FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

思い付いちゃったんだから仕方がない

 
「姉を憎んで misono 憎まず。」
 類義語には「つんく(♂)憎んでモー娘。憎まず」とかあります。
――いや、別に倖田來未のことは(確かに)好きじゃありませんが、敢えて殊更に言うほど嫌いでもありません。念のため。
  ただネタとして使い易いんですよ、あまりに記号性が強い人格・個性だからさ。
  そんでもって misono の方は……一言で言うなら「憎めないアホの子」とか「愛すべき駄々っ子」とか?


 それと。

 
 

 そういや以前、某・身内(♀)が。
「この、たまにいる、自分を変えたくないとか何とかほざくボケ女どもって。要するに気に入らないことを否定してるだけじゃんか、と言いたい。こーゆー薄らボケがいるから、こっちが迷惑するんじゃー!」
――とか申しておりました。
 明らかな(≒周囲が影響・迷惑を受ける)欠点に対する意見や指摘にさえ、やはり同じ主張を抜かしやがる、とも。
  念のため言っておきますが。
  こういう言い方(書き方)をする時は、私自身も全くと言っていいほど同じ意見を持っていて、自分で書く方がよりアレでナニなことになるので、こうしているんですよ? 悪しからず。
  また発端とはしているものの misono 嬢のことを指して言っているわけでもありません。



 うーむ。
 アメリカ合衆国、マサチューセッツ州、エセックス郡、インスマス出身‥‥なのではないかと言う疑念がどうにも払拭できない、スパムの文字を入れ替えたような名前のグループに所属する、苗字の二文字めが面倒くさい某メンバーな Deep ones ヒト。
 公然猥褻で御ロープを頂戴しようとは驚いた。
 まさか、泥酔した挙句に公園で全裸になり騒いで(≒奇声を上げて)いて御用とは
 まぁ明確な被害者がいないのは不幸中の幸い(?)ですがね。
 強いて言えば、酔っ払いが騒いでて五月蝿い、と思った近隣住民は被害者かも知れませんが。
 公園で騒いでる酔っ払いがいるって通報で警察官が駆けつけたら、全裸の Deep ones 某メンバーがいたっていう顛末だそうですからね。
 ‥‥猥褻物陳列でなく公然猥褻ってのが少し解せませんが。
  ただ伝え聞くところによると、以前からその Deep ones 某メンバーは、事件とかにはなっていなかったものの少々酒癖が悪かったとかナントカ。
  また家宅捜索ってのにも「ん?」と思いましたが・・・・考えてみりゃ、違法な禁止薬物等の利用があるか無いかを捜査されたんでしょうね。そんで特に何も無かったようですね。

  とりあえず、某・SPAMっぽいグループのメンバーの中で唯一嫌いでない人物だっただけに、ちと素直な意味でビックリ。

 まぁ、そういう違法な禁止薬物を使用している/していた人物なんかに比べれば、比べたら悪いほどマシですけどね。
 それと。
 「酒に酔って裸になっても罪には問えない。犯罪でもないのに逮捕した警察官が異常で馬鹿だ」って趣旨の意見を見たけれど。
 冗談や愉快犯的な釣りで無いなら。
 そんな意見を言うお前の方が異常で、更に、悪い意味で馬鹿だよ。
 もしも身近に、上のと同様の意見(酩酊下なら公共の場で裸になっても犯罪ではない)を持っている人がいたら、さすがに指摘して差し上げないとヤバイですよ?
 まぁそいつが厄介者だから係わりたくないってんなら話は別ですけどね。
 あるいは放置しておいた方が、もっと勝手にこじらせてくれるだろうし、それを狙ってるってのも別ですね。


 そういえば以前(だいぶ前)に聞いたニュースで。
 公演内容があまりにも猥褻だ、という観客からの通報によって、どこぞのストリップ劇場が取締りを受けたってのがありましたね。
 そりゃまぁ公序良俗に触れる公演内容が良いわけはありませんが‥‥わざわざストリップを見物に行っといて「卑猥すぎる!」っつーのも、そりゃ一体どんなコントだ、と。
 むしろ喜べ。


 締めに「弁当男子」とか。
  これも「・・・・如何にも、頭の悪い女、が考え付いたようなネーミングだ」とか申しておりましたね、某身内ちゃんが。
  まぁ私も、もう少し他の言いようもあるだろ、と思いますがね。
  その良し悪しはともかくとして、やっぱり女性のネーミングセンスと男性のそれって、大抵は一目瞭然な気がしますが如何なもんですかね?

 これは、また別の女性の談。
「‥‥こんなのね、自分の身近にいないから持て囃せるんだよ‥‥」
――と溜め息混じりに、つぶやいておりました
 厳密に言えば、自分(=女性)と一定以上親密な関係下にある男性、って表現の方が適切だろうと思いますが。
  彼女の名誉のために申し添えておきますが、以前はともかく近頃は、かなり料理の腕前も上達してますよ?
  ただ、主な教え手が教え手なので(私ではありません)・・・・レシピのクローンみたいなものは逆に苦手なような気がします。
  ・・・・いや、必ずしも、元からそうでもないか。クローン作りは。

 一方。
「あー。こんなのさぁ? そう褒めといて利用しようと企んでるか、流行を盾に身近な男性にやらせようって魂胆なんじゃないの? あー、やだやだ。同じ女として恥ずかしいったらないね」
――とか、えーらい、やさぐれた意見を述べたのもおりましたがね。
 さすがに全員がそうだとは思いませんが。 まぁ中にはいるでしょうなぁ。

 因みに、合ってるんだかどうだか知りませんが‥‥よっぽどでもなければ、流行を盾にやらせようってのは多くの男性に対しては効果は弱いですよ?
 少なくとも、流行しているから乗るという男性は、女性が考えるよりも随分と少ないものです。
 一方で女性が絡むと変わる男性ってのも相応にいますが。
  意外と。女性からも、そういう変わる男性を嫌うかのような意見はよく聞くけれど……でも実際には、そういう男性を嗜好する女性が相当数いるんですよねぇ。
  面白いですね。


 良くも悪くも利用しようとするなら、最低でも、それ相応の手間を惜しまず、気分良く終わるようにしやがれってことですよ。
 協力し合うのと、利用するのは別物だって話もありますが。
 ええ。私の場合、割と気分良く済まされているので、気付いてもいますが気になりません
 ええ。
 二人とも隠していた(つもりの)ようですけれど、某身内ちゃんが(随分と前に)そういう助言をしたようだってのも薄々は気付いてましたしね。言動の傾向を見てりゃ判るっての。
 うひゃひゃ。
  しっかし把握できてない部分も含めると、どんだけ・どのくらいの情報供与がなされているのやら。
  まぁ仲が良いってのはいいことではありますし、そりゃ支障は無いんですがね?
  いくら「このお嬢ちゃんは問題も裏も特にないみたいだから(本当に)気に入った(某身内・談)」って言っても、また別に言われて困るようなことも無いものの、何を言われているやら気になるってのは別の話。


 まぁ男性側にしても色々と五十歩百歩のような気もしますが、それはそれ、これはこれ。


 んで、んな類のことを話していると。
客「動く大仏さま(カンニング竹山似)のおっしゃるとおりですー。なむなむー」(←拝むな)
私「やかましいわ、この乳神様」

――こういう話題なのに反発しない辺りは、さすがは生粋の半腐れな乳神様でいらっしゃる。
  たぶん理由は別のところにあるんだろうと思いますが、別に追求する気はありません。面倒だから。

カニ「(‥‥ナニこの、アレな祇園精舎(中国製)みたいなの‥‥)」(←居合わせて呆れてる)


 追加。
 アジア圏で見られる、無理して日本語を商品パッケージなぞに使っているアレのソレ。
 例えば「ラーメン」を「う一〆ソ」みたいに書いちゃってるヤツね?
 あれって、ほぼギャル文字 だよねぇ?
  因みに、電球型蛍光灯の場合。
  意外と発熱量があることもあって、後付けのランプシェードや覆いの設置は危険なので止めるよう注意書きがなされています。
  またその構造的に、調光機能(明るさを変えられるアレ)付きの装置での利用にも注意が必要です。常に最大で使ってれば支障は無いですけど、弱めた状態で使うと壊れます。
  電子スイッチは……よく判りません。



 更に追加。
客「――この(テレビ朝日の)萩野(志保子)アナってさ? アニメ声ってーのかな?」
私「いや。マンガ声と言うべきだろう」

――そんな呼吸困難に陥るほど大ウケせんでも。

 

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2009/04/26(日) 00:41:26|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おもしろ検索キーワードでポン(突発編) | ホーム | しっかし、なんだろねぇ…>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/451-c2f6aa90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する