FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

銀河鉄道999の謎…

 
――の一つが解けたのかも知れない。

 以前にも書いた「なんでメーテルは鉄郎に停車駅・惑星個々での重大な注意事項を知らせないのか?」ってこと。
 まぁ、あの鉄郎の性格では、前以って言っても無駄って気もするけどね。

 ただ。
 作者が最初から一貫して、あれこれ想定して創作を続けていたとは考えにくいけど――ということは理解してますので念のため。
  因みに、これは別に、けなしても褒めてもいませんから、更に念のため。

 

 

 ただその前に。

客「もしかして……この人(クレア)って、萌え用キャラ?
私「なんつーか、すさまじい目の付け方するね、時折。今風に言えば、そうかも知れないけど」

客「……メタルメナ(劇場版の方)って、ツンデレ?
「黙れ、半腐れ」

 なんて前座噺。


 要するにですね。
客「――結局さ? メーテルが鉄郎を連れてったのって、機械帝国をやっつけるためなんだよね?」
私「たぶん。表向きは母である女王・プロメシュームの命令で、強固な建材になるであろう人間を連れて行ってたわけだけど、その裏では、いつか逆に機械化帝国の獅子身中の虫になるであろう同志を選んで連れて行ってたって感じ、かな? まぁ鉄郎が、こういう事態を引き起こすとまで予見していたかは知らんけどね」

客「――だったら。前に Blog に書いてた、なんで、最後には助けるけど(なって当然のように)危険な目に遭わせるのかってこと……その訓練のためなんじゃない? そーゆー危機を乗り越え(させ)て、一人前の戦士にするとか」
私「……お?」
客「う?」
私「……おおぉーぅ!」
客「あのさ、驚いてるのは判るけど……(感心してるのと呆れてるのと)どっち?」
私「いい方」
客「……おおぉーぅ!


 なるほど。いやー盲点だった。

 その強固な意思っつーか信念を試して・確認していたって面も含めて、それなら合点がいく。
 それに物語の途中、読者にも判る形で、わざわざ明示してないって条件もクリアできるね。
 時間を食べる試験をしていたと言うのも、これ以外にも明示していない試験・考査があった(ある)ってのを暗に示していたとも考えられなくはない=矛盾はしないし。

 と言うわけで――それが本当に(原作者の考えと)あっているかどうかはさておき――私は充分に納得できたので……この件について、これをして結論付けたいと思います。

 

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/10/11(日) 12:13:14|
  2. アニメとか何とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そりゃその通り、であるか否か。如何かな? (1) | ホーム | The earth fighter Rayieza.(2) ~ ガイド編>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/535-e76113c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する