FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

興味深いと言うべきなのかどうか、いかがか?

 
 既に(何度も)読了している小説でも、時に、読み返すことで――それが些細であれ大事であれ――新たな発見があることもあるものなのだなぁ、と。
 あるいは。
 今までの認識よりも、より妥当でありそうな、または別種の解釈ができる場合もあって。

 まぁ、あえてわざわざ Blog に記載するほどの話でも無いような気もするものの、なんとなーく。

 
 


 今までにも自分では十分に気付いていたつもりだったのだけれども‥‥この作品は、もう10回やそこらは読み返していたものだし。

 しかし読み返してみたら、今までに読み取っていた部分・段階よりも遥かに前の段階で、ヒメコの、そういう気配が描写されていたものなんだなぁ‥‥ということに気づいた。
 しかもそれが随分と判りやすい形で書かれているじゃないのさ。
 何故これを今までは見落としていたんだろう。
 なんか悔しい。

 それにしても。
 クーミンはどこに消えたんだ‥‥それが物凄く気がかり。
 むしろ気の毒な気配が濃厚そうな。
 割とお気に入りだったんだけどねぇ‥‥あの作中での、ぞんざいな扱いがね。とっても気の毒すぎて。いや性格も好みだったけども。
――途中から何故か、何の説明もなく急に登場しなくなり、その名前が出たかと思えば、あからさまなまでにヒメコ(メインヒロイン)の引き立て役として、比較対象として「名前だけ」が出てくるだけ、という。
 かなり理不尽な扱い。
 使いようによっては、かなり重要な役どころをも果たせたキャラクタだったろうと思うんだけど……。
  これ、もしかして、どこかの一部分がバッサリと(整合性も取らないままに)削除されているんじゃなかろうか……とさえ思いたくなるほど、消え方が不自然。

  あと、これって連載ものでなく書き下ろし長編だったはずなんだけど、たまに奇妙な設定の矛盾や、説明の重複とかが見られるんだよなぁ。



 さて、この小説はなんでしょう?
  クイズじゃありませんが、ここに提示してある情報で検索しても、ちゃんと答えに行き着くのは極めて困難なはずです。
  と言うか、読んで(&記憶して)ないと分からないと思いますから無駄な努力はせぬが賢明。
  つーか、もう一部の電子書籍以外では新品としては売ってないし。


 考えてみれば、どうも数年ごとに妙に読みたくなる小説(の一つ)だなぁ、これ。
 それに少なくとも「好きな小説」のうちの一つには挙げられる作品でもあるしね。

 

テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/03/15(土) 00:15:34|
  2. 読み物に係る雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たまには趣向を変えて。 | ホーム | 何故だろう>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/295-1f9e29b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する