FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

たぶん、この5年くらい

 

 このところ割とニョロロっと(割と大人しく!)走る機会が多かったのだけれども。
 その時に感じたこと。

 この数年、長くとも5年程度ではあるけれど。表題のように。
 異常に遅かったり、ヘタクソと言うしかないような動き方をしたり――そういう車が妙に増えた。

 例えば。
 特に広くはないって程度の(地方道によくある感じの)片側1車線・上下合計2車線の道で、もちろん障害物や駐車車両なんかも何もないのに、路線バスや 2t トラックなどとすれ違うたびにブレーキ踏んで大幅に減速する車なんてさ?
 以前なら、こんな変で危険な馬鹿車がいたよ、と笑い話にできたんだけど。
 今だと、またかよ――と思うようになってる辺り。
 一体どんだけ遭遇する頻度が上がってるんだってゆー話ですよ、本当に。
  もちろん、それに準ずるような、道路を塞き止めて大名行列を作る車両も含めれば更に増えるけれども。

 つーかホント最近はトミに、高速道路・自動車専用道路でも異常=危険な走り方をする車両が増えたけどね。
 ETC・1,000円が始まって以降には更に。
 もうね、合流とかの加速車線で全くと言っていいほど加速しないなんてのは、むしろ可愛い方に入るくらい。

 そんで。
 もっとオカシイ(主に頭がってゆー)ヤツだと。
 深夜の 50km/h 制限の道路で 30~50km/h ほどで、縁石や対向車とは当たらない程度の蛇行もどきを繰り返した挙句、右折・左折専用レーンに入ったので横から(追い抜いて)直進レーンを進んだら、いつの間にか私の後ろにいてメチャメチャ追いかけてきた上に、散々煽られたという経験も何回かあります。
  あー頭がおかしいヤツか珍走あがりでも引き当てちゃったか、鬱陶しいなぁ――と思いつつも、ほぼ無視しましたけど。

 まぁ変な薬物でもやってたんでしょうかね?
 あるいは度を越した反社会的ワガママな人物か。あるいは両方か。


 もちろん、そんな速度制限(法定でも制限でも、を大幅に)オーバーして走れなどという趣旨ではありません

 だからと言って、自分の前の車両には引き離され、かつまた自分の車両の後ろに滞っている車両が増えてゆく――ようであれば、どうやら自分は小規模とは言え渋滞を起こすほどに遅い(走り方をしている)らしいってくらいは自覚した方がよいでしょう。
 それに、遅く走ると安全なんてものではありませんよ。
 遅く走って確実に減らせるのは、衝突した際のダメージくらいのものです。むしろ事故などを起こす確率は、流れに乗って走っているときよりも上がります。

 安全な気がする行動と、本当に安全に寄与する行動は、必ずしも一致しません。

 流れを乱す(この場合は、≒塞き止める)遅い車両ってのは、それもそれで迷惑車両でしかアリマセンヨ。
  しかも、そういう車両に限って、ウィンカーを出さずに曲がったり、出すタイミングが遅すぎたり、その他諸々をすることが多いんですよね。
  また日中なら、トンネルでも全くライトを点けなかったり、これまた一時停止や徐行などをしなかったり。
  こういう部分は、むしろバビュンバビュン走ってる車両(無論、珍走団などではない)の方がキチンとしている――という光景を目撃します。
  無論、中には駄目なヤツもいますけどね。

 全ての運転者には、道路の交通を安全かつ円滑に進ませる義務があるんですからね。
 義務を怠っておいて安全とか抜かすのは片腹痛いですよ

 

テーマ:つぶやき - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/08/15(土) 08:15:02|
  2. 見方・考え方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<えーよーそ | ホーム | あ、そうか。そういう方法が。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/490-0f8c3ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する