FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

んー。

 
 突っつかれたくないから我慢してるってのが妥当かな。
 ねぇ?


 それはそれとして。
 誰かが考えた十二分だと考える取り引き条件が、その相手にとって満足・納得できるか、譲歩できる範疇かは全く別だよねぇ。
 いくつかの(該当し得る)事案が脳裏に浮かぶけれど。
 自分ではない相手の感情や条件・状況・基準を自分で決めて・定めて疑わない阿呆の発想は実に難解。
 言うなれば。
 「私がどう思う(判断する)かをお前が決めつけて掛かってくるな」――てな感じ。


 それはそれとして。
 顔が見えないとは言え、そっくりな人物もいるもんだね。ビックリだ。
 あんな脳みそが(違法薬物の後遺症で)ぶっ壊れてると判断する以外には考えられないのが複数いるなんて想像したくも無いけど。
  そうそう。
  なーんか、たまに一部の違法薬物は、後遺症や依存性などもなく全般として無害だと主張する人もいるけれど。
  市販の風邪薬でさえ副作用による重篤な後遺症が(一生)残ってしまうことがあるように、誰にでも安全とは限らないし、ましてや(特に短期間では)判別し難いものや、あるいは後遺症という範疇には入り難い類の影響が強く残るって部分まで含めて無いと言ってるのかなぁ。
 ――言ってないだろうね。たぶん。

  それに、そういう、一部の違法薬物は無害だ(から解禁すべき)って主張する人ってさ?
  もしかして、そういう人って該当しうる違法薬物を使ったことがあるか今も使っている人ってことは無いのかな?
  ほらー?
  愛煙家の中に嫌煙家はいないでしょ? そういう感じ。

  まぁ依存性や禁断症状が出る類のものなら、確実に後遺症あるいは悪影響が一過性ではなく出るものだ(と言って差し支えない)けど。
  その大小――客観的な視点で見て判り易い・判り難いか、またその自覚の有無もともかくね。

  念のため追記しときますけど。
  この違法薬物に関する部分は、後の記述と(ある意味で)対になるものとして、あえて挙げてある面もあるので悪しからず。

 あと。
 現時点で、可能性はあるもののまだ未定のものを既定の事実だと断言することが妥当だ(全く問題ない)と言う人もいれば。
  そういう断言(↑)は、嘘にも間違いにも該当しない、と理路整然と主張する、悪い意味で頭がおかし過ぎる人とかもね。

 世の中って広いなぁ。

  さすがにアレは、荒らしか釣りネタ(愉快犯)かって線が捨てられないけど。


  そういえば話は違うけど。
  かつて、如何にも自分が書きそうな文章を書く人物のWeb-siteに行き着いたこともあったっけねぇ。
  無論のこと、短文と言うか、たかが数行とかってものではなく、相応以上の長さがあるもの。
  自分が同じ題材で文章を書こうとしたら、多少はともかく、ほぼ同じようなものが出来上がると思った。ブックマークしなかったのが残念至極。



 それに、やや関連して思うこと。 前にも似たようなの書いたっけなぁ。

 例えばね?
 「学歴なんて全く何の役にも立たない」

――と言う趣旨の発言をした人物がいたとして。
 その人物が、なるほど人並みよりも大成していたり、あるいは何らかの功績や成果を残していたり。そういう人物だったら否応無く説得力があるものだけれど。
 でもその人物が特に何も無い平凡な人物、あるいはそれ未満だったりしたら。
 ただの悔し紛れの負け惜しみにしか聞こえませんよね?
  それに、これは「高かろうと低かろうと関係が無い」って意味であって「高いと好ましくない/悪い」って意味じゃアリマセンヨネ?

 別に学歴がどうとかってことが主題なのではなく、何事においても同じです。
 もちろん学べるものは学んでおいた方が絶対にいいです。例えそれが何の役に立ちそうも無いものだったとしてもね。
  つーか私自身、殊学歴なんて話で言えば、高いだなんて口が裂けても言えない感じだしさ。

 だけどねぇ。
 まぁ独学自体に正邪は無いんだけれど、意外と多くの人にとって独学ってのは諸刃の剣ですよ。
 その正当性や正確性、引いては客観性までも、無意識のうちに自分の知識や主観で判断しちゃいたくなるものだから。
 自分で問題を作って、自分で解答して、自分で採点すりゃー絶対に満点にしかなりませんよ
  こういう書き方・言い方をすれば、変だ、有り得ないと思う人は多い=ほとんど全員なんだけど。
  これがいざ実際の言動・何かの物事になると、何でだか、これと同じ構図になってるって自力じゃ気付かない人がいるんだよねぇ。

 

 

>実績を積んだ人間は、「(その実績を)簡単には無くせない」と軽率な行動を選択しないので、
>普通は安心度が高い。ただ地道に自分を押さえ、我慢し、耐えて、
>初めて一個の実績を手に入れるものだから、鍛えられてるだけとも言う。

>ネットや携帯で出会った人を観察して欲しい。
>他のサイトやブログを(殆ど/大して)読まずに、数分で簡単にバカにする(判断を下す)人は危ない。


 この一文に更に私なりに補足するなれば。
 どういう形であれ、既にきちんとした実績を残している人なら、そもそもその実績や(客観的に認められる)成果を出そうとする段階で、実績や成果の達成方法を知っているものです。
 知ってなきゃ、出せないんだしね。超マグレを除けば。
 そしてそこには絶対といっていいほど、慎重といえる丁寧な確認(や実践)の積み重ねがあるものなんです。
 そういう流れの経験や進め方・考え方が身についてもいないのに実績や結果だけは持ってるなんて有り得ませんよ。
  時には失敗や手抜きもあるにしてもね。


――これは私が愛読(?)している、某・オカルトサイト(UMAや自然科学が中心)の管理人さんが書いたものの抜粋。
 なお斜体部分が当然のように引用部分で ( ) 内は私が付けた補足です。


 さーて。
 こういう書き方(紹介の仕方)をすると。

>UMAサイト(の管理人と言う肩書)ではオカルトバカ管理人みたいに呼ばれ扱われる事が多い。

 ところがどっこい、実はこの人。
 複数の国家表彰を受け、また現在も医療従事者(+医学部講師)・学者として活躍されており、更には公安委員会の委員としても活動をされています。
 ええ。
 この人を馬鹿扱いすると、日本国中に(実績のある)賢い人なんて全くいなくなってしまうってくらいの勢いの人。
 その実績を否定しようとすると、国家どころか全世界の(殆どの)社会全体さえ同時に否定しないとならなくなりかねないくらいの人。
  まぁ最近は、忙しさやら何やらかにやらで、以前にも増して誤字脱字・些細な誤編集らしきものが増えちゃってますけどね。
  あ。あと、ら抜き言葉とか。
  でもまぁ、そんなのは――無い方がいいに決まってはいるけど――瑣末な問題ですよ。
  今の主題においてはね。


 でも現実には上記の引用のようなことも多々あるようで。
 しかも、そのサイトのプロフィールには、上記のようなことは(こっそりと、だけど)キチンと書いてあり、また他の運営しているサイト群どころか、そのオカルトサイトだけでもちゃんと見てみれば、普通の=恐ろしいほどの馬鹿ではない人なら、まず只者ではないってことくらい解りそうなものなんだけどね。
 でも現実には全く解らない人も多い

 確かにね?
 私が愛読していないオカルト系のサイトの中(の一部)には、オカルト好きの私でさえ頭を抱えるしかないようなモノもあります。
 それはただ精神・心理的な問題や疾患から逃れるためだったり、自分を特別だと思いたがる(ある意味での)選民意識が高じて、こじらせちゃってるだけでないの?――ってなものとかね。
 そいつの主張や提示する情報の中だけでさえ矛盾して(整合性が取れなかっ)たり、説明になってなかったり。
  つーか、こーゆーのはオカルトって言うよりも、スピリチュアルだとかメンタル云々ってカテゴリだと表現すべきなのかも。

 無論私は、変わり者という意味で特殊なタイプではありますけど、こうゆう類の特別だなんて思ったことはありません。

 それにオカルトではありませんけどね?
 私とて――まぁ基本的に再現可能な成果を出す気はあんまり無いんだけれど、でも――ただ毒を吐いてるばかりじゃ、できもしないことをできると主張してる虚飾に満ちた虚言癖な人物と(ろくすっぽ読みもしない人物に限って)思われかねないので、嫌々・渋々(ぉぃ)、一部のゲームデータの解析結果だったり、それを反映させたセーブデータだったり、あるいは作業や選定の基準に至った理由なんぞをちょいちょい提示しているわけですよ。
 これなら、ちゃんと読みさえすれば、そしてマトモに確認しさえすれば、私の言っている・主張していることの、一部であろうとも、相応の妥当性の担保にはなるでしょう?
 あるいは……私(=Alvz.0x)の考え方や判断力・洞察力などを推し量るための目安にもなるでしょうし。
  もちろん、その読み手が判断に必要な(中高生程度の)能力や知識に欠けてたら話になりませんが・・・・そうそう滅多にはおらんでしょう。
  少なくとも、そう信じたい。


 ねぇ?


 閑話休題。
 確かに、オカルト(?)サイト/Blog の中には時に、そういう たむたむたむたむ って床や机を叩くしかないようなのもあります。
 ですが。
 だからと言って似たような題材を扱ってる人の全てが、同様に (びよーん) って類の人物ばかりだと思ったら大間違いです。
  ええ、こんな私ですら「どうも、そう(いうのと同じようなことを)思われた(っぽい)な・・・・」って経験がありますとも。

  故に、一つ言えば。
  例えばオカルトとするなら、オカルトファンにとって最も厄介な類に入る者(≒敵)は、実は、同じ(!?)オカルトファンの中にいるんですよ。

  そして、これを進めて考えていくと――もっと重篤な、差別問題などにも同じことが言える(側面が多々ある)でしょう。
  ええ。
  これは、当事者ではなかったものの、比較的近い傍観者・関係者としての立場・経験からの実体験に基づいています。


 そういう、確認やら吟味やら何やらを全く/殆どせず、思い込みや自分の好みを(絶対の)基準に据えて、何かを語ったり判断したりする人の方こそ遥かに愚劣な人物であると思いませんかね?

 言うなれば、自分で問題を作って、自分で解答して、自分で採点して、俺には満点を取る実力があると思ってる人。
 しかも、自分で問題を作ったり、自分で設定したハードルの高さには意味・客観性が無いってことに気付いてない人。

 

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

  1. 2009/08/12(水) 12:08:09|
  2. 見方・考え方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おー、速い速い | ホーム | 暗記してた、今も>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/500-a1a3864e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する