FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

切り詰めー、見極めー。

 
 Athlon II X2 250/3.0GHz(ただし殆ど2.8GHz上限でしか使ってないけど)。
 板は Jetway MA3-79GDG Combo――と。
  ビバ! 変態ママン!

 どうやら、3.0GHz だと何とか 1.2000V を割る程度。1.1875V とか。
 2.8GHz だと 1.12500~1.1375V 辺り。
 んで最も肝心な 0.8GHz では……0.7250V くらいっぽい。
  個人的には、800MHzは0.7000V以下まで下がって欲しかったけど、0.7000Vだと再起動が掛かったり落ちちゃうから仕方が無い。

 さらに因むと、2.0GHz は 1.0000V を割ったね。0.9875V とか。

 一応、落ちないギリギリの線から1~3ステップほど上げてある感じのライン。
 因みに 0.8GHz (のフルロード)時だと、単純計算上は、約5W ということに。
 さすがに PentiumM には一歩及ばないものの、なかなかの数値。つーか PentiumM/Dothan は、曲がりなりにもモバイル・プロセッサなんだから、それと同じレベルってのは容易いことじゃ無いけどさ。
  PentiumMの場合、TDP自体が平均値型だから計算が面倒なんだけど……Dothan/400を最大値型に直すと28~32Wほどっぽい。
  そこから計算すると、600MHz@0.700Vで約3.0W(以上)。800MHz@(約)0.77Vだと約5Wほど。
  ……あれ? FSB=133MHzの時の下限とは殆ど同じじゃん。


 えーと。
 確か、このAthlon II X2 250 は 2009年・第18週の製造だったはず。
 この調子だと、定格電圧=1.3500V なら 3.4~3.5GHz くらいまでは回るだろうなぁ。まぁこれに関しては回す気はないけど。
 鯖だし。
  でも、もしこれが Black edition だったら……いざって時にはそこまで回せるから、ある意味では便利でいいんだけどね。

  それと。
  まードジったことに、NB っつーかプロセッサ内のアンコア部分の駆動電圧の調整も、ある程度だけど同時並行で進めちゃったもんだから……。
  お陰で(見かけ上)謎のフリーズを発生させちゃって大変だった。
  まぁそっちも大体は収めたけど。どうやら、そっちは1.0750~1.0875Vほどで大丈夫っぽい。
  ……なんか少し高い気がする。むー。

  なお。MA3-79GDG Combo はプロセッサ向けパワープレーンがデュアル構成なので、コアとアンコア部への電圧を独立して制御できます。
  ここが独立してないと両者に同じ電圧しか供給できないため、例えば上の結果でも、800MHz時にも1.0750Vとかを掛けないとならなくなります。
  さすがにAM2+(以降)対応のマザーで、シングル構成は存在しないと思うけどね。
  あと K10Stat のドキュメントに拠れば、ここがトリプル構成のモデル=マザーボードもあるらしい。ほほー。


 んー、この低電圧耐性は、どのくらいの線なんだろう? わかんない。酷くは無いと思うけど。


 さらに因むと。
 どうも Athlon II X2 250/3.0GHz は、K8-Dual(Athlon64X2/Brisbane)換算だと 3.7~3.8GHz ほどに相当するっぽい。
 2.8GHz に制限してもなお K8/3.5~3.6GHz くらいの結果が出てくる。
 同クロック――クロック当たりで、おおよそ 25% 以上の向上を示すってことに。うひょー。
  まぁ私が今までに試した範囲では、ですけどね。

 従来の鯖は Athlon64X2/2.4GHz だったから、同等(以下)の消費電力で、およそ 1.2GHz up に相当するほどの結果。

 

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/06/18(木) 06:18:00|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そりゃー確かにいいアイディアだ | ホーム | やっぱローエンド・クラスじゃダメかぁ。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/476-c54a89fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する