FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

すっげー誤解してる人が多いっぽい、Atomの処理能力?(補記)

 
 あー製品名が “Atom” って発表されちゃったね。
 Silverthorne / Diamondville = Bonnell = Atom プロセッサのパフォーマンスってさ?
 1.86GHz 駆動で、Dothan-512K/800~1100MHz 相当程度って Intel が公表してるんだけど。
  とはいえ、この公表も Atom が得手としている部分での比較なんだろうけどね。

 なんで、あんなにパフォーマンス(処理性能)に期待してる人が多いんだろ。
 アレな例だと――C7では性能が足らないから、Atom に期待している。とか言っちゃう人も割といる。

 つーか上(↑)の部分は、初出時には上述の通りの誤り(?)を敢えて書いたんですがね。
 実際に見かけた中には「今、利用してる Turion では性能が全く足りないから、Atom に期待してる」と言う悪い冗談にも程がありすぎる書き込みがありまして、それを見かけたのが発端だったりしました。
――因みに。
 Atom の実処理能力は、初期の Pentium4 と同等程度。
 シングルチャネルのみの Turion64 と比較しても、多少の得手不得手はあれどクロック当たりの能力は Turion の方が2倍近く上です。
 およそ。
 Pentium4/3.0GHz : PentiumM/2.0GHz : Turion64・Athlon64(754)/1.8GHz
――この(↑)辺りで、およそ全般としては同等程度の処理能力になりますからね。


 そんで Atom の件。
 単純比較はアレだけど、同クロックの C7 と大きくは変わらないパフォーマンスにしかならないじゃん。
 C7-D/1.5GHz も一部のベンチマークなら、Dothan-2M/900MHz くらいのパフォーマンスは優にあるよ?
 そもそも Atom は、必要最低限+α 程度のパフォーマンスを低消費電力かつ安価に提供するって意図の製品なんですから。

 まぁ、Atom は消費電力が低いし、同クロックの C7 よりは高性能な可能性が高いけどさ。
  そして実際に、同等クロックのC7よりも何割か高い性能のようですね。
  まぁC7は、如何せんメモリアクセス能力が低すぎますからねぇ・・・・あれがもう少しマシなら、また違ったことでしょう。
  それとチップセットのIGPの能力差もありますし。


 つーか。
 たぶん、この記事(SilverthorneのパフォーマンスはDothan以上) の。
 中身を読まず 同クロックのDothan以上と思い込んでる人も多いんだろうね。

 ちゃんと書いてあるんだけどねぇ。
  本当に最近、どんな読解力をしてるのか理解に苦しむ人が増えてますな。
  まぁ、そういう人ほど声が大きくて(=内容や書き込み頻度等の酷さが著しく)目立つって面も大きいのでしょうけれども。

 

 

 個人的には、現在C7が用いられている(かつ能力的にも何とかなる)ような分野で、同等以上の性能を維持しつつも、割と消費電力が下げられるはず……と言うのが妥当なところでしょ、としか思えないよ。
  でも実際には――確かにシステム全体としての処理能力はC7よりも高いものの、消費電力面では C7-D 搭載システムとほぼ同等程度。
  明らかに945GCが、足を引っ張りまくってるどころか話にならない状態ですのでね。
 


 あと‥‥「おしえてgoo」だったっけかな?
 あー「Atom 処理能力」でぐぐると、ウチの記事の一つ下に出てくるねぇ。

>AtomとPentiumMの比較ならありました。
>CPU単体では同じくらいだと思いますが、その他の規格(HDDとかメモリ)が進化しているので、
>その辺りで処理能力が高くなっていると思います。
>記事にもありますが同世代であればCeleronの方が高性能だそうです。


 ‥‥h06c01 さんとやら。一体ナニの経験者なんだ、と。
 「規格」って表現も変だし、全く以って「CPU単体では同じくらい」でなんてありませんよ?
 CeleronM 360J(Dothan-1M)と比べたら、下手すりゃ半額。
 と言いますか――どんな自動翻訳を通して読んでるんですか? って勢いですよ。
  ここでの「半額」は、販売価格が半分という意味ではなく、実性能が半分という意味ですので念のため。


 大まかに言えば、Atom の(システム)パフォーマンスは、同等クロックの CeleronD と同等程度か少し下って辺り。
 同等クロックの Willamette-128K & 845G と同じくらいですかね
 動画の再生支援能力は、845G なんかよりも上ですが‥‥H.264 を除く SD サイズの MPEG-4 系(DivX や Xvid など)や DVD-Video を始めとする MPEG-2(SD) なら問題なく再生できる程度。

 それでも殆どの人の日常的な使い方なら、殆ど不足は無いくらいの処理能力は持ち合わせてますけどね。
 でも、こと処理能力の高さを(ある程度)取り沙汰するのであれば、まだ CeleronM 360/1.4GHz 辺りの方が遥かに上ですよ。

 

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/03/02(日) 08:39:55|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年2月・検索キーワード | ホーム | 「さよなら」をローマ字で書くと。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/280-69dbc0be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する