FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

にしても本当に多いね…

 
 カニさん採用の NIC カード。
 つーか PCI/Card Bus の GbE のだとカニさんしかいないよねぇ。あー PCI なら Intel もあるけどね。

 辛うじて PCI-Express(x1) だと Marvell/VIA のも無くは無いけど少数派。 オマケに安くない。
 直線番長は、偶発的なのか、生産でも縮小してるのか、はたまた終息しかけてるのか、取り扱いが減ってる。
 チップ自体は古いけど(Agere ET1310)、安くて割と速いから重宝してたんだけどなぁ。
  あらら。
  何やら SD-PEGLAN-S2 ってゆーカードが発売されてるじゃん……しかも、よりにもよって「王道の Realtek チップ採用」って。全く何一つ有り難く無いよ。
  まぁ実売価格は、他社の Realtek チップ(RTL8111シリーズ)採用品よりも安いみたいだから、その点は(まだ!)いいけどね。
  因みに直線番長は SD-PEGLAN-S1 なので、やっぱり後継品ってコトなんだろうね。そんで流通在庫のみだって。

 カニさん(Realtek)も別に嫌いでは無いんだけれど……一部の機体で小トラブルを起こしたのと、あんまり速度が伸びないかプロセッサ負荷が高いとかで、全面的では無いけど、非力な機体には些か敬遠ちう。しかも 2000/XP 向けの PCI-NIC ドライバは開発終了しちゃったみたいで今後の改善も期待できないし。
 まぁ熱対策はどうにかできるので気にしない方向で。
  速度面は、一部の、ファイル転送を頻繁に行なう機体以外なら気にしないけどねぇ……非力な PC2500G(ID-PCM7G) とかだと、どうなるコトやら。
  それにしたって XP 用ドライバの開発終了は早すぎるでしょ……。


 しかし PCI/Card Bus だとカニさん以外に選択肢自体が無い。
 ……RTL8169 シリーズ一択。

  [にしても本当に多いね…] の続きを読む?
スポンサーサイト



テーマ:ネットワーク - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/08/15(日) 21:08:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これを即座に理解するのは無理

 
 「もばいる」――と言われて。
  いや別にカタカナでもアルファベットでもいいけどね?

 普通は(最近だったら)――ネットブックやら CULV ノート、あるいは iPad のような大型で多機能な P.D.A. 様のハードウェア・デバイスを思い浮かべるでしょうよ。近頃だと、もう携帯電話なんかは含められないね。
 と言うか、これ以外のものを指す名詞として「もばいる」という言葉を使っていたら、私なら。
 「(……あー、こいつ……単なる詳しくないって範疇では生ぬるいね)」
――と思います(=判断します)。
  もちろん、その使い方の如何で「読解・把握に留意すべき相手」か「知ったかぶりの薄ら馬鹿」かを判別しますけど。
  全般的に、全く詳しくないのに何故か自分では詳しいつもりの御方ほど、こういう独特の略称や新語を作り出したりします。あとはカタカナの読み間違いとかね。


 しかしね。
 これが e mobile の回線か、それによる接続を指しているだなんて。

――なに、その悪質なクイズ。

 

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/08/13(金) 21:08:13|
  2. 見方・考え方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変わるもんだねぇ。

 
 まずは、HGST の HDD HDS721010KLA330 に関して。
  まぁ中古でもいいかぁ、安いし……と思って買ったら Refurbished だった。ちっとビックリ。

 まず何も対策せずスチールケースの上に載せて物理フォーマットなんぞをしてみたら……おおむね 50℃ ほどで推移。
  今回の場合は周辺環境・室温などは明示する必要が無いので省略。

 ほいで、続いて……ひたすらアチコチに[まず貼る一番]や[クールスタッフ]なんぞを貼りまくり、スチールケージに収めた状態で同じ場所に置いてファイルコピー。
 ……4~5℃ くらいは確実に下がってるね……。
 まぁコイツの場合は追って外付け HDD ケースに入れて使う予定なので、このくらいは下がっていてくれないと困るけど。
 ついでに後で AAM も下げておかなきゃ。
  まぁフォーマットとファイルコピーだと、ちょいと負荷・動作が違うけどね。

  それと安かったからいいんだけど、この HDS721010KLA330 って 200GB プラッタが5枚なんだよね……すげーズッシリと重い。
  加えて……うーん……7200rpm のクセに Sequential 75MB/s 程度しか出ないとは。
  いや、でも少し変だよなぁ……5,400rpm/250GB・プラッタの 2.5' HDD でも似たような速度は出るし。
  たまたま?

  ただまぁ Low RPM Idle mode(4200rpm) を持ってて意外とアイドル時の消費電力は低いから、まぁまぁかな。
  元から(?) 250GB と 320GB の HDD 2台との入れ替えだし。使用時の大半はアイドルなんだし。

 
[変わるもんだねぇ。] の続きを読む?

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/08/11(水) 21:08:11|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お寿司・四題

 
――お寿司の原型。
 今で言うバッテラなどの押し寿司や熟れ寿司などが、初期の寿司です。
 これも保存技術等が低かったことで、酢で〆るなど腐りにくくしたものや、発酵させたものにならざるを得なかったのです。
 また後発の握り寿司にしても長いこと、同様に酢で〆たものや、醤油などの調味液に浸け込んだネタを用いる(いわゆる)ヅケが主流でした。その理由も同じです。


――納豆巻とか、ついでに味噌汁なんかも。
 まともな寿司屋では、匂いと味の両方の観点から忌避されます。
 匂いが移ったり、他の匂いを覆い隠したり、または強い濃厚な味が味覚を曇らせるなどの理由によります。
 マヨネーズなんてのも以ての外です。
 ですから、寿司に組み合わされるべき汁物はお吸い物です。
 また当時は冷蔵・保存技術が低かったために、まずネタとして扱われていなかったから(判然としない)、という側面に鑑みると、もしかすると大トロなども、この範疇に入ってしまうものであるのかも知れません。


――追い剥ぎ。
 これは握り寿司において、一度ネタを剥がしてしょう油などを付けてからシャリに乗せ直して食べる、というような食べ方を指します。
 これも、本来は出された状態で(食感なども含めて)完成しているものに、わざわざ素人が手を出して/手を入れてから食べるというようなものになりますから、これまた忌み嫌われます。
 なんか、こだわり(苦笑)のラーメン屋なんかで食べる前からコショウやら何やらを入れようとすると嫌がられる、なんてのと似たような側面があるでしょうか。


――続いて、女郎寿司。
 これは、かつて女郎屋で出されていた、料金を高くするために(均衡を崩してでも)ネタを大きくして見た目を豪華に見せるように作られた寿司を指し、また由来します。
 そもそも女郎屋というのは基本的に豪遊するための場所ですから、食事も、本質は別にして高額であることにも意味があった(面も多い)わけです。
 特に握り寿司の場合、一カンを一口で食べるようバランスなども勘案された上で作られるべきものです。
 しかし追って普通の寿司屋でも、同様にネタの過大な大きさをウリにした店が現れてしまい、それをまともな寿司職人や愛好家らが憂い称した蔑称が「女郎寿司」です。
 これ以外にも、過大なネタが女郎の派手な着物を思わせるところから名付けられたって説もあります。
 また通常よりもシャリを大きくしたものや、あるいは逆にシャリを小さくしたものなども同様に呼ばれることがあります。ですが、シャリを大きくしたものの場合は田舎寿司などと呼ぶ方が一般的でしょう。

 今も見られる上に、持て囃されてしまってますけどね、女郎寿司は。
 よくテレビなんかのレポート・紹介でも言われてませんか? 「わー、ネタが大きくて豪華ですねー」――とか。
  この観点で言えば、そんな寿司店よりも、お買い得で手軽な持ち帰り寿司チェーンなどの方が遥かに寿司として良く出来ていると断言できます

 
[お寿司・四題] の続きを読む?

テーマ:シーフード・海鮮 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/08/09(月) 21:08:09|
  2. 作ったり飲んだり食べたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これまた意外と多い模様

 
 なんか「庇護」って単語を使いたがる人。
 うーん? なんかそれが若い女性に特に多いように見受けられるのは、単なる偶然かサンプルの偶発的な偏り?

 ちょいと以前にも少し触れたことがあるけども。
 この「庇護」って単語は――立場や権利・能力・財力 ~云々~ において明らかに上にいる者が、明らかに下であるものを守る・庇うって時に使う言葉です。
 「庇護」の[庇]が「かばう」であることからも想像が付きますよね?
 もっと言えば、この[庇]は「ひさし」でもあります。その下にあるものを風雨などから守るもの(屋根の一部)です。

 故に。
 「親が子を、兄や姉が弟や妹を守る」・「貴族が芸術家などを保護して育成する」・「飼い主がペットを守る」――こういうモノならば(言葉遣いの新しい古いは別にして)正に「庇護」に該当します。

 親(など)が子供を守るのは当然の義務ですし、関係性や意味などは異なりますが、飼い主とペット(飼養動物)も基本的な構図には同じようなものがあるのも言わずと知れたこと。
 また貴族と芸術家ってのも、世の古今東西を問わずありますよね? 今でも西欧諸国などでは同じ形で存在していますし、それ以外の国や地域でも、貴族が企業や実業家あるいは政府・自治体などに置き換えられて存在しています。
 それに、趣旨を中心に捉えていくと「奨学金・学費補助制度」なんてのも似たような側面があることでしょう。

 しかし。
 例えば友人・知人間でこれを使ってしまうと――どういうことを暗に示してしまうか解りますか?
 そいつは私よりも劣っている・不遇である~云々~と言うことを(暗に)言っていることになります。
 今風に言えば「上から目線」ってやつです。
 見下していると表現する方が妥当ではありますけどね。

 もちろん、そういう意図や認識で発言(記載)しているのであれば構いませんがね。

 使い慣れない言葉なんかを無理して(かっこをつけて?)使って、それが間違っていると、みっともないですよ。
 まだ平易な一般的な言葉遣いでいる方が遥かにマシ。

 

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/08/07(土) 21:08:07|
  2. 見方・考え方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて、飽きたみたい。

 
 Wizardry.

――あーいやいや。
 正しくは……改造し倒した、Win.版 Llylgamyn saga. と New age of Llylgamyn. に、飽きた。

 さすがに #4 は改造してないけど。

  [さて、飽きたみたい。] の続きを読む?

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/08/05(木) 21:08:05|
  2. Entering Wizardries!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あー! そうだっ!

 
 (忍)カンタン改造法っ!!!
  正確には、○の中に「忍」ね。

 そうそう。あれには随分とお世話になってたっけ。
 もちろんアレ単体じゃなく、そこで紹介される手法・方法を元にして自分でも考えなきゃ話にならんけど。

 加えて(大)昔は、基礎程度であれプログラミングの知識が無いことには使うことすらできなかったマシンも多かったし、本当の意味で学ぶためには、いい時代だったんだろうね。
 てゆーか、ユーザ・ガイドのサンプルを入力して、リファレンス・マニュアルと首っ引きで弄っていれば嫌でも身に付くよ。
 誰にでも身に付く――とは言わないし、言えないけれど。

 その頃の経験も、今のゲームデータなんかの解析やら、引いては動画の編集・エンコにも多少は役立ってるわけだしね。
  いいけど、これは――「この例のように、他の知識や経験が、ひょんなところで役立つこともある」とか「備えあれば憂いなし」ってことですよ?

 
[あー! そうだっ!] の続きを読む?

テーマ:どーでもいいこと - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/08/03(火) 21:08:03|
  2. 昔のPC・ソフト/エミュレータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんなのも想像通りに多い

 
 例えば、こういう物質がある。

◎ エトキシキン
 有機窒素化合物。
 日本では食品添加物としての認可や農薬登録は受けていないが、日本国外では飼料・ペットフードの抗酸化剤や、リンゴ・梨などの焼け防止剤、殺菌剤として広く用いられている。
――この部分については Wikipedia の当該項目より抜粋して引用。

 さて、この中の「日本では食品添加物としての認可や農薬登録は受けていない」この一文。
 ここでの認可や登録ってのは――調べる気さえあれば簡単に判りますが――どういう仕組みかご存知ですか?

 これ(=その物質)をこういう用途に使っても良いか――という類の申請を出し、所定の検査・確認を(継続的に)行なって問題が無いと認められれば認可が下りる、というような感じ。
 また申請者が事前に行なった検査や試験の結果を添付して申請するものも多々あります。
 あるいは、すでに一定期間以上の使用実績があり、特に問題が無いと確認されたものが加えられることもあります。
 また役所の方で自発的(?)に検査・確認を行なう場合もあります。
 語弊はあるものの、簡単に言えば、こんなもんです。
  語弊になるだろう一部については後に詳述します。


 つまり。
「このエトキシキンという化学薬品は、農薬としてさえ使用が禁止されている危険なものである」
――という類の主張は、実に悪質な虚偽である と言えます
 認可が下りていないのであって、禁止されているわけではないものを「禁止された危険物だ!」と言うのは、どう考えても事実と異なる大間違いです。
 何よりも、その使用の禁止が規定されていない上に、農薬や殺虫剤などとしての効果を期待するような物質ではないのです。殺菌・抗菌効果がある保存料ですから。
  明示的に禁止されていなくとも、許可を受けていないものや決められた表示のない無登録農薬なども、農薬として販売禁止・使用禁止ではあります。
  するとエトキシキンも広義での「禁止農薬」に該当しなくも無さそうには見えます。
  しかし。
  同じ基準で語っていいなら「小麦粉や片栗粉も禁止農薬」と言えてしまいます。
  小麦粉や片栗粉には当然そんな農薬様の効果など期待できない上に、登録された(≒確認を経た)農薬にも該当しないので。

  もっと言えば。
  動物用とは言え食品を扱う業者が、こんな不正確で誤認を誘発させようとしているかのような悪質な表示・主張をすることの無責任さや悪辣さは、どうなんでしょうかね。しかも商売でやっているくせに、こんな違いや、基本である自分たちの業務にも関係してくる法令などすらも知らないんでしょうか。無責任ですね。
  それとも罰則のある法令など以外は知らなかったりするんでしょうか。
  まぁそういう連中人たちが言うとおり、規制や罰則などが全くと言っていいほど無いに等しいペットフードですからね。
  人間向けの食品で同じことをやったら、良くて行政指導・処分、悪ければ逮捕されますよ。

  ただし、そうは言っても、商法や民法上の規定に抵触する違法・不当行為である可能性はありそうですけどね。
  これがまだ「ヒト用の安全確認・認可を経ていないものは動物用にも使うべきではない」って主張だったら問題はないんですけどね。

 あるいは百歩(いや一万歩以上)譲って悪意は無いと仮定するにしても。
 「確認を経たものではない」「確認したところ禁止された」違いが理解できない人物の主張である、と言ったところでしょうか

 作為的に嘘を吐いている悪人か、それとも悪意の無い大馬鹿か――このどちらかしかありません。
 まぁ、こんなのに騙される方も騙される方ですがね。

 んなことを言う連中が手ずから作った食品・ペットフードなぞ逆に怖くて食えるか!!!
  あぁ私たまにペットフードも食べたりしますよ? そりゃ常食はしていませんが試食くらいはします。
  先日、試しに食べたペデoグリーチoムの犬用レトルトのヤツは、牛肉の大和煮の缶詰から塩気を抜いて少し鶏肉を混ぜた、ような味がしました。あれに塩気を足せば、ちょっとした人間の食事(主菜・惣菜)としても使えそうな勢い。薄味の缶詰(と同等)ですよ。
  あと銘柄不詳のドライフード(割といい値段のヤツ)は・・・・カツオとチキンらしき香りの漂う、あられっぽい感じだったかな。お茶請けに使えそう。
  なおビタOンとかは・・・・複雑かつ難解な風味と穀物っぽさが感じられる、カップラーメンに入ってる謎肉みたいな感じ。殊更に不味いとは言わんけど、多くの人間の口・舌にはあんまり合わないかも知れない。

 連中基準での安全・高品質のつもりで、何をされているか、何が混入されているか、どんなバランスになっているか‥‥逆に不審な危険物の有力候補でしょうよ。


 う・うわぁ‥‥ペットフード関連でなく、獣医師にも関わらず同じことを言ってる人物がいた‥‥。
 本当に医者かよ、こいつ。
 言うに事欠いて「(エトキシキンは)枯葉剤に使われていたほどの毒性を持ちます。系統で言えばダイオキシン系」――って。
 使われてないから。
 科学・化学・医学に対する基礎知識から欠けちゃいませんか‥‥そこら辺の自称・化学に(も)詳しいおじさん・おばさんじゃねーんだから‥‥医薬品をも扱う仕事なのに、そんなんでいいのかよ。
 個人的には。
 絶対に、こんな医者になんて診せたくないね。逆にお金をくれるのでもイヤだ。


 こういう人に掛かると、重水素や三重水素なんか普通の水素と同様にしか思われないんだろうね。
  原子核に陽子はおろか中性子が1個増減するだけでも、物質としての特性が全く異なってしまうものです。同位体。
  つーか陽子数が違ったら、そりゃそもそもからして全く別の物質(原子)ってことになるわけですが。陽子が2個ならヘリウムだし、3つならリチウムです。
  ましてや分子構造に類似点・近似・共通部分があっても、そんなの全く別の物質ですよ。
  無論、分子構造が似ていて、かつ性質・特徴も似ている物質ってのもありますが、構造が似てるからといって性質が似ているとは限りません。
  だけど、こういう例外や注釈などを補記すると、アレな人物であればあるほど「言い訳だ、誤魔化しだ」って叫ぶんですよねぇ。

  更に言っておくと。
  「枯葉剤」ってのは、かつて除草を目的として使用された、2,4-ジクロロフェノキシ酢酸(など)を有効成分とした除草剤(の一部)の俗称であって、その他の除草剤が同じ性質・特徴または同様の有害性を持つわけではありません。
  そりゃー除草が出来るって点については同じ性質でしょうが。

  ツキノワグマは哺乳綱食肉目の生物ですが、哺乳綱食肉目の生物だからといってツキノワグマとは限らない――という構図と同様です。
  イヌやキツネもお忘れなく。

 

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2010/08/01(日) 21:08:01|
  2. どーぶつ関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する