FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

気になったので「意味訳」って言葉があるか調べてみた。

 
 結論。
 (1) 特定分野では使われていなくもないっぽい。
 (2) また極めて僅かに散見されるが、どうもそれは造語っぽい。

 要するに、一般的な語とは口が裂けても言えないレベルの、変な言葉だと断言して構わないと思う。

 そう判断した理由などは続きの中で。

 
 

 まず (1) の特定分野。

 どうも中国語を始めとしたアジア地域の一部の言語を学問的に捉える場合に、時に、音訳と対になる形で出てくる。
 なるほど。確かに、本来ならば「意訳」と表現・表記しても支障は無さそうな概念なんだが、それだと直訳と対になる語として普及している「意訳」との混同や誤解が懸念される。
 故に、あえて「意味訳」という語を用いるのは妥当かつ適正だと思う。

 なお、この場合は対象(となる言語)が、表意文字を含むか、それのみで構成される言語でなければならない。
 然もなければ何らの意味も持たないため。
 英語のように、表音文字のみで構成される言語に対し「意味訳と音訳」なんて概念は通用しない。意味訳と表現すべきものしか存在し得ないのだから、分ける意味がない。
 例えば “Pencil” の音訳なんて言われても、意味が解らんだけ。
 それを強いて言えば、一般的には発音とか読みと表現するもので、音訳とは意味が異なる。
 更に、もう一段階ほど歩み寄って好意的に強いて似た概念を探すと‥‥外来語でしょうか。訳してないですけど。


 続いて (2) は‥‥要するに、そいつが勝手に、単語を作っちゃってる場合のもの。
 それが、本来用いるべき語を知らないために、それっぽい単語をでっち上げたものなのか、それとも何らかの記憶違い等による誤表記かは知らないが――その殆ど全てが前者と思しい。
  何故なら、その例の多くにおいて、それの他にも不審な表記や表現が多く用いられていたり、誤字脱字・誤変換なども多いため。

 そして、今回の発端となった件での「意味訳」なんてものは、正にこれの前者(でっち上げ)に該当する。
 このエントリと、関連するエントリ、この二つ。
  直訳(に近いもの)と言うなら、まだエキサイト翻訳なんかの方が、より直訳としての妥当性は上だと思う。
  その前に「サ変名詞」の区別も付いてらっしゃらないようですけどね。「交換条件する」とか。それを言うなら「(裏・で)取り引き」でしょうに。


 確かに、意味や概念からの逆引きで該当する単語を調べると言うのは困難なものだが、それは矢鱈と手間が掛かるという理由であることが殆どであり、何も技術的・知識的に難易度が高い作業と言うわけではない。
 怠けているか、手間を惜しんでいるか、調べ方を知らないか、無知の無知であるのか。
 どれであるのかは知りませんがね。

 これ(造語や誤用の被害)も例を挙げて考えてみると。
 例えば、レジスタや(プロセッサの)キャッシュメモリを指す場合に、それを CPUメモリ と造語で表現しても、まず通じない。
 通じた場合は、相手が誤り・造語の利用を認識して、それを親切に変換した上で理解してくれた場合です。
 またPC・パソコンを計算機と言われても、普通は電卓の方が思い浮かぶだけ。
  まぁ電卓も専用コンピュータの一種ではあるが、パーソナル・コンピュータ=個人・小規模向けの汎用電子計算機、ではない。


 さて。
 こんな風に他人(しかも子供)の書いたものをあげつらってしまうと、自分の訳文を出さないわけには参りませんな。
 まぁ切っ掛け作りとしては、ちょうどいいところかも知れず。

 それにしても。
 その “Video killed the radio star.” のマトモな翻訳は、かなり面倒なものと思われ。
 と言うか、今もってなお “second symphony” のより巧い訳が無いものか、または何か綺麗に合致する逸話が無いか、と思案・捜索している最中。それこそ最も有難いのが「第二交響曲と言えば、この曲だ!」と言うようなものが存在すること。

 うーむ‥‥マーラーの第二交響曲「復活」であるならば、タイトルと歌詞との符合から見ても面白いのだけれど、その符合・同一視を正当化する材料が無い(見つかっていない)のが残念至極。

 

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/03/07(金) 20:55:25|
  2. 分類するのが面倒臭い趣味系の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Video killed the radio star ~ラジオスターの悲劇~ の和訳 | ホーム | うわ、危ない危ない…てゆーか危なくない>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/286-65b5bfc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する