FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

西遊記あらすじ!?

 
 これになっちゃうよねぇ……テーマ。
 でも、西遊記を海外小説にカテゴライズするのって、なんか変な違和感が。間違ってはいないんだけど。


 タイトルのように、児童向けとかドラマ版でない方の西遊記のあらすじを検索して読んでみた。
 最も、の方じゃないよ?

 したら……そうそう、思い出したよ。

 ‥‥そういえば玄奘って、志こそあるものの超絶ヘタレだったっけ。

 猪悟能って、やたら悟空を陥れてたっけ。

 悟空は悟空で、やけに頻繁に目の前で玄奘をさらわれて、しかも割とよく戦ってる最中に相手に逃げられてたっけ。

 そして沙悟浄は異様に地味だったっけ。そして案外真面目だけど割と毒舌。
 
 
 

 何より。

 斉天大聖はともかく。
 天蓬元帥(てんぽうげんすい)とか、捲簾大将(けんれんたいしょう)とかは、ルビがないと普通は読めないと思われ。
 # ちょうど、その見たページはルビ振りに穴っぽこが多くてね。
 # まぁ大半は元から読めたからいいんだけど。

 太上老君(たいじょうろうくん)辺りは‥‥どうなんだろ。


 あとは……ああ、そうそう。
 「玉帝」って、玉皇上帝じゃなくて元始天尊だったんだね。
 確かに、玉皇上帝よりも元始天尊の方が長生きしてるだろうし……って単に[玉帝]って名称・文字に惑わされてただけなんだけど。
 # 玉皇上帝は(道教等に於ける)かなり高位ってゆーか、ほぼ最上級の神。
  大抵の場合、大帝よりも上帝の方が偉いっぽい感じだし。
 # 一方の元始天尊は、創造神だったか原初神だったか忘れたけど、まぁそういう最古参&最上位の神。


 でも。なるほど……あの二人は元帥と大将だったっけ。
 地上にいる道士・妖怪・仙人辺りに苦戦する辺り、妥当なところだね。
 まぁ必ずしも位と実力が比例するとは限らないけどさ。
 てゆーか、あの最上位クラスの神々でさえ手を焼いて、天界に於いて、ほぼ最高の戦士であるはずのナタ太子なんかでさえ手も足も出なかったくらいの孫悟空が、そこら(?)の妖怪や妖仙、あるいは天界の牛とか金魚(笑)にまで苦戦してるってのは正直、納得いかないけど。
 妖怪とか相手なら、割と不殺生戒は無視してるから、それが枷になってたとも思いにくいし。
 強敵が味方になった途端に急激に弱体化するってゆー マーフィーの法則 お約束かしらん?

 天? 神? 神仙? の位としての元帥・大将は、そう高いものでは無いことが多いです。
 天王(≒仏教での[天]=仏や仏教・経典等の守護を任務にしている、寿命のある神)なんかよりも、更に下の位だったり。
 あるいは天部の神々の中での中~下級に位置する、羅刹や夜叉の(王クラスでない)有力者……って感じのことが多いかな。

 でも、それって飽くまで仏教の天部の神々に於いての話だから、この西遊記や道教を中心にしたものの中で捉えると、また結構違ってくるかも。
 実際、西遊記内での、この辺りの階級のって……かなり雑魚扱いされてるし。


 西遊記って、仏教と道教と、更に色々なものが雑ざってるからややこしいったら。

 

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/06/23(土) 00:22:31|
  2. 読み物に係る雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ああ‥‥。 | ホーム | お飲み物は如何ですかぁ?>>

 ? ? ? ? ?

コメントの投稿 (NGワードにご注意あれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuff.blog106.fc2.com/tb.php/11-d148a31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する