FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

これはナニ?

 
 「しゃばけ2~うそうそ」な話。
 つーか。これ、もう10ヶ月以上も前の話じゃん……。

 殆どの部分が 30p っぽいのに、なんでたまに 30i らしき部分が混在してるわけ?
 エンドロールの部分じゃなく、もちろん本編内。
  そりゃーエンドロール部分の文字は、どう考えたって、どう見たって 60i だし。

 さすがに、これは意味が解らない。
 少なくとも何らかの技術的・美術(?)的な意図によるものとも考えられないし。
 まぁウチのキャプチャカードか何かの部分が、瞬間的に誤動作したか誤処理したので無ければって話だけど。
 そんなところな気がしないでもないけども、冷静に考えればそれは考え難い。
 [追記]
  そういえば「だましゑ歌麿」にも同じようなのがあったっけね。確か瓦版の絵がアップで映し出されてるシーンの一部だけが 30i だった。


 まぁそこそこ綺麗に仕上げることはできたから構わないけれどもさ。
  ここらまではPC系の話題ですが、以下は違うので念のため。

 ついでにコント(形式)。

 
 

 と言うか、もはや一問一答。
  根本的に何かを尋ねているのが好きらしい。

客「これ、ずいぶん(エンコし終わるまでに)時間かかったねぇ」
私「サブ機だったのに加えて、なんか謎の音ズレが発生してやり直した上に、謎なソースに悩んだから」
客「まさかこんなに待たされるなんて思わなかったよ?」
私「スターシップ・トゥルーパーズ3 と被ったのが運の尽き。しかも3と1(の再作成)で専用機が埋まってたから」
客「♪~ It's a good-day to die ~♪」(←あの PV が気に入ったらしい)
私「♪~ When you know the reasons why. Citizens we fight for what is right. ~♪」
―― It's a good-day to Buy !!
  当時のサブ機はAthlonXP 2100+(見当)だったので、SDで大してフィルタも掛けていないにも関わらず、実時間の7~9倍ほど掛かってました。


客「‥‥白沢と付喪神(つくもがみ)って、どっちが偉いの? やっぱ白沢のほう?」
私「偉いってのもまた随分な言い様だが、どっちと言われれば白沢だろうなぁ。まぁ付喪神っつってもピンキリだがね‥‥偉さではないが、付喪神として最大級にまで育ったとしても、白沢と喧嘩して勝つことはないんじゃないかなぁ」


私「もしや、この犬神って‥‥一般的な犬神でなく、犬が化生し年月を経たって(設定の、創作の)物の怪じゃあるまいな?」
客「まだそれ気になってたの?」
私「うん。因みに言えば、どうやら弘法大師が描いた絵の犬が飛び出したものって話なんだが、どうにも解せない」
客「‥‥フィクションだよ、ふぃ・く・しょ・ん!」
私「それを言われると、まっこと二の句が継げなんだ」


客「(鳥の)烏って鴉天狗の子分なんだね」
私「いや、必ずしもそうとは限らないが‥‥天狗連中なら、野生生物の大半を使役することが可能。無論、中には特定の動物を専ら眷属として使う者もいるけども」
 ※ 眷属(英語では Familiar)は、本来「一族郎党・近しい関係者」てな意味ですが、この場合「使い」や「従属する子分」なんて意味になります。
   そういや「使い魔」も英語では Familiar ですね。神に対する天使とほぼ同義です。



客「やっぱ天狗さんって、こーゆー、一度決めると梃子でも意見を変えない性格とかなの?」
私「もちろん個体差はあるだろうが、まぁ概ね。中には、間が抜けていたり、柔和な者もいるそうだが‥‥会ったことないから知らん。つーかだな? お前はソレの類が見える体質なんだから、むしろお前の方が詳しくて然るべきだろ」
客「それこそ、会った(≒見た)ことないもーん」(←いい歳して「もーん」は無いだろ)
私「それでも見られるっつーのは羨ましい限りだよ」
客「‥‥前から思ってたんだけどさぁ‥‥ぷち右京さん?」(←私を指して)
私「理解はできるけど、それは言いすぎ。ましてお前が、たまきさんってことは‥‥」
 ※ この辺りは 相棒の登場人物:Wikipedia」 をご参照下さい。
 ――つーかむしろ、薫ちゃんと言うべきだったような。



客「はいはーい。天狗と‥‥」
私「個体による」
客「一言で片付けられたぁ‥‥」
私「あのなぁ。名も持たない木端な天狗と、もはや神にも等しい上位の大天狗じゃ桁が違いすぎる。強いて言うと、八天狗クラスなら白沢・犬神には圧勝だ。比較にならん。喧嘩が強いトラ猫とベンガルタイガーを比べるようなもん」
客「じゃあ、八天狗さんとタメ張れるって言ったら、どんなの?」
私「あくまで推測だけど、単騎同士で互角(以上)に渡り合おうとしたら‥‥最低でも白面金毛九尾の狐クラスじゃないと難しいんじゃないかねぇ」


客「‥‥じゃあ、この‥‥」
私「そうてんぼう(蒼天坊)と読むんだろうな。残念ながら、箱根の近辺にいる(と伝えられる)天狗の中に、こういう名前のヤツは聞いたことが無い。故に、たぶん創作された個体と思量する。それ以前に名前からして、それっぽくはあるものの如何にも現代の作家が考えた名前っぽさが濃厚」
「本当に普段から、こーゆー口調で話す(こともある)なんて、読んだ人も思わないだろうねぇ」
――この話題が Blog に使われるであろうと予見していた、勘のよいヘルパーさん(↑)。

 ま、それ以前に固定客なんて知り合い以外には(毎回、不審な訪れ方をするヤツくらいしか)いませんけどね。
 あと、この Blog にホームページ保存ソフトを使っ(て保存しようとし)た面白い人もいましたが。
 あ、いや、最近はそうでもないかもね。

 とっぴぱらりのふ。



 なお、私も割と断定調で話していますけれども、ここに記載している物の怪に対する記述は、文献や伝承等々に基づくものを基に、私が系統だてて整理整頓したものからの、私の見解ですので念のため。
 そりゃまぁ私もオカルトやら何やらは好きですし、またこのテの話題の場合どうしても近しい部分があるため、いくらか――伝承・昔話として実在する情報と、それ以外のモノとを――混在させざるを得ませんけれども‥‥そこは区別しているつもりですし、また何より、そんな(悪い意味での)思春期霊感少年(青年? おっさん?)と一緒くたにされてはかないません。
  ただ、あまりにも厳密に区別しようとすると、えらい大変になってしまうし、同時に更に読みにくくもなるので。

  それに私は――ほぼ毎回書いてますが――その手のモノとかは全く見えたりしませんので。
  見たい・見てみたいとは常々から思っていますが。
 ――この、見たいのに見たことがないことや、好きで調べて相応に知ってはいることなど、そういう点をして「ぷち右京さん」なのでしょう。



 結構いるんですよねぇ。
 宗教、あるいはオカルトは異様に毛嫌いするけど神話・民話は(大)好きとかって変な人。
  今は完全に廃れたけれど、ギリシア神話だって元々は宗教上の寓話・伝承群だっつーの。

 それに付随して、一部の宗教は平気なのに一部の宗教は蛇蝎の如く嫌うとか。
 宗教・神話・民話・伝承等々を(その人の主観的印象に基づく好き嫌いで)変に区別して考えるとか。
――そういう何かがゆるい人は往々にしていますので。
  そういう人の場合、往々にして、好きな(または嫌いでない)宗教のことを宗教だとは認識できていないものですが。

 確かに、いわゆる新興宗教等の一部の(一部)信者による勧誘等で迷惑を受けた人も時にはいるでしょうから――私自身にも無くは無いですよ――そういう原因があって、その人が一律に毛嫌いするのは理解できますけどね‥‥。
 加えて、いわゆるオカルトというか一部の心霊系とか(いわゆる)霊能力とかもね。
  私自身、神智学関連や、幸福の科学などの書籍は何冊か、参考までに読んでますけれどもねぇ……だからってねぇ。
  きちんと入手して読んだ上で無ければ、賛同も、把握も、批判も否定も、意味がありませんよ。


 

テーマ:つぶやき。 - ジャンル:

  1. 2009/09/09(水) 09:09:09|
  2. 神話・伝承・宗教・掩蔽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんかもう | ホーム | どーにも判断に悩むんだよね>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/414-b3f1d2cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する