FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

SuperGT2007+その他(追記)

 
 すっかり忘れていて、ようやく第3戦以降を視聴。
 GyaO で。
 ちょうど前後する先日、最終戦が配信されたからね。割といいタイミングで思い出したよ。
 たまに止まったりストリーミングが追い付かなくなったりするけれど、ぼちぼちと。
 夕方~深夜は、どーしよーもないね。頻繁に昔のTV電話(静止画付き電話って言うべき?)みたいになっちゃう。
 とは言え、そういう時間帯くらいしか見らんないし。

 それにしても。
 さすがに、ほぼ全時間を放送しているだけあって Pokka 1000km の7時間は観るのも大変。
 オープニング&エンディングのセレモニーはともかく、レース中はいつ何が起こるか判らないから飛ばせないし。

 あと。まぁ構わないんだけど……実況・解説の解説ってのも、面白いけど疲れるね。
 だけど。
 実況・解説が凄く聞き取りにくい(ことが多い)のは弱っちゃうったら。

 
 

 絶対スピードは遅いとは言え、やっぱ見慣れたクルマ(の面影が残っているクルマ)が走ってるのは観てて楽しい。

 来シーズンはニッサン勢が GT-R を投入してくる予定だし、どんな風に進展していくか楽しみ。


 ついでに Neova AD07 な話。

 やっとこさ風邪(っぽい何か)も収まったっぽい気がしなくも無いので、ちょろっと夜中に、こっそり山の方に。
 約60kg(ネット)のバラストを横に乗せて。
  手荷物・服も込みなら、そんなもんでしょ?

 往き帰りは実に、自分でも驚くほどの超省燃費走行
 1→2 では 3,500rpm 以下ほどで、2→3 なら 3,000rpm 弱、3→4&4→5 は 2,500rpm ちょい……で、ドロップ後にも 2,000rpm を維持できる程度でスイッチさせ、アクセルは軽く足を乗せる程度で、にょろーにょろーと軽快に滑らかに。
 あとは余りエンジンには負荷を掛けないよう気を配り、ひたすら回転数を一定に、また随時エンブレを活用。
  こういう走り方でも、流れを乱したり遅れたりしないどころか、下手すりゃ流れを引っ張れる辺りが、軽量なチューンドのいいところ。

 厳密な数値では無いけれど、その部分だけで言えば、軽く 15km/l を超えてる。
 まぁ道も空いてて運も良かったんだけど、そこは M/T の実力発揮ってことで。
  A/T ってのは、運転時の手間をガソリンで買う=ガスを多く消費させて楽をする、ものです。
  それ(≒A/Tを選ぶこと)を悪いと言う気はありませんが、エコロジーだの何だのを強弁に語るつもりなら A/T なぞ論外です。
  そりゃ最近のA/Tは改良・進歩により改善されていますし、優れたCVTだと下手なM/T乗りよりは良好な燃費を達成し得るけどね。
  でも……もし省燃費を完全に追及するなら、CVT+M/T用クラッチが最高なような気はする。そんな車は無いけど。


 なんかバラストが「運転してみたい」とか抜かしてた気もしますけど。
私「あのねぇ……資格外運転は無免許と同じ。限定解除してから出直しておいで」
――と。


 で。
 ……やっぱり全然違うね、DNA-GP とは。

 急勾配(約10%)のコーナーとゆー場所だけども……幻の2速全開、心の100km/h超と言うような状況下でも、タイヤにはまだ余裕がありやがったし。
 ※ これらの形容はイメージです。

 DNA-GP でも何とか堪えられこそするものの、ちっとも余裕が無かったはず。
 クリッピング・ポイントを超えたところからの踏み込みで一気に全開くれると、僅かでもラインやら何やらをミスったり、何かの状況変化があったら大変なことになりかねない感じだったかな。
 故に、踏み込む時にごく僅かに全開に至るまでの勢いを加減しておいた方が無難。
 踏み込みきるまでに、1.3~1.5テンポ掛けるような感じ。

 それが Neova なら、全くの加減無しに1テンポで加速させても、無難含みで踏み込んだ時と同じか、それ以上に踏ん張ってくれる。
 走らせ方に拠る部分もあるけど、あれ以上は、路面がマトモにならないと無理。あの道はガッタガタだし。
  あと自分も Neova のグリップに慣れないと、DNA-GP の時のクセが残っちゃってて巧く合わせらんない。

 またそのコーナー抜ける頃も、今まではレブリミット(約8,000rpm)に当たるまでに少し余裕があったはずなんだけど……抜け終わって1テンポ空けてからシフトアップくらいで間に合ったはず。
 だけど、なんだか抜け終わるか終わらないかって辺りで既にレブリミット寸前。
 まぁ進入速度自体も速かったってことなんだろうなぁ。
  正直あの時はちょっと驚いた――と言う、心象風景の再現ドラマ。

 それ以外の部分でも挙動を確かめるためにも、いくらかラフめには走ってたけれど、ちーっとも(軽くでも)カウンターを当てる必要も無し。スキールも殆ど聞かなかったし。
  厳密にはカウンターではなく、ごく微妙な、微調整のような細かい修正舵――だけども。FF なんだし。

 まぁ(また更に)随分と腕は落ちてた気もするけれど、それを補っちゃうくらいに Neova は速いや。
  まぁ DNA-GP 自体、そりゃスポーティなタイヤとは言え、そーんなにグリップに定評があるタイヤじゃないけどさ。

  ついでに。
  今までも微妙に感じてはいたんだけど……あのクルマ、やっぱり5,500rpmちょい辺りからハイカムが乗ってくるんだね。
  可変バルタイなスポーツエンジンの二段階加速ほどじゃないけれど、少なくとも、蓋は開く感じ。
  タイヤに気を取られすぎてて気付きにくかったって言うか、確信には至らなかったんだと思う。たぶん。


 まぁ何回か鹿と併走したり。
 なんだか逃げようとしているらしき挙動の前走車に一定の距離を保ったままくっ付いて行ってみたり。
 なんか自分とほぼ同じか下手すると微妙に速いクルマに追い付かれるかどうかと思っていたら、分岐も駐車場も特に無い辺りの場所で、それが忽然と消えたり
  ライトが見えなくなったなぁと思って少ししてから、ちょうどUターンして戻ったんだけど……すれ違わなかった。本当に、どこに消えたんだろ。

 そんな愉快な、テスト走行を含めた夜のドライブでありましたとさ。

 

テーマ:その他 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/11/17(土) 16:46:06|
  2. おクルマな感じでウダウダ。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<気付いた | ホーム | うーん?>>

 ? ? ? ? ?

 コメント?

2007,11/18. 16:00.59 に 73.221.150.220.ap.yournet.ne.jp ( mailto:198eroandpieace8955@docomo.ne.jp ) から投稿されたスパムコメントを削除しました。
  1. 2007/11/18(日) 16:07:26 |
  2. URL |
  3. Alvz.00 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/158-4f57da41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する