FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

2008年3月・検索キーワード

 
 こんちこれまた上位を占めているのは――。

 「きたかんつなガールズ」・「DALK関連」・「カルタスGTi」・「茅原実里 金田朋子」・「天狗関連」

――そこから少しあけて。
 「Video killed the radio star 和訳」・「エコピー大使」・「Thermo-Tranz」・「C7-D関連」

――こんなとこかな。

 あと。どうも今月は今イチ面白なクエリが不作。
 相応に珍奇なものならあるのだけれど。

 
 

「漢字の使い分け 無償」
 普通に、類語辞典とか国語辞典とか買いなさいよ……。
 あたしゃ合計で5~6冊は持ってますよ?

「タンパク質を多く含むもの」
 肉、魚。
 玉子は割と水分が多いからねぇ。多いは多いけど。

「伊勢神宮 参拝 手 洗い方」
 洗い方……。
 参拝の(平均的な)手順くらい、神社なら神社本庁とかのサイトに出てるから。

「八大天狗 豊前 相模 太郎 次郎 三郎 伯耆 僧正 陀羅尼」
 八大とするのは誤用ですってば。一般的に「八大○○」とかって語があるから、そこに引っ張られてるだけ。
 それと陀羅尼坊は八天狗には入ってません。
 うろ覚えだったんだろうなぁ。

「天狗の鼻は何故長い?」
 こういう風に文章で検索する人って意外といるんだよね……物凄く非効率的だけど。
 一般に鼻高天狗の外見は、僧侶や修験者等で増長したり心の修養を怠ったものの象徴としてのもの。

「多岐都比売命 性格」
 ……は、この間やったね。

「前略プロフィール 機種 調べ方」
 何に際しての機種なんだか。
 まぁ一般に携帯電話の場合、大抵はブラウザ名として機種名を返すようにできてるけどね。

「バイナリーデータの読方」・「バイナリエディタ 見方 セーブデータ変更」
 読み方/見方って言われてもねぇ。単なる数値でしかないものをどうしろと?
 プログラムっつーかPCの基礎中の基礎だから、それを持て余す段階じゃ、どーにもならないかと。
 嫌味でも皮肉でもなく、それが現実ですってば。
 つーか、まさか普通に10進数・日本語で書かれてる・作成されてるとでも思ってる?

「ハヒル 香坂百合 可愛い」
 まぁそれなりに可愛いと思うよ?

「ハイヒール ペダル」
 とりあえずハイヒールで、反復横とびとかフォークダンスでもやってみたら?(某・談)

「トリップ 自由 付け方」
 対応するトリッパーを回しなさいって。何ヶ月って単位のスパンで。
 何でもかんでも、裏技だの抜け道だのがあるとか思い込むのはアレな人の特徴ですよ。
 まぁ検索時の効率的な文字列の選び方とか、正規表現を(使えるなら)使うとか……は、あるけど。

「ミツカン ごま豆乳鍋つゆ 通販」
 普通に店で買おうよ……大手スーパーで大抵は売ってるから。
 ま、そろそろ終息する時期だろうけど。

「DALK 路地裏版 アーカイブス」
 そんな個人作成のもんを誰が……。
 そういや。ちょいと話は変わるけど、割と、自分が気に入らない相手=○×厨――とかって言う人いるよね。
 大抵は、そいつのワガママか悔しさが原因なんだけどね。

「12枚の翼」
 有名なのは、ルシファーとかルシフェルとか呼ばれるアイツと、あとは一説によるメタトロンくらい?

「LANケーブルてなに」
 Local Area Network (用の)ケーブル。

「鳥はむ 焼肉のたれ」
 料理なんて、自分が不味くなきゃ何でもいいじゃないの。試せ試せー。

「閻魔大王 何とか婆」
 わらい。奪衣婆でしょーよ。
 この場合「何とか」を入れると(同じように)奪衣婆のことを「何とか婆」って表記・記載してる人を探す傾向が強くなるよ。

「間口=2間 / 奥行=5間 間取り」
 ……なんで、わざわざ “/” を入れたんだろうね、この人は。
 まるでウチのBlogからコピペしたみたい……てゆーか間違いないだろうね。わざわざ空白まで挟んでる辺り。
 割と大きめの敷地を縦長3つとかにぶった切って建売住宅を建てる場合なんかに、よくある感じ。

「孔雀菩薩」
 ……お? 知ってる人がいるんだね(そりゃ多少はいるって)。
 因みに原名は、マハーマユリ(Maha mayuri)――意味は、大いなる孔雀。インドの女神。

「神 最も偉い」
 神道の神々で言うなら、そりゃー天照大御神でしょうね。
 強いて別の名を挙げるなら、天之御中主神ってことになるんだろうけど。
――どっかのオカルトかぶれみたいに下手に多々の宗教(の神々)を一緒くたに統合して捉えようとするのは愚行。
 どうしてもって言うなら、もう、そんなのエル・カンターレ以下の神霊団でいいじゃん。

「lanケーブル 抜けない」
 大変だね、頑張ってね。
 ほじくり返せば?

「interlink+読み物」
 そうか……Handheld-CEでも動くテキストビューアでも見つけて、青空文庫なんかと組み合わせると面白そ。
  んで、もう色々と実行済み。つーか「銀河鉄道の夜」も、あとは仕上げの推敲だけって程度にはできあがったし。

「dalk 潜在値 上限」
 999じゃない?

「Silverthorne なんて読む」
 普通に “Silverthorne” だけで検索した方が早いと思うんだけどなぁ……。
 英語読みのカタカナ表記なら「シルバーソーン」ってくらいしか読みようが無いと思うけど。

「PC98 DALK 解析」
 セーブデータに関しては(CGフラグと位置情報以外は)解析し終わりました。
 もう、おなかいっぱい。

「Win.95版DALKのSavedata」
 公開する気はありませんし、これ以上の作業をする気もありません。
 アイテムと薬くらいが判れば十分だし。

「atom 性能」
 同等クロックの VIA C3/C7 と同程度か、ちょっと上くらい?

「「ジュエリーツツミ」CM あらこんなところに牛肉が 動画」
 ……あのハッシュドビーフのCMって、もう20年くらい前だと思うんですけど……。

「インテル 486 高速 秘密」
 8KBのキャッシュメモリ、命令セットの最適化、あとはパイプライン構造とかかな?
 あと確か486から――従前の386までとは異なり――内部が一部、RISC(*)アーキテクチャに準じるものになってた気が。
 * Reduced Instructions Set(System) Computer――縮小命令セット型コンピュータ。
   命令長が(ほぼ?)等長で短く揃えられた命令セットを持つコンピュータ≒プロセッサ、の意。
   現状のx86プロセッサは、論理的にはCISC(Complex ~)ながら物理的にはほぼRISCというハイブリッド(?)なもの。


「きたかんつなガールズ 声」
 誰が声を担当しているか知りたいなら――「Nexco 東日本 ラジオCM ナレーション」とかで調べる方が早いんじゃない?
 出て来ないっぽいけど。
 てゆーかラジオCMのナレーションとかは、本人がサイト・Blogを運営してて、そこに記載してくれない限りまず無理。
 かつて、それで一つだけ見つけたことあるけどね。

「I AM A LEGEND ラストシーン」
 なんつーか……“a” が一個入るだけで、随分と間抜けになるねぇ……。

「女の大天狗」
 いないんじゃない? 女天狗自体が下級・下位の天狗って位置付けられちゃってるんだし。

「便所の火事」
 ヤケクソだっ!


「調味料が腐った」
 ‥‥よっぽど酷い扱い方・保管をしないと、そうそう滅多に腐るものではないですよ。
 腐りにくいことが多いと言っても、腐らないわけではありませんけれど。

「によによ 意味」
 単に「にやにや」という擬音の表記を変形させただけでしょうね。
 あえてすわりが悪いように変形することで、意味や印象を強めたり。

「ソバ アルデンテ」
 これはパスタの茹で上げ加減を示す言葉です。
 特に日本語に(一言で)代替できる言葉が無いという面もあって、こうなってしまうのでしょうね。
 ですから日常会話などで用いるぶんにはかまわないでしょうけれど‥‥他者への説明・解説としては妥当ではないです。
 特徴だって違うんですから。

「なんだそうか」
 そうであるのかも知れませんね。

 

テーマ:インターネット関連 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/04/08(火) 21:06:54|
  2. おもしろ検索キーワード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<感じわるっ! | ホーム | なんとも挙動がテロリズムな小二病>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/318-51dbe638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する