FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

意外と多いね

 
 (主に?)国際単位系において、使う英文字は、大文字・小文字が厳密に決められてるってことを知らない人。

 まぁ大概においてミスしてたところで殆どは通じますが。
 例えば、キロメートルを “Km” とか “KM” とか誤表記しても、前後やら何やらを見ていれば殆どの場合、通じはします。
 ヘルツ=Hz を hz と書いても、一部の分野や専門的な領域においては非常に恥ずかしい間違いではあるものの、日常レベルでは大した問題ではないし、まず通じます。

 だけど、なーんか(上から)技術論をぶち上げてたりする場合に、これは恥ずかしいですよ。
 偶発的な誤記や、ごく部分的な誤記憶を除いてね。
 少なくとも、中学生レベルの学問(の基礎知識)が身に付いておらず、かつそれ以降も正確な資料群には(殆ど)触れてない上に、自ら調べたことがないということだし。

 当然これをもって、その(主張や提示の)全てが覆されるわけでは無いけれど。
 ただ上述のように、割と専門的な技術(論)を語るのに、これではね。
 それに、そういう不注意さ・迂闊さが多々見え隠れする人の言ってることなんて、もし(マグレで)趣旨が正しかったとしても、説明が下手(すぎ)だったりして結局アテにならないことも多いですが。

 そりゃ別に雑談や日常会話相当のものでまでは、どーでもいいけどね。

 
 

 それに企業でも割と出鱈目なのも。
 CD-R/RW などで700メガバイトを “700mb” だとか書いてる製品も割と見ましたし。
 思わず「CDで700ミリバールって何じゃい。随分な低気圧だ」とか思っちゃう/言いたくなるわけですがね。
 それとも‥‥700ミリビット?
 いや、ビットって最小構成単位であったりするわけですから、それの 700/1000 ってのは意味不明。



――例えば仮に “Junk” を “Jank” と間違えていたとします。
 文章全体で8個あるうちの1つだけが間違っているのだとしたら、そりゃミスタイプ以外の理由だと思う方が難しいでしょう。逆に7個が間違っていたら、正しい部分が(その人にとっては)ミスで、根本的に間違えて憶えてるな、と思わない方が不自然でしょう。
 もしも半々だとしたら‥‥見なかったことにするのが賢明でしょう。多分。

 そういう部分に目を向けることさえでき得るなら、その相手がどのようなことを言わんとしているのか、あるいはその人がどの程度のことを知っているのか知らないのか、そんな部分が見えてくることが多々あります。
 ここら辺は説明・解説でも似たような側面は多々あります。
 その説明内容如何によって、その人の説明がアテになりそうなのか否かを判断するに足るものになることでしょうから。割と。


 それで近頃(悪い意味で)面白いのが‥‥あちこちの Blog やら何やらで見掛ける、間違い方のロジックさえ見極められなかったり、あるいは出鱈目にも程があるタイプの意見を言ってる人。
 以前は、そういう人(大抵が知ったかぶり、稀に本気で意味不明な人も)――の殆どが、どうしてそういう意見になるのかという点を全く述べずに、ただ頭から、異なる意見を否定するだけだったので色々と厄介だったのですけどね。
 何故なら――それだと、その人の意見が、私が知らなかったり見落としたりしている部分を的確に突いていて、実は合っているのかも知れないってことを考慮しないといけないため。

 もちろん私も、それなりには調べ・学んではいるわけですが、それでも漏れやら何やらが無いなんてはずはなく、また手を付けていない分野だってあります。故に、その奇異な否定するだけの意見でも、正しいのか間違っているのかが判らない状態で無碍に否定・無視するのは馬鹿げてます。
  とは言え、それでも大抵は判断できるものですが。何故なら、私が知っている範囲の部分で(どういう形であれ)大きな間違いがあるような意見なら、まず間違っていると断定しても支障が出ることは無いですから。

 だけど。
 どうにも最近は、そういう奇異な意見を挙げる人が、何やら知らんけども、それを説明し始めるという事案を割と見掛けるようになったんですな。
 いやいや、これは実に有り難いのですよ。
 何故かというと――間違っている・出鱈目な意見だってのが一目瞭然なら、端から一顧だにする必要が無いですからね。

 しかしながら。
 こーゆー、私のような性分をしていると、今度は‥‥。
 では何故に、その人は、そういう得体の知れない、出鱈目な、事実と乖離している知識や情報を収得してしまったのだろうか、という部分が気になってしまうんですね。

 往々にしてと言うか、ほぼ例外なく、間違いには間違うなりの仕組みがあります。
 原因と言い換えてもいいですね。
 しかし‥‥どうすれば、そういう間違い方をできるかが全く判然としない事案に遭遇する率が妙に増えてきてるんですよね。

 まぁ。その原因を、身勝手な読解力≒読解力の低さを認識できないこととか、根拠の無い自信や全能感とかに求めることはできるのですがね。
 ついでに言えば学習能力に欠陥があるってのもありますね。
 何か失敗や間違いをしたときに「うわーやっちまったよ」と思う部分が全く(と言ってもいいほど)無く、逆に「恥をかかされた!」という類のことしか思わない、とか。
  まぁ、こんなヤツは人間として終わってますがね。

 しかし‥‥そこからまた一歩踏み込んで、ではその際・その瞬間の、具体的な間違ってゆくさまを可及的にトレースしたいとか思ってしまうと、最早まるっと袋小路(……ぶらこうじ)。
 もちろん、そんな馬鹿げたもん(そのもの)に賛同・共感はしないけど、さりとて把握・理解はしたいと思うわけです。後学のためにも。
 そこが実に悩ましい。

 だけどホントに、なんつーか……根拠の無い全能感を抱いてるのが妙に増えてる気がしてならない。

 「端からダメだと思い込むな、何事も自信を持って取り組め」――的なことは往々にして言われるわけだけど。
 この「自信を持つ」ってのは、そういう根拠の無い全能感とは全く別物なんですけどねぇ……要は「尻込みするな」ってことだし。

 ええ、一人……いや、二人以上だね。
 極めて顕著な、まんまの実例に心当たりがありますとも。見ていて何度となく目が点にしてくれたのが。
 今は、(たぶん)関わりが無いんでせいせいしてますけどね。
  そいつ(ら)が――自覚の有無に拠らず――このBlogを読んでたら苦笑するけど。

 だけど、そこまで酷くはなくとも、そういう傾向が見え隠れする人物との遭遇率がねぇ。

 

テーマ:雑記 - ジャンル:その他

  1. 2009/09/09(水) 09:09:09|
  2. 見方・考え方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<どーにも判断に悩むんだよね | ホーム | むふー。>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/266-cf93ae8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する