FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

今度は何を見やがったっ?!

 
 てゆー感じのね?

 いわゆるその、コントというか漫才。
  両手と歓声をあげて、なんか祝うような感じのは万歳。

 

 

客「ねーねーねーねー」
私「はいはい。今度は何ぞや?」
客「マージャンってできるよね? 教えて」
私「‥‥」(←呆れている)
客「‥‥」(←出方を伺っている)
私「なぁ? 今度は[咲-Saki-]を見たな? 観たろ? なぁ?!」
客「へ? いや、見てないよ」
私「はいぃ?」
客「‥‥そういえば、あれってマージャンの話だったっけ?」

私「――まぁマージャンなら人並み程度にはできるから一応は教えられるが‥‥この通り牌もあるにはあるから手積みなら」
客「‥‥てづみ?」

―― 説明ちう ――

 まぁ仕方が無いので教えることに。
 ただ私の場合、何ぶん最初の憶え方がアレでナニなので、点数計算は少々覚束ないのですがね。
 そんで聞いてみたところ‥‥根本的なルールも怪しいようなので‥‥とりあえずは自分でできないといけない範囲+α を教えることに。

私「――まず最初は横で見とれ。ワシ一人でシミュレーションをやってみるから」

 そんでもって、とりあえずジャラジャラと混ぜて積んでいく。
 何ぶん用意も一人なので、面倒なので、ながーく(25牌ほどかな?)組んで載せる。そんで、そこから分ける。

客「おぉっ?! そんなに長いのも動かせる(=持ち上げて載せられる)もんなんだね‥‥」
私「本当は個数も決まってるんだけどな。試しにこっちで、これの半分くらいでいいからやってみ? それくらいが標準的な数のはず」

 案の定クラッシュ

私「‥‥まぁ慣れだよ、慣れ」

 そっからは基本的なルールと進め方とを織り交ぜて説明しながら、一人で打ってみる。
 ‥‥むなしい。

私「――と、まぁ‥‥簡単に言えば、順子・刻子/槓子・対子を手元で作って、何か一つ以上の役があれば上がれる。基本形は、3・3・3・3・2 で 13+1牌の形で進んでいく ~云々~」
客「役が分からにゃい」
私「そんなら‥‥ほれ、マージャン・ソフト(PC用)の説明書。これにおおよそ代表的な役は一通り出てるから、それを見ながらやればいい。つーか、まぁ最初から上手く進められるとも思えないから、最初のうちは聞いてくれ」
客「らじゃー」

 そんで試しにやってみる。まぁ勝ち負け云々もクソもないので適当に。
 ‥‥とりあえず親子はともかく、場風・自風ナシのナシナシ、槓裏もナシで。
 客は1翻あればよく、私の方は‥‥2翻縛り。

 無論のこと色々とありつつ‥‥何とか形にはなった。ので。

私「んじゃ助言とかナシの自力でやってみるかね」
客「うん!」
私「まぁ牌数のミスはチョンボ取るし、フリテンはロン無効だけど、それ以外の反則負けは一応なし。あと点数は‥‥面倒だから翻数だけからの簡易計算。あと全牌使ってるんだから、そっちは2翻、こっちは3翻縛り」
客「らじゃー」

 無論のこと多少のアレコレはありつつも‥‥何とか形にはなった。
――つーか、そんなに差が出なかった。
 さすがに、いくら二人とは言えど3翻縛りはキツすぎ。リーチはともかく他に手牌の中で2翻は作らんとならんので。
 しかも風牌が意味ないし。

私「――いいけど、まだやるんかい?」
客「いえーす」
私「ルールを少し変えてもいいなら」
客「どんとこい♪」
私「じゃあ‥‥二人とも2翻縛りで、風牌あり。チョンボの扱いは今までと同じ‥‥の、脱衣麻雀
客「‥‥はいっ?!」
私「なんだよー、どんとこいって言ったではないかー」
客「ゆ・ゆったけど‥‥」
私「今さら裸ごときで騒ぐ必要も無かろうよ」
客「だってさー‥‥そっちの裸なんて見ても別に嬉しくないしなぁ‥‥」
私「ほほー。勝てる気でいるな? んじゃー更に問題あるまい。あ、一応は言っとくけど、1回の上がりで衣服1枚、ただし持ち点が無くなったら一気に全裸。まぁ持ち点はワシは26,000で、そっちは30,000にして差し上げよう――さぁ有無を言わせず始めよう」

―― ぴろりろりーん ――

私「わっはっは」
客「‥‥」(←とても複雑な表情してる惨敗した人)
私「前から2翻縛りは頻繁にやってたから楽でいいですな」
客「2翻も何もっ、いきなり役満だったじゃないかぁっ!!!」(←字一色を食らった人)
私「だからアレはナシにしたろー?」(←さすがに大四喜までは狙わなかった運の良い人)
客「2枚取られたけど」
私「‥‥やっぱり徐々に剥ぎ取っていかないと面白くありませんからなぁ‥‥(にやり)」
客「もう1回っ!!!」
私「‥‥え? 本当に?」
客「もちろんっ!」
  二人打ちだし本気で狙ってたら大四喜まで行けた気がする。下手すると、大四喜&字一色の3倍役満。あー、大四喜はダブル役満で考えてますので念のため。
 ――というか最初の字牌だらけの手牌を見た時は、いつものクセ&直前までの風牌なしルールのせいで本当に目眩がしそうでしたが。


―― ぴろりろりーん ――

私「わっはっはっはっは
客「‥‥」(←悔しそうな表情をしてる、再び惨敗して6枚ほど剥ぎ取られて佇んでる人)
私「わっはっはっはっは」(←4枚中3枚ほど残ってる人)
客「途中までは何とかなってたのになぁ‥‥」
私「では一つ助言して進ぜよう。まぁ普通は下着姿やパンツ一丁でマージャンはしないから、その非日常による無意識に近い緊張感に飲まれたんでしょうな」(←コーヒー飲みつつ)
客「‥‥私にもコーヒー」
私「ほい」
客「これ飲んだら、もう1回」
私「‥‥本気か?」

―― ぴろりろりーん ――

私「今回は危うかったですな」(←パンツ一丁で座ってる人)
客「‥‥また負けた‥‥」
私「靴下を2枚換算にしてるんだぞ、おい‥‥点数的には負けてないっつーかワシの大勝ちだからいいけども」
客「‥‥も・もう1‥‥」
私「そんなに脱ぎたいなら普通に脱いでてくれても構わないよ?」

 さすがに疲れたので。
 ん? はい?
 いえ。リアル脱衣マージャンがやりたかっただけで、そこまで裸そのものは‥‥ねぇ?
 負けてひん剥かれてゆく状況と、あと過程と結果(勝ち負け)が面白いのであって、ひん剥かれた結果自体は‥‥さすがにどうでもいいとは言いませんが、そんなにまで観たくて観たくて仕方がないと言うことも無いわけで。
  つーか見慣れてますがな。
  まぁ、すっぽんぽんで卓のところでうなだれている乳神様って光景は、だいぶ珍妙で面白いので見てて楽しいですけども。

――と当人にも言ったら、ちょいとした攻防が始まったのは言うまでもありません。

 どうしろと。 女心と秋の空。



  ちなみにこれ、全部で3日ほどの話をまとめたものです。
  さすがに少しくらいは知ってたとは言え、1日くらいじゃ憶えきれませんって。

  あと、(詳しく)書いたらツマラナイので端折ってますが・・・・これでも色々とご機嫌取りはしてますよ?

 

テーマ:自然体でいきましょうか - ジャンル:ブログ

  1. 2009/06/09(火) 06:09:06|
  2. バカって素敵だよな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なるほど。速いわ。 | ホーム | なんかもう色々と。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/465-5c0b3322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する