FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

Intel Legacy-processors

 
 これ、実は1年以上も前のこと。
 その時、気になったこと・調べたことをまとめていたから、それに更に手を入れて読み物風にしたのがこのエントリ。

 何となくインテルのサイトを眺めていて。
「(そういや旧製品は組み込み向けのところに一部の情報が残ってたっけ)」
──と思い出し、見てみた。

 なんだこれ?

 PC 向けには無かったことにされている “186” を筆頭に、386/486 等々にも今までに見たことの無い型番の製品が。

 一まとめに言えば、どうも新世代のプロセッサ製品のテクノロジを新たに取り入れ、組み込み向けに低消費電力・低発熱化されているもの‥‥が多い様子。加えて、シリアル・コントローラ等も統合されている模様。
 また製造プロセスも、より上位の(微細な)プロセスにシュリンクされていると思われる。そもそも当初のプロセスと同じままで 186 が 16MHz や 25MHz で動作するだなんてのは普通では考えられず、加えて、その方が当然のようにコスト面でも圧倒的に有利であるため。
 とは言え、例えば 186 や 386 を現行・最新の65/45nmプロセスで製造するのとかは事実上不可能だけど。

 ちとリストアップしてみる。186 は‥‥188 を含め、よく知らんので割愛(※1)。
 386EX / 386SSX / 486GX ――目立ったところだと、こんなところか。
 以下、簡易な詳細(変な日本語だ)。

  なお、この記事は、一通りのプロセッサ仕様と、それにまつわる用語を既に理解できている人向けのものですので、悪しからず。

 
 

【 386EX 】
 EX には TC/TB の二種類あるようで、TC は 5V 駆動の標準電圧版、TB は 3.3V の低電圧版‥‥というところらしい。
 また EX シリーズは、アドレスバスを 26bit(空間は64MB)に拡大してあり他にも色々とパワーマネージメント機能を中心に拡張が施されている。
 データバス・バンドは明示されていないが、アドレスバスが SX の発展系と見るべき辺りから(そう判断し 26bit を[拡大]と表現した)多分 SX と同じ 16bit だろう。
 また 8086 に対する 186 と同様(?)にメモリ・コントローラ等も内蔵されている模様。

【 386SSX 】
 書いてて思い出した‥‥この SSX は、かつての SL エンハンスト版と同等くさい。非低電圧版の。
 5V 駆動で最大 40MHz 動作。動作クロックは伸びてない模様。
 386SX をベースに、低消費電力設計とパワーマネージメント機能が追加。それ以外の統合機能は無さげ。

【486GX(GXSF)】
 ‥‥これも思い出した。i486SX(J) っぽい。ワールドワイド化してたらしい。
 3.3V 駆動、8KB ライトスルー・キャッシュ。ただし最大 33MHz 動作。
 外部バス周りは 80286 / 386SX と同じで、データバス=16bit:アドレスバス=24bit っぽい。
 あと SXSF ってのもあった。要するにバスは同じままの 3.3V 駆動品。
 “SF” って “Small Form-factor” っつーことだろうなぁ。

──そういや‥‥286 は残ってないんだな。
 いや、ま 386SX シリーズがその位置に据えられているのは解るんだけど。処理能力では全くと言ってもいいくらい同程度(※2)だし、多機能だし。


※1 8086に必須周辺チップを統合し、また一部の回路設計を見直すこと(今で言うステッピング・チェンジ等に相当)で高速・高性能化したもの。
 ただし何やら致命的な不都合があったようで、殆ど PC には採用もされず、いつのまにやら殆ど「無かったこと」に。そんで後継の 80286 の登場で、そのままフェードアウト。
 80188 は 80186 の 8bit データバス版で、8088 (結局は 8080~8085)のリプレース用途用。
 しかし一部の SCSi カードやルータなどのコントローラとして利用されていることも。
 つーか、80186 どころか Z80/8085 辺りでさえ今でも使われてたりするけどね。

※2 286 も 386 も 8086 に比し2倍以上高速だが、内部が 32bit 化され複雑化しているため 16bit コードの演算性能は僅かながら 386 よりも 286 の方が高い。

 

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/01/31(木) 21:28:31|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<携帯型デジタルオーディオプレイヤー | ホーム | なんとなーくメンテナンス>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/237-282c6a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する