FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

こんなことを思い出した

 
 これは、確か‥‥今から10年以上も前のこと。

 その当時にして、更に何年も遡る頃に放送していたラジオ番組がありまして。
 ほぼ毎週聴いていたのですが、どうにも番組名が思い出せない。
 確か、割と短命な番組だったはず。
 パーソナリティは憶えている。番組内容も傾向は憶えている。

 しかしどうにも思い出せない。

 今ならば、それこそ適当な(そして確実であろう)キーワードを検索クエリとして検索すれば、番組名くらいは労なくして知ることも容易いわけですが、まだ残念ながらそういう環境が(私の手許には)無かったので、調べることもできずに悶々としていたのですが‥‥。
 
 

 そこで私がやったこと。

 眠る前に自分に暗示(催眠術に近いかな?)を掛けて、目覚めた時に[それ]を思い出すようにすること。

 いや、本気でしたよ?

 まぁ結果から言えば、不完全にしか思い出せなかったのですけどね。

 その番組と言うのが、どうやら1992年頃に放送されていた「アミューズメントパーティ・ファーストアベニュー」という番組。
 なるほど。確かに、その前の「ラジオはアメリカン」等を聴いていたので、この番組を聴いていたのも頷ける――という妙な状況証拠。

 それはさておき、この番組名のうち[ファースト]の部分が不明瞭な状態でしか思い出せなかったと言う次第。
 「アミューズメントパーティ・(ほにゃらら)アベニュー」と言うような感じですね。

 そもそも人間の脳というのは、一度記憶したものは基本的に忘れないものなのだそうで。有名な話ですけどね。
 それを忘れてしまうのは、その情報が、偶然か作為かは問わず、取り出せなくなっているだけで、情報そのものは損なわれてはいないようです。
 普通に忘れてしまっているのは(多分)偶然。
 嫌なことを思い出さずに済むようかのごとくに忘れているのは作為。

 とは言え、人間の言動云々その他諸々に、本当の意味での偶然や矛盾、また非合理的なもの、と言うのは基本的に無いんですけどね。
 周囲や、それどころか本人(の顕在意識)すらも正確には連携や法則性を把握できていない、と言うだけのことで、たとえその法則性や条件が異常であろうとも何であろうとも、意外にも厳密な体系に則っていたりします。

 例えば――普通は、喉が渇けば、飲み物を飲むために、それを入手するための行動をとります。台所に行ったり、自動販売機を探したり、携行している水筒を取り出したり。

 ですが。
 喉が渇いたら「はしごに登る」――と言う人がいたら、まぁ異常ですよね?
 ですけども。
 ここで、その人が「あのはしごを登ると天から神様が現れて水をくれるのだ」と信じてしまっていたらどうでしょう?

 周囲からすると、明確に異常な、正気を疑われるしかない行動ですけれども、その当人からしてみたら、実に合理的な判断であり、また行動であると言えるでしょう。
 ――ま、それを一般には精神の異常と言うんですがね。

 ここまで顕著(≒異常)でなくとも、それとよく似た類のことは一般にも枚挙に暇はありませんけどね。


 閑話休題。

 ただ‥‥頻繁に扱う情報(=記憶)は、使うごとにそれぞれ複製が作られて、その「いずれか」にアクセスできれば、結果的に、近似的な複製とは言えど情報が取り出せる‥‥というような形でもある、と言う話を聞いたような気もしますが、少々うろ覚え。

 いずれにしても、完全に消え去っているのでないなら、改めて引きずり出すことが可能であるのも道理で。
 ただ、そのためには何らかの(有効な)切っ掛けが必要であろうことも想像には難くなく、また割と意識の深層にまで影響を及ぼしうる暗示などは、有効なはずなので――?

 そういうことでした。


 あと、ついでに。

 人の記憶のやり方と言うのは、意外と千差万別なもので。
 例えば、数値・数列の憶え方なんて言うのは、その特徴が顕著です。

 仮に 65536 というのを記憶する場合。

 シンプルに数値として。
 ろくまんごせん‥‥と数値の読みの音で。
 ろくごーごー‥‥と文字の音で。
 65536(あえて全角)という図形として。

 代表的なものだけでも、このような種類があるようです。

 因みに私の場合は、文字の音か、図形として記憶することが多いようです。6:4くらいの割合でしょうか。

 そして。
 このような自分の記憶のパターン(≒癖)を把握しておくと、記憶違いが起こった時にも、間違い方にも規則性があることが多いので、それを手がかりに元の正しい情報を復元することが可能となる場合もあります。
 図形タイプなら――6で間違いなら[ 8 ]かな? とかね。
 

テーマ:雑記 - ジャンル:その他

  1. 2007/06/02(土) 07:55:43|
  2. 見方・考え方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ついでに人間の言動における合理性の揺るぎなさ | ホーム | アルデンテに茹でたうどん>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/5-801bbf19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する