FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

どうしちゃったんだ、TBS(追補)

 
 ラジオの方。
 ああ、念のため言っておきますけども。

 確かにテレビの方は、特に報道を中心に非常にアレでナニすぎだとは私も思いますが。
 でも、ラジオの方は極めてマトモ。むしろ良好。
 下手すりゃテレビの方のアレな部分について批判する場合さえありますからね。
  まぁ、それだけを根拠に言ってるわけじゃありませんので更に念のため。

 ただ、ソレとは別にして、2008年10月の改変期での変貌がねぇ。

 
 

 まず「夜な夜なニュースいぢり~バツラジ」が終わる。終わった
 ええ。
 何故だか(?)――幼少期を除いて――ウンコを漏らしたことはないってことを妙に力説していたことでお馴染みの、宮川賢さんの番組。
 確かに、あんまりスポンサーが付いてた気配は無いけれど――自社番組の番宣や、あるいは関連企業や主催・共催・後援イベント等の CM ばっかりだったし、そもそも CM 自体もかなり少なめだったし。
 ただラジオ番組の場合は、必ずしもその番組に固有でスポンサーが付かなくとも、何とかなるシステムになってもいるので、そんな致命的な問題にまではならない(ことが多い)ですがね。
 加えて、聴取率調査でも、どうやらそれなり以上の成績を収めていたようだし‥‥。
 どうして終了ってことになったのか、割と不思議。
  もちろんスポンサーが付いた方が良いのは当然ですがね。
  しかし、人気の、余裕のある番組での収入を(ある程度)弾力的に運用し、固有CMの付きにくい番組に回す・・・・みたいなのもあります。

  要するに、テレビ番組事情なんかで聞くような「スポンサーが降りたから打ち切り終了」みたいなのは、あんまり無いってわけです。
  そもそもテレビ番組とラジオ番組では、まぁ随分と製作経費も異なりますからね。関わる≒必要人員だけでも大幅に違いますから。
  ただしアニラジの多くのような、スポンサーが番組ごと持ち込んでるようなタイプの番組は別ですよ?

  もちろん放送局や枠の形態によって、ここら辺は色々とあったり無かったりするので、目安として捉えておいてください。




 続いて、Junk2‥‥。
 これは Junk2 としては終了し、新たに旧バツラジ枠で Junk0 として全番組、録音形式でリニューアルされる。された
 まぁ、おぎやはぎが Junk1 から Junk0 に移り、その空いた Junk1 には(相方がいなくなってるとはいえ)吠え魂が Junk2 から復帰するのはともかく。
 つーか金曜はあんまり聞けないな。QR 聞いてるから。

 ただ――これは個人的な問題だけれども――タカアンドトシとカンニング竹山が終わっちゃうんだよなぁ。
 そんで終わったなぁ。
 この二つを、Junk1/Junk2 通した中で最も楽しみにしてたのに‥‥。
 生ダメなんか、第1回から最終回まで全130回、ずっと録音して鯖にありますよ?
 つーかさすがに(特に) Junk2 なんてリアルタイムでは聴いてられないけどね、休前日でもなければ。

  深夜の馬鹿力は、今でも一応は嫌いじゃないけれど……でも今は、もう上述の二番組の方が好き(だった)。
  あるいは「日曜天国」の方が遥かに面白い。特に冒頭のフリートークでの、安住アナの無駄すぎる間違った熱意が素敵。
  とはいえ、アナウンサーとしては間違っちゃいないんだけど。

  日曜大将軍日の秘密基地を終了させたのはともかく、それで馬鹿力に注力するんじゃなかったんかい。
  まぁこれ(=言ってもやらないっての)は、いつものことではあるし、つーかそれ以前に、あの説明自体が聞こえの良い説明=説明のためだけに用意された理由としか思ってなかったけどさ。
  それでもね、何回スペシャルウィークを迎えても、いつも通常放送を繰り返すだけとはね。
  手間が掛からないモノでもいいから、何か特別企画をやって欲しかった……。
  お陰で録音鯖(新)の中に、大量の馬鹿力が溜まったまんま。あまり聴く気さえ起こらなくなったよ。

  やっぱり、熱心にやってる番組と、そうじゃない番組って聴いてて伝わってくるんだよなぁ。痴豚だって自分で言ってたでしょうに。
  まぁタカトシは、完全に録音になってから「そうじゃない化」しつつあったように感じてたから、終了もやむなしとは思うけど……。
  でも、生ダメの方は、それが滲んでた回もあったけど、全体ではそんなことはなかった。でもでも事実上の打ち切り。
  あの、特に放送初期の、バランスの取り方を完全に見誤ってて、暴走した上にとっ散らかってたのが大好きだったんだけどな……って、それが打ち切られた原因だけどさ。

  因みに・・・・このJunk2のリニューアルは、どうやらコスト削減策ってのが大きいらしい。
  ソースは生ダメ内での発言。
  確かに言われてみれば、録音型の製作体制の方が生放送型よりも必要スタッフ数を大幅に削減できるので、随分コストは圧縮できるはず。
  録音番組なら、人によるけど、最悪(?)ディレクター・ミキサー・作家を全て兼任、スタッフ一名のみって真似も不可能じゃないっつーかアニラジだと割とある。平均でも、半分ほどの人数で済むはずです。




 そして何より!
 あの私が生まれる遥か前から今の形式で放送していた「全国こども電話相談室」が「全国こども電話相談室・リアル」とかってのに 改悪 リニューアルって‥‥。
 勉強や生活上の疑問や質問から悩み相談にって。
 そりゃ今となっては子供の多くもこまっしゃくれてるし、ちと無理があるように感じなくも無い部分もあるけどっ! んなもん、テレホン身の上相談に任せとけ

 この番組は、むしろ、いい歳こいた大人になってから聞いても、すっげー考えさせられたり勉強にもなる番組だぞっ! 質問にも答えにも、どっちにも(そりゃ毎回じゃないけど)唖然とするほど感心させられることもあった、聞き逃したくない、いい番組だったのに‥‥。
 多少リニューアルは仕方ないっつーか当然って面もあるけど、でも基本コンセプトの一部/大部分に手を入れるとは‥‥。
 台無しだよ。
 もう二度と(?)無着成恭せんせいの答えも聞けなくなるんだなぁ。
  無着せんせいは随分と前に、基本的に番組からは引退してるんだけど、稀に中継形式で登場してくれる時もあった。

 話によれば、現在は、知識と言う面についてはインターネットを初めとして従来よりも遥かに簡単に、手軽に知識を得ることができるようになったため、40年以上の時間を経てリニューアルを敢行した――のだとか。
 因みにソースは、確か、土曜か日曜の早朝だかに放送してた、番組・放送解説みたいな番組内での編成の人の発言。
  そんで、山本シュウはいいけど……なんで「レモンさん」なの?
  「ちょっと待ってマンデー」でお馴染み、落合恵子女史の二番煎じみたいに感じて仕方がないんだけどなぁ。
  と思ってたら・・・・ふむふむ、何やら山本氏は実際にPTA会長として活動していて、その時に、どんな根拠かは知らんけど、レモンの被りモノをしていたから――なんだそうな。

  あとリアルの方も聞いてみたけど・・・・そんなに悪くはなかった。
  それでも、まぁ前の方が良かった/好きだったってのには変わりはないけど。



 ま、要するに、好きで楽しみにしてた番組が軒並み、ド派手に終わっちゃうって話(ぇー?)。
 ‥‥これで、もし同時に日天まで終わってたら、どうなっていたことか。


 んでもって、木曜 Junk0 はケンドーコバヤシ、らしい。
 うーむ‥‥また微妙な。
 個人的には悪くは無いと思うんだけど‥‥どこに転ぶやら、ちっと読みにくいなぁ。一人だし。
 ‥‥火曜のタカトシの後任は?
 答え。ここが「おぎやはぎ」で、金曜は「城島茂のどっち派?!」が、Junk0 の仲間入り。

 だけど・・・・バツラジと、こども電話に関しては、本当に解せないとしか。
 特に「こども電話」みたいな番組は、多少の部分は別にして、およそそのままの形で継続させることにも意義があると思うんだけどねぇ。
 まぁ、幼少のみぎり出たことがある番組だから感慨&思い入れも深いって面もありますがね。


 あっ! そうか! 思い至った!(無論、憶測だけど)
 まだ「こども電話・リアル」の方は判然としないっつーか、この記事の執筆時点では放送が始まってないから何とも言えないけど……(でも、たぶん同じ理由もあるんだろうなぁ)。
 バツラジが終わる理由も Junk2 の理由と同じなんじゃ?
 録音番組に切り替えるため?
 どう考えても、バツラジの内容じゃ録音でやるのは無理だもんね……かつての金曜バツラジのような番組で、週一回なら対応できそうだけど。

――そんで、やっぱり製作費の問題(も大きい?)らしいことをバツラジ番組内で言ってた。
 やっぱり、この憶測は当たってたらしい。
 それに、流れ始めた「リアル」の番宣を聞くと、どうやら本編の内容らしき素材を使ったものになってるから、これも録音番組で間違いなさげ。
 旧 Junk2 枠なんて、OTTAVA の地上波版に切り替わるそうだし。
 ‥‥えらい安く上がりそうだなぁ。クラシックの上にサイマル放送だし。
【訂正】
 正しくはサイマル放送ではなく、どうやら前日の夜に放送したものの録音の冒頭1時間ぶんを放送してるっぽい。

 いや、ま、私自身は OTTAVA は好きですけどね。今でも、たまに聴いてるし。
 そんな詳しいわけではありませんがね、クラシックはええですよ、ええ。それこそカジュアルにじゃないけれど、てきとーに、ぼけーっとしながら聴くのもオツなもんです。



 因みに余談。
 TBS-954プレスメールの CM で流れる曲は、Stephanie Mills の Never Knew Love Like This Before ――を日本人の誰かがカバーしたもの
 あの発音で日本人じゃなく英語圏の人だったら大笑い。
 本家よりもパワーは薄いけど、声が澄んでいて、かつ揺れが少ないから聞きやすい。
 まぁ澄んだ声ってのは‥‥私の好みだからってのは否定しません。

 余談2
 この、Never Knew Love Like This Before を無理に(?)てきとーに訳すと……。
 今までの私は愛も恋も知らなかった(でも今は、もう違う)――かな。

 余談3
 落合恵子さんは、つい先日までラジオやってたけど……失礼ながら、聞くたびに、声が少しふけたなぁって思ってた。
 まぁ(もう今は)声を使う職業ではないから、仕方ないのだろうけど。
 かつては、今の落合さんの声(二人分)と、TBS などで交通情報なんかを担当してるフリー・アナウンサーの阿南京子さんの声を足して三で割ったような感じだった。

 余談4
 ラジオCMに関して。
 もちろんですが放送局によっても色々と違うし、広告代理店だの何だのを通すと話は変わりますし、加えて放送用パッケージ(要はCM本体)製作の料金とかは、これまた別ですけれども。
 特に、放送回数が少ないお任せ型のラジオCMだと、実は意外と手ごろな値段です。
 まぁ意味があるかは別にして、自前で放送基準を満たす CM さえ作ってしまえれば、個人商店はおろか個人でも酔狂で出せるくらいの金額。
 子供の小遣い程度じゃ無理ですが、ちょいとしたHD対応テレビを買うくらいの金額があれば何とかなるでしょう。
 もしも本気で CM を打ちたいと思うのであれば、まずは各放送局の営業担当部署にでも連絡してみましょう。CM 本体の製作面も含めて色々と相談に乗ってくれるはずです。
  自前で用意するのでなければ、たぶん、局アナの人にナレーションしてもらうのが最も安いと思いますけどね。
 あるいは、放送局のサイトにも何か情報が掲載されているかも知れません。

 余談5
 つーかデジタル地上波ラジオっ!
 そんな地方 FM 局(≠コミュニティFM)みたいな数kWなんて出力でなく、もっと出力を上げて、何より受信機を普通に売りやがれっ!!!
 携帯電話内蔵とか、制限・制約だらけで鬱陶しい PC 用チューナーしかない状態が長いこと続きっぱなしってのは異常にも程があるでしょーよ。
 そりゃ、まだ現在は実用化試験放送の段階だから、ある程度は仕方がないんだけど……でも一応は放送してるのにマトモな受信機が売られてないってのはねぇ。
 ……できれば、多機能でタイマーが山盛りなデスクトップ・タイプを(お安い感じで)売ってね? ポータブル/ポケッタブルもいいけどね。
 原則、ちゃんと本格的に使うなら、やっぱ機械モノは重厚長大なものの方がいいよ。
 本来は、あえて言うのも馬鹿らしい程度の基本に過ぎる話だけどさ……。

 余談6
 そーいや……地上波デジタルラジオが主流になれば、馬鹿でもコンシューマ・ゲーム機感覚で接続するだけで録音できるようになるね。
 いい時代だ。少し寂しいけれど。
 アナログ AM は、MD なんかならそんなでも無いけど、PC で録音しようとするとノイズ対策が本当に大変。
  なんでここまでキツイ言い方をするかと言えば――そういう大口を叩いてきたヤツがいたから。
  無論のこと、結局そいつがAMラジオを録音したものを聞かせてくることはなかったので……できなかったのでしょう。
  できていたら、絶対に、更に物凄い勢いで自慢してきたに違いありませんから。


 余談7
 このエントリ。
 随分と長い期間にわたって書き続けていたモノだから、割とアレ。

 

テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2008/10/02(木) 22:11:48|
  2. ラジオにまつわる色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まぁ似ている? | ホーム | ほうほう、新しくなったのだなぁ。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/376-54739ae0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する