FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

忌むべき食べ物アレコレ

 
 でー。
 個人的に好き好んで、色々と食べたり食べなかったり、ぷち菜食生活してるわけですけど。
 まぁ大まかなコトはいいとしてもね、細かい部分が判然としなかったり、その理由や根拠を知らなかったりするものも少なくないから折を見て調べているんですけどね。

 案外、適当(ぞんざい)/曖昧な成り立ちのものも多いんだね。

 で、今回は。
 (1) 肉類・魚介類のあれこれ
 (2) 匂いの強い根菜類のあれこれ

――ここらについて、ちょいちょいっと。

 まず肉とか魚とか。
 まぁ根本の部分には「殺生はダメよん?」って戒があるんだから、動物を殺さないことには食べることができない肉・魚類を食べるべきではないってのは想像に難くないところ。
 とりあえず「三種の浄肉」とか「十種禁肉」は置いといて。
 でも一方で。
 食べるべからずは四つ足の動物で、四つ足でない鳥や魚なら(まぁ)構わない……ってのもあるわけで。

 これは、なんで?

 残念ながら手許の書籍類なんかには当該情報がありそうなものが無かったので――続きはWebでっ。

 
 

 どうも「穢れの観点から~云々」とゆー記載は見受けられるけど、そこから先が今イチ。
 じゃあ今度は穢れが云々の方面から……と追跡すること幾星霜。

 当然のように推測にしかならないけど……。
 まず元々神道では血などを穢れとして考えるけど、それがこれらの根本にもなるらしい。
 加えて大昔に、仏教の不殺生戒に鑑みたものか「肉食(動物食)禁止令」が出たこと。
 それが追って修正され、鳥や魚は規制が緩められたこと。

――どうも、ここら辺が相まって、そういうことにつながっていったみたい。
 確かに多くの魚介類は、捌いたところで血らしきものが出ないか非常に少ないから、まぁ解る気はするけど……。
 まぁ鳥も少ない方と言えば少なめかなぁ。
 つっても。一部はともかく、体の容積自体が小さいから出る血も少ないって面も含まれてるんだろうなぁ。
 要するに、比率と絶対量の問題だね。
  でも肉食禁止の本当の理由が、要は権力者が自分(たち)が肉をできるだけ独占したい、ってなところに起因するんじゃないかって説も。
  そんで――鳥や魚くらいなら、まぁ食わせてもいいか。動物類も多少は食べないと体力等のみならず民衆の不満を抑え込むこと云々。
  とゆー面もあったっぽい?
  だとしたら……まぁマヌケな話だねぇ。こんなもん。



 続いて匂いの強い草や根菜。
 とりあえず伝統的なものとして、お供物などでは避けるべき「五草」ってのがあります。
 ハジカミ(ショウガ) ・ ニラ ・ ニンニク ・ ネギ ・ ラッキョウ

 その理由ってのが、仏さま(お釈迦さま?)が嫌うからってことらしいんだけど。
 まさか単なる好き嫌いじゃ……。
 げふん、げふん。

 ただ、これは本当に根拠らしきものに行き着かないんだよね。
 確かに匂いは強いんだけどさ、いずれも現代では健康的な食材として認識されてるものだし、引いては昔でも精をつける云々(≒栄養価が高い?)ってことは認識されてたように思うんだけどな。
 うーん……やっぱり「匂いが強い」って部分なのかな……匂い≒灰汁みたいな捉え方をしたとか?
 それとも、匂いが強い=清浄ではない、とかかな?
 でも一方で、匂いの強い根菜とかは魔除けにもなるとか何とかって部分もあるしね……。

 ちょっと手詰まり。わかんない。
[追記] 追って調べたり何だかんだで、ほぼ究明できました。それについては・・・・同カテゴリ内にあるので適宜探して下さい。


 因みに天狗ちゃんたちは。
 やはり肉(獣肉)は食べないものの、鳥と魚は食べるらしい。生食もありだとか。
 加えて五草の類も、ネギだけは食べるんだって。

――なーんか本当に今の私みたいだね、これ。

 

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/10/03(水) 00:59:21|
  2. 神話・伝承・宗教・掩蔽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<……ぼそっ | ホーム | さて、ドライブドア・TeraBox2(4)>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/119-3d2d17dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する