FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

ふと気づいた。

 昔話の「浦島太郎」に出てくる「玉手箱」って。

 「玉手・箱」や「玉・手・箱」ではなく「玉・手箱」なのか……そうか、そうか。
 納得がいった。

 この場合。
 まず「玉」は宝物や貴重な品などを指す語で、また「手箱」は硯箱とか重箱のように小ぶりな(それなりの意味のある)物品を収納するための箱・容器を意味します。
 つまり「玉手箱」は――「重要なナニカが収められている小ぶりな箱」ってことなわけですね。

 そんで。
 では「手箱」がどういう外見をしているかというと。
 おおよそ、ほとんどの人が「玉手箱」と言われて思い浮かべるであろうもの……あんな感じです。

 
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/11/16(土) 09:09:09|
  2. 神話・伝承・宗教・掩蔽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する