼしますが、だからと言って塩分を摂取しなければ脱水症状を起こしてぶっ倒れますし、それが更に過ぎれば下手すると死にます


 そうそう。これまた、ついでに。

 油脂類っつーか動物性のものについて。
 これまた、よく「動物性の食品は控えましょう ⇒ 身体にとって悪いものだ!」とか、実に非科学的な寝言を抜かすオモシロな人がいますけれど。
  無論のこと現在の科学全般も全能でも完璧でもありませんけどね?
  ですが、割と寝言を抜かす類の人って……自分の主張にとって都合の良い部分に限って。
 「科学的に実証されている」とか「科学的データに裏付けられている」とか言うことが多いんで、あえて使ってみました。(:p)


 では何故に「控えるようにしましょう」と言われる事案が多いのか?
 これも、ごく簡単な話。

 人間を始めに殆どの動物は、高効率で高熱量のモノを美味しいと感じるようになっているため。
  ちょいと語弊はありますけど、まぁ、こう言ってしまっても構わないでしょう。きっと。

 これまた簡単・単純な話で。
 生命の維持には当然ながら熱量が必要です。
 無論のこと継続的な生命維持となると多岐にわたる栄養が必要ですけれども、でも一時的な生命の保持って観点だけに限って見てみると、とりあえず、なんでもいいから熱量だけあれば何とかなります。

 聞いたことありません?
 山とか何とかで遭難した人が、救助されるまでの(割と長い)期間を、マヨネーズとかチョコとか、サラダ油とかだけでしのいで、それで生き延びて救助された――みたいな話。
 もちろん人間が、マヨネーズとかチョコとかサラダ油とかだけで生きていけるわけではありませんけれど、しかし生命の危機とでも言うような急場をしのぐのであれば、そういう単一の、高熱量な食品単体でも充分に何とかなるわけです。

 そんで翻ってみるに。
 そんなわけで、とりあえずの生存、みたいな場合に高熱量の食品ってのは実に有益であるわけで、また大昔なんてのは現在・現代よりも遥かに生命の危機というものは多かったわけで。
 事故とか戦争(に類するもの)とかだけでなく、食料の確保とかって面でもね。
 そんなこんなで、およそ本能的に動物ってのは、高熱量の食品を嗜好する≒美味しいと感じ、より摂取しようとするようにできちゃっているわけです。

 そういう前提を念頭に置いといてもらいつつ。

 これまた植物性のものよりも、やはり動物性のものの方が、熱量のみならず各種の栄養なども含めて摂取・確保には都合が良いのですね。大概において高熱量ですから。
 故に、これまた人間は、どちらかと言えば、動物性のものを(無意識のうちにも)より多く摂取しようとしてしまいがちな傾向があったりするわけです。

 ですが性質として、かなり雑食性が強い人間という動物は、生命の継続的かつ良好な維持と言う観点では、様々な食品をまんべんなく摂取する方が好ましい(ことが多い)わけなんですが、しかし本能的には、どうしても動物性のものを多く摂取しがちになりやすい。
 その本能は現代の人間も当然ながら備えていますからね。
 故に「健康に配意するなら動物性のものを意識して控えめにするようにしましょう」――となるわけです。

 それを「動物性のものは身体や健康にとって有害だ!」なーんて主張に摩り替えるのは、正しく愚の骨頂。
 指をさして爆笑したっていいくらいの大馬鹿さ加減。


 そういう話。

 

テーマ:健康的な生活で楽しい人生を! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2009/10/11(日) 12:13:14|
  2. 雑多な生活上のあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<七転八倒九重佑三子 | ホーム | なんて有様だい。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/539-cb04ccec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する