FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

Monkey magic の和訳(追補)

 
 あーまた全角英字だ‥‥気持ち悪い。

 気を取り直して、タイトルの通り。
 この曲の歌詞は基本的に、西遊記の最序盤の部分を凝縮してあるだけなんですけどね。

 ただ以前にも書いたように、1番の歌詞が物凄く訳しづらい。
 名詞を複数連ねてたり、強調にしたって似たような意味の語を使いすぎていたり。
 意味は(なんとなく)分かるんですが……もっと別の選択肢もあるだろ、と。

 まぁ以前に聞いた話では「語感重視で作詞したから」って理由らしいのですがね。

 
 

 さて。それじゃ書いてみましょう。
 ああ、割と意訳気味ですんで念のため。


 山頂の(岩の)卵から生まれた暴れん坊の猿は、ますます暴れまわっていた。
 彼は、この世にある数多くの魔法を身に付けていて、それを使って神々を始めに色んな連中をからかって遊んでいたのだ。

 ハぁー、猿魔法・猿魔法。猿魔法ったら猿魔法。

 そんな驕り高ぶる猿の振る舞いは神々を怒らせ、神々は猿に、素晴らしい僧侶が現れて助けだしてくれる時まで続く罰を与えた。
 そしてその罰の終わりは、彼ら(=僧侶と猿)の、遥か西へと向かう(取経の)旅の始まりとなるのである。

 ハぁー、猿魔法・猿魔法 (あ、チョイと) 猿魔法ったら猿魔法。

 今夜も、ほんの僅かな欠片ほどの猿魔法があれば、大花火だって上げられる。
 ほんの僅かな欠片ほどの猿魔法があれば、世は押しなべてゴキゲンってもんさ。

 ハぁー、猿魔法・猿魔法 (あ、ソーレっ) 猿魔法ったら猿魔法。

※ なお、 ( ) 内は補足部分です。


 誰ですか?
「なんで途中に民謡か音頭をまぜてんだよ?」
 とかいう妙な疑問を持つ人は?

 ‥‥大正解、その疑問は。つまらないんで、やっちゃっただけです。
 気にしないで下さい。



 さて。翻訳に最も弱ってた部分の元々の詞は、こんな感じ。

 He knew every magic trick under the sun.

 そもそも “magic trick” ってのも厳しいんですけどね‥‥そもそも “magic” は、いわゆる「魔法・魔術」って意味の言葉ではないので。
 Magic が意味するのは、あくまでも「手品や奇術」という、エンターテイメントのアレです。
  魔術を指すのは・・・・“witchcraft”になるのかな、やっぱ。

 なんで名詞を二つ‥‥せめて “Tricky magic” とか “Magical tricks” とかしてくれれば訳しやすかったのに。
  調べ直していて気付いたけど、名詞を連ねるってのは、強調とか明確化なんて感じの意味があります。なんでも連ねられるわけでもないですが。
  例としては、これが分かりやすいかな?
  High-school student――で「高校(の)生徒⇒高校生」ですよね。
  これが、名詞を連ねて明確化するものの一例です。


 そんな余談はさておき……困っていたのが “under the sun” の扱い。
 これを直訳すれば「太陽の下」ですが‥‥てゆーか、それなら “in the daylight” とか “in broad daylight” とかなるはず‥‥。
  ひなたぼっこの「ひなた」を指すような状況の場合。
  日本語ではその根源である「太陽・Sun」を主体に据えますが、英語では太陽から発せられ降りそそいでくる「陽光・Daylight」に主眼を置きます。
  こういう部分が、日本語と英語とにおける感覚の違いです。

  また時には、綺麗に対になる言葉がなかったり、あるいは複数の意味がある中から適切なものを選ぶ必要があることもあります。
  日本語の「夢」が使いかたによって、英語での Dream / Daydream / Hope などなどの意味に化ける場合とか。

  異言語を(日本語に)訳そうとする場合、そういう「言語間には相違が存在する」ということくらいは知っていないと、トンデモ誤訳を連発することになります。
  意外と「単語・漢字には、一つの意味しかない」って考えているとしか思えない、オモシロい人が散見されるんですよね……。
  もしも言語・文字が、そんなにまで安直なものであったなら、もっともっと機械翻訳の精度は上がっていなくてはおかしいはずですよ。

 てゆーか「太陽の下」じゃ意味が通じないじゃん?

 と。すっかり熟語としてみるのを忘れていましてな?

 普通に「この世の/この世界の」って訳せばよかっただけでした。とほほ。
 やっぱり接していないと色々と忘れていくもんですな。思い出せるとは言え。

 一応、その部分を直訳しておくと。
 彼は、この世のあらゆる[手品(や)カラクリ]を知っていた。
――こうなっちゃいます。

  我ながら(デタラメでは無いけども)ムチャクチャな翻訳だ。

 

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

  1. 2007/07/04(水) 23:39:25|
  2. 分類するのが面倒臭い趣味系の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Witch?!(追補) | ホーム | 食い物(にやにや)>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/27-7c11c1b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する