FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

Wizardry Scenario #2 [追補]

 
 #2 ~ The knight of diamonds に関して。

 ん?
 何ですか? ダイヤモンドの騎士はシナリオ3ですか?

 そんな(二次)移植版でのカウントなんて知りません。
 少なくともオリジナルでのリリースでは #2 なんですから、それに準拠させて何が悪いのでしょうか?

 ま、そんなことはさておき。
 地下6階での謎解きの件。

 
 

 まず、どんなアレなのか確認したい人は、得物屋さんでも何でも見てくださいな。

 さて。
 この謎を解くための日本語表示でのヒントは、次のようになります。

 「力を崇拝した王は、騎士なく棺に横たわる」
 「富を崇拝する王は、ダイヤモンドを見ることはない」
 「これ故、冠を抱いた王はほろびる」

  この三つの文は、得物屋さんに提示されているものを引用したんですけれど……うーん……三つめの文章に違和感を感じるなぁ。
  「…冠を抱いた王はその身を滅ぼす」とかって文章じゃなかったかな……PC版では。あとで確認してみよう。

  そんで確認したら。
  「冠を頂いたその王は、これらが故に身を滅ぼす」――だった。
  だよねぇ。そんなに語呂の悪い文章じゃなかったはずって記憶しかなかったし。
  ……まぁどうせなら「…故にその身を…」と韻を踏んで欲しかったって気もするけれどもね。


 そんで答えはと言うと――“The knight of diamonds” となるんですけどね?
 日本語での入力なら「ダイヤモンドの騎士」です。
 シナリオ名まんまです。
 その答えの導き方として、英文表示での三つめのヒント “THAT KING, HE FIND DOOM!” の一文の文字を並べ替えると、上記の答えに至る――ってな解説が提示されているのが主流って言うか殆どなんですけれど。
  これを直訳気味に訳すと「その王は、破滅を目の当たりにする」なんて感じ……かな。

  あと、この文章……珍しいね。
 一般的に英文において最も多く使われる(出現する)文字って言ったら[e]なんだけど、これの場合[D/H/I/N/O/T]は2文字ずつ出てくるのに[e]は1文字だけ。


 でも、日本語表示のままでも割と行けませんか?

 三つのヒントに共通するのは「王」なので、これを考える軸だと捉えて回答(そのもの)からは外す。
 あと残る(象徴的な)単語と言えば――「棺」・「騎士」・「力」・「富」・「ダイヤモンド」・「冠」となりますね?
 ここまでくれば、シナリオ名もあるのですから「ダイヤモンドの騎士/Knight of diamonds」っつー単語に思い至るのも全く不思議なことでは無いでしょう。
  強いて言うなら。
  「力/騎士」・「富/ダイヤモンド」・「棺/冠」――という組み合わせで、対になりそうだとも言えますけどね。


 しかし。まぁ日本語入力時は別にして、英語入力の場合……そのままだと三つめのヒントが余ってしまいます。
 ここで引っ掛かってくるのは「冠」ですけれど。
 まぁ中学1年修了程度の英語知識があれば判るように、英語において冠と言ったら何を差し置いても定冠詞である “The” に思い至らないと変でしょう
 むしろ Crown よりも。
 そんで “Knight of diamonds” に The を付加するなら……“Knight of the diamonds” より “The knight of diamonds” となるでしょ?
 前者だと「ダイヤモンドに仕えている騎士」みたいな意味にもなりかねません。ダイヤモンドの方が強調されてしまいますからね。
  ちょっと言いすぎかな?

 ついでに言えば――(日本語で)冠と言えば、これも先頭・代表や頭に付与するものでもありますから、わざわざ意味を二通り比較せんでも。

 そうすれば目出度く “The knight of diamonds” っつー言葉に行き着くことができると思います。
 いや事実プレイした時に、そうだった記憶が。
 ただ……雑誌か何かで答えを事前に知ってしまっていて、その状態でヒントを見た際にそう思ったってのが正確ですけど。

 と言いますか……日本語表示の翻訳・ヒントを考えた人も、これを意図して、ああいうヒントの文章にしたんじゃないか、としか(個人的には)思えないんですけどね。
 どんなもんでしょ?


 なお。
 シナリオ名……ゲーム画面では “The knight of diamonds.” って表示されてるね。

 

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/10/05(日) 14:04:44|
  2. Entering Wizardries!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ざ・ねっと☆すたー? | ホーム | 道理で納得。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/386-e53885fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する