FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

ついにアイツが帰ってきた!(Updated-2!)

 
 ……ってワケでもないんだよなぁ。
 「ラジオなんですけど」のアシスタントやってたわけだし。
 4月からは交代するようだけど。

 それにしても、テレビのフィールドもいいんだけど、あの人には絶対にラジオのフィールドの方が向いてる気がする。
 あの機転の利き方・利かせ方、ないしは誤魔化し方、それに交通整理能力に、何よりも身も蓋も無さ。
  「身も蓋も無いところ・さ加減」――の方が正しいけどね。言葉としては。

 ああ、そうか。ラジオ向きって言うよりも「生放送向き」って言うべきなのかも知れないね。

 加えてパートナー(アシスタントではなく、日替わり・曜日替わりパーソナリティって言うべきなんだろうね)も 業火 豪華すぎ。
 月:ビビる大木
 火:神足裕司
 水:ライムスター宇多丸
 木:ピエール瀧
 金:水道橋博士

――ナニこのヤケクソさ加減は。

 
 

 まずは月曜「ビビる大木」――(以下も、原則的には敬称略)
 ……個人的には別に好きじゃないけど(ぉ)……翻弄されかねない気はする。
 いや、たぶん(特に初期は)翻弄されるはず。そこが面白いか否かが鍵かな。
  正確に言えば、野球系の番組の際の彼が好きではないだけで、普通のバラエティなら普通(どちらかと言えば好き?)なので。

  そんで……聴いたところ、まだ互いに探り探りだったけれど、意外と好感触。


 続いて火曜「神足裕司」――おっ、アクセス・旧水曜日の復活だね。
 ここは既に実績もあるし、安定感・バランスでは群を抜いてる。万人に薦められる指数も高い。
  ここは、ほぼ想像・想定通り。

 続いて水曜「ライムスター宇多丸」――ここは、また別の意味で面白そう。
 歌丸 宇多丸さんは、ある意味で坂下千里子タイプだからなぁ……から回りするって意味で。
 ただ、どっかにすっ飛んで行っちゃうのではなく、その場で自爆するタイプだけど。
  からからからから・・・・と空回りするところまでは同じなんだけれども。
  どんどん高速回転に移行して、そんで臨界点に達すると、ぴゅぅーんっ! と音を立てて飛んでっちゃうのがチリチリ。
  徐々に回転速度を上げていくんだけど、まだ回りそうな回転域で不意にピタっと止まって、その数秒後に爆発して四散するのが宇多丸はん。
――そういうイメージ。

  ここも、おおよそ想定してた感じに近かったような。
  ただ……うーん……お手柔らかにしてたんじゃないかって気も。どちらかが。


 続いて木曜「ピエール瀧」――あーここは翻弄される側が(珍しく)入れ替わる(気がする)なぁ。
 さしもの才媛も、ここばかりは……初期は持て余すんじゃなかろうか?
 たぶん、オモシロお母さんとアレな子供って構図になりそうな。
  まだ録音したのを聴けてない。

 最後に金曜「水道橋博士」――ここは安定感って意味で火曜に並ぶか下手すりゃ超える可能性が。
 ちゃんと温まれば、お互いに丁々発止、乱れ飛ぶ公算が十二分に。
 万が一にも噛み合わなかったら悲惨だけど。
  ……録音をミスってた……。

  そんで後から聞いたら――んー、一見すると安定しているように聞こえる人が多いように思うけれども。



――それにしても全般的に濃ゆい人を集めたもんだね……。
 いずれ劣らぬクセ者ぞろい! とは良くぞ言ったもんだよ。
 つーかこのくらいの人選でなきゃ(略)。

 これで、もし「みうらじゅん」・「いんちきおじさん(なぎら健壱)」がいたら……阿鼻叫喚の地獄絵図チャレンジ(一年生)。
  ただ、この二人は単発のゲスト以外では、ちょっと保たない気がする。

 さて、録音する準備をしておかないと。
 ……さすがに録り貯めてライブラリを作るつもりは無いけど。


 さ て 、 何 の 番 組 で し ょ う ?


  いや「小島慶子 キラ☆キラ」ですよ。TBSラジオ。

  これも制作費圧縮・削減策の一環なのかな……?
  メイン二人(松本ともこ・小西克哉:※1)だったのが、看板の一人が自社(※2)のアナウンサーになるわけで、出演料を一人分は軽減できますからね。
  さすがに完全に捨てるつもりでもなければ、あの時間帯・枠を録音番組にはできないだろうし。

 ※1 この並び順で合ってるって言うか、これが適切だと思う。
  番組開始当初は、松本ともこ固定で、月水金が小西克哉、火木が佐藤治彦でしたので。
 ※2 厳密にはグループ企業であって同一法人ではありませんけどね。
  あれ? 確かアナウンサー部門も分社されてなかったっけ?


 んで追記。

 本当に暴走機関車だね、ありゃ。
 まぁ、そういう人物は本当に本当の意味で大好きだけど。

 そして――これは正直、見誤ってたけど――木曜の「with ピエール瀧」――。
 当初は上記の通り、オモシロお母さんとアレな子供って構図になるかとばかり思ってたんだけど。
 違った。
 ダメで暴れん坊な妹と、抑えようとする以外にない兄(仕方なく)――みたいなことになってた。

 ‥‥。
 とーっても。えもいわれぬ親近感をピエール瀧さんに感じたのは何故なのだろうか?


 なお。
 放送開始当初は録音していたので別ですが、それ以外は聞けてない日も多いし、また聞けている時でも割と断片的なことも多いので、もしかすると全体を通した妥当な感想にはなっていないかもしれません。

 

テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009/03/30(月) 03:03:03|
  2. 分類するのが面倒臭い趣味系の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<しっかし、なんだろねぇ… | ホーム | さて困ったね、っと。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/447-b7181a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する