FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

ちっとも終わらない。

 
 動画エンコード専用機の仕上げが。

 ママンを ASUS M2V-MX SE から Jetway HA06 に替えたのまでは良かったんだけど……。
 そこで(欲をかいて?) Athlon64X2 5400+ Black edition を何とかカントカ 3.2GHz で動かそうとかした辺りで……温度的に大問題
 さすがに 70℃ オーバーは、ねぇ。

 しかも、そこで。
 ヤケクソの如く Radeon HD 5670 搭載カードを購入、GPGPU 性能を大幅に強化することで(更に)底上げを図ろうとか。
 ついでに Scythe 刀3 も買って VSC-288 こと「ギュン子」と置き換え、何とか夏場も 3.2GHz で常用できるようにならないか、とか。
 更についでに……だとすると AMD 780G の設定はどうすべきなんだろうか、とか。
 と言うかドライバ類の措置は……。

――だけど全くと言っていいほど時間が取れない。

  [ちっとも終わらない。] の続きを読む?
スポンサーサイト



テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/03/27(火) 22:03:27|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とすると。

 
 Chrome9 HD-IGP は (同) HC 以前と比較して、おおむね2倍以上のパフォーマンスを発揮するとか。
 しかもこれが、あの「ゆめりあベンチ」でと言うことだから、より確実さは増す。
  この「ゆめりあベンチ」は DirectX9 ながらも、ほとんどプロセッサ・パワーがスコアに影響しません。
  仮に K8-Dual/2.8GHz で 10,000点 を出す環境としたら、プロセッサを 1.0GHz に下げても 9,000点 までは落ちたりしません。

 すると……どういう仕組みがあるのやら。

 Chrome9 HC-IGP の場合――Delta Chrome をベースに、ピクセルシェーダ・2基などを 250MHz で動かしている。
  なお、バーテックスシェーダは未搭載。

 つまり、同じく P.S.*2 のみなら 500MHz を超えるクロックで動いていないとならない。たぶん 600MHz 前後。
 もちろん製造プロセスルールや回路設計技術の進歩、また省電力化技術の採用等の要素もあるため一概には言えないが、しかし高クロック化は、やはり消費電力の(大幅な)増加を招く大きな要素。

 では、もし消費電力の増加を嫌い、高クロック化を(あまり)せずに上述のような性能を得ようとしたら?
 汎用プロセッサ(のマルチコア化)と同様に、演算器――この場合は各シェーダ――を増やせば、同程度の動作クロックのまま、消費電力の増加以上にパフォーマンスを増強できる……はず。
  回路規模は大きくなるし、それに伴って消費電力も当然ながら増えるけれどもね。
  しかし、よっぽどダメな腐った設計でもない限り、消費電力の増分を超えるパフォーマンス(=性能)の増分が得られます。

 しかし。
 すると今度は――「そこまで設計を変えてきているのに、同じ “ Chrome9 ” の名を使うのか?」という疑問も。
 まぁ、この【 9 】は、DirectX 9 (対応)の 【9】 だと思われるので、同じ Delta Chrome ベースなら仮にシェーダ数が変わっても対応する DirectX Version は変わらないので、名前が変わらなくとも、そこまで不自然でもない。
  なお、Delta Chrome と Chrome9-IGP は DirectX 9.0b までの対応です。
  また Shader model も(当然) 2.0 なので、GPGPU 用途には(事実上? 殆ど?)利用できません。


 加えて。
 この Chrome9 HD(M)-IGP が搭載される VX900H チップセットは、対応メモリに 1066MHz までの DDR3 が入ってくる。
 仮に DDR2-800/CL=6 と DDR3-1066/CL=7 で比較すると。
 むしろレイテンシの実時間は減り(およそ 7.5ns と 6.6ns なので1割以上も短縮)……しかもバースト転送レート(理論値)も 6.4GB/s から 8.5GB/s へと、3割以上も向上する。
 もちろん、そのメモリ性能の全てを IGP が利用できるわけではないものの、しかし IGP が扱えるメモリバンドも上述の 《向上分》 に近い比率での向上は見込める(はずな)ので、相応の性能の増加があっても不思議ではない。
 加えて従来チップセットのメモリ・コントローラよりも(大幅ではなくとも)高性能化している部分もあるでしょう。
 また VIA チップセットのメモリアクセス能力は、そもそも、そんなに低くはありません。
  C7 や Nano プロセッサにおけるメモリアクセス能力の低さは、チップセットでなくプロセッサそのものが原因です。
  これが(より!)改善されれば、Nano プロセッサのパフォーマンスも更に伸びるのでしょうけどねぇ。

  あと。
  VX900H チップセットは、1チップ・チップセットなので……もはや、かつての「コンパニオン・チップ」という呼称に戻したほうがいいような。
  たまに CPU に GPU が統合されていないことで「時代遅れだ」とか「消費電力が大きい」~云々~と言う人もいますが。
  IGP North-bridge と South-bridge が統合されていますよ?

 なので、全くチップセットからのアクセスとなる IGP のメモリアクセスは、メモリ側で伸びた分だけ伸びると推定して差し支えないでしょう。
 理論値と実行値の乖離・違いはともかく。


 すると……。
 シェーダ数は変わらずとも、多少の高クロック化(400MHz 前後?)とメモリ性能の向上とで、2倍以上のパフォーマンス・アップも見込める――のかも知れません
 動作クロックの向上は各種の動画再生支援機能の向上にも寄与しますから、多少の高クロック化は許容されるでしょうしね。


 と言うか。
 どうせ Win.XP で、ほぼ 100% は 2D 専用で使うんだから、3D 性能なんて、どーでもいいんですがね。
 素直に、強力な Text 処理を擁する 2D アクセラレーション機能を持ってるって部分を評価すべき。


【追記】
 やっぱりエンジン・クロックは 400MHz だった。
 つまり、この性能は――コアの(多少の)改良もあるかも知れませんが――メモリバンドの拡大と、あとは高クロック化で、おおむね実現されていると見てよいでしょう。

  [とすると。] の続きを読む?

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/01/15(日) 22:01:15|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意外と無い。

 
 21.5 インチ以上の液晶モニタで。
 ノングレアで、LED バックライトで、HDMI 対応で、スピーカ内蔵で。

 1920x1200 以上の解像度のもの。
 あと、できるだけ安いもの。

 デスクトップは可能な限り、広ければ広いほうがいい(という用途)。
 まぁ 1920x1080 でも悪くは無いんだけど。
 そんなら、安直にモニタの枚数を増やすほうがいいのかねぇ。小さめのサブモニタでも追加するとか。
 どうだろうねぇ。

 うーん。

 

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/01/01(日) 03:05:52|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うわぁ、こんな手があったんだ …

 
 割と新しい、IGP を含む Radeon 採用 Notebook-PC に Win.XP をインストールする場合の、ビデオドライバ。

 うん。
 この今も使ってるメイン PC も、また先日購入した新古品のような専用機も、正にソレ。
  Mobility Radeon HD 4200 Series と (Mobility) Radeon 3100-IGP なので。

 その場合、普通の Catalyst suite は使えないし、Mobility Catalyst は XP 用は用意されないし。
 また改造ドライバなどの場合、意外と微妙に変な部分で固定的なトラブルが出る場合も割とある。まぁ単純に環境依存の不具合っぽいけども、何が原因なのやらサッパリ。全く特定に至らない。

 うん、意外とドライバを用意するのが大変だったりするのですよ。
 特に Mobility Radeon HD 4200 系の場合は、Device ID が色々と細々と違ったりするので凄く厄介
  チップセットとしては同じ AMD M880G なのに、IGP の Device ID は知ってるだけでも5個以上はある。


 ところが。

 ‥‥Preview 版 Catalyst って、アレ、Mobility Radeon にも対応してるじゃん!
 使えるじゃん!

 使 え た じ ゃ ん !!!

 ただ。
 その代わりと言っちゃナンだけど‥‥そのままだと、かなり色々な、奇妙なドライバまでインストールさせられそうになる。
 ここは要注意。
 故に、カスタムを選んで、自分にとって必要なものだけをきちんとインストールするようにしないと、逆にアレかも知れず。

 とりあえず、念のため。

 

テーマ:ノートパソコン - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/11/11(金) 11:11:11|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あっ、変わったんだ …

 
 Impress PC Watch の、新ハードウェア・レビューのライター。

 最近 AMD 製品に対して無茶な内容じゃなくなってるなぁ、と思ってたんだけど
 ……そりゃーライターが変われば変わりうるわなぁ。

 というか、さすがに アレは酷かった し。
 それぞれの部分ごとに見れば、それぞれ観点の一つとして成立してるんだけど。
 なんと言うか……判断基準や誤差や揺れを(意図的に)できるだけ大きく振って、かつ一方に偏らせていた。
 多くの部分で揺れ幅を可能な限り限界まで振ったものを更に積み重ねてしまえば、そりゃー限界を超えますって。
 ……と言われても仕方ないところだと思う。

 言うなれば、逆ちょうちん記事

  [あっ、変わったんだ …] の続きを読む?

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/11/09(水) 21:11:09|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

んー微妙。

 
 以前の記事で。

 Athlon64X2/3.2GHz に Radeon HD 5670 (400sp) を組み合わせて SharpenResize を利用すると。
 CPU のみの時と比べ、結果的に、約14分・約23%ほどの高速化――が果たせた。
 ただし、その際の GPU 利用率は、おおむね 20~30% ほど。
 400sp の 30% と言うことは、120sp (相当)くらいまでしか使われていない。
 と言うことは……160sp の Radeon HD 6450 辺りでも足りたんじゃ?

――と書いていたんだけれど。

 うん。
 Radeon HD 6450(採用カード)を買ったんで、入れ替えて試してみた

  [んー微妙。] の続きを読む?

テーマ:動画 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/11/07(月) 21:11:07|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うーん。これは待ちだねぇ。

 
 AMD FX シリーズ。

 本当(?)なら、少し落ち着いてからファイルサーバをコイツの4コア版に置き換えようかと思っていたのだけれど。
 ……ちょっと、Athlon II X2 に対して、コア・クロック当たりで、どのくらいの優位性を持ってるんだか判らない。
 アーキテクチャが異なるんだから得手不得手がバラつくのは当然。

 まぁ元から「ワット(当たり)パフォーマンス=効率を追及した設計」で、また(従来品よりは)並列演算重視型とも事前から言ってたわけなので、絶対性能では必ずしも……ってのは判っていたとは言ってもねぇ。さすがに、ちっと厳しい。
 フロントエンド部分の改良で、もう少し底上げと言うか維持されるかと思ってたんだけど。
 と言うか、まぁ動画エンコードも行わせるとはいえ基本はファイルサーバなんだから、そんなにまで高い性能は求めてないってのもあるけれど、でもねぇ。
 それでも、より高度な省電力技術の採用は稼働時間の長いサーバでは魅力的なんだけど……FX の優位性って Phenom II X4 / X6 に対しての(比較による)ものだから、たぶん Regor だったら、ほとんど差は無いどころか Regor 優位なんじゃないかなぁ。

 まぁまぁ、1年ごとにブラッシュアップを重ねて、モデルチェンジ(マイナーチェンジ?)ごとに 10% ほどの高速化を図るって話だし。

 つーか Phenom classic の時と似たようなもんじゃん。

 あれもデビュー当時は……ねぇ?
 TLB エラッタと、回し難いクロック(と表裏一体の消費電力)――で、色々とアレコレだったもんね。
 それでも K8 と比して、クロック当たり 20% を超える性能向上はあったけど。

 でも製造プロセスを変えて、設計でも小改良がなされて……で、Athlon II / Phenom II は、そこそこ(以上)の線まで行ったわけで。
 K8 比で、約 25% 以上の向上。
  つまり Phenom classic と (同) II では、アーキテクチャとしては 10% に満たないほどの向上って程度。
  ただプロセスが変わって回せるようになった&低発熱化したのが大きかった。

 ついでに言えば、GLOBAL FOUNDRIES のプロセスは地味な小改良を重ねることで知られてもいるわけで。

 故に、待ち。

  と言うか A4 で 3.0GHz 以上の高クロック版が出れば、その方が似つかわしいのかも知れない。
  演算器部分はともかく、キャッシュやらメモリ・コントローラ周りにはそこそこ手が入って、更に省電力機能も強化・拡充されているようだしね。
  純然たる K10.5 = Athlon II / Phenom II に比べて。
  しかし今が Athlon II X2 265/3.3GHz なのだから、さすがに、明らかに処理能力を落とすような置き換えは避けたい。
  すると、GPU の運用による補填分を込みにして考えるとしても、せめて 3.0GHz 以上は欲しい――と言う結論に。


  だけどまぁ……K8/K10 にも似たような面はあったけど……Bulldozer も狭義の意味での(中・大規模)サーバ向けプロセッサって性格が強いんだよね。
  故に。
  うちの家庭内サーバのような、ほぼ PC と同等(程度)のものには適合しにくい面もある。

 

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/10/20(木) 21:10:20|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんだろね?

 
 最近、ここしばらく、どうにも Athlon II X2 265/3.3GHz が品薄になってる気がしてならない。
 250e とか 255 辺りは普通に並んでいるけども。

 あの、最初に買った 250/3.0GHz を売って、265 をもう一つ買おうかと思っていたんだけれど。
 ‥‥Phenom II X2 560 or 565 Black edition の方がいいかな?

 

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/10/18(火) 21:10:18|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんなこともあるもんだ。

 
 先日、故あって Notebook-PC を購入した。

 いえいえ、さすがに中古ですよ。
 プロセッサも HDD も、ほとんど大して必要ない用途の専用機なので。
 ただまぁ(自分にとっての) Brand-new な環境・マシンが欲しかったと言うのもありますが。
  まずプロセッサなら、P6/1GHz クラスでは心もとなく、K7/1GHz クラスでギリギリ。故に、Pentium M か K8 以降で 1.0GHz 以上のレベル。
  HDD も、Win.XP 辺りにしても 40GB もあれば充分。いやホントに。むしろ支援(?)用の USB メモリとかの方が有用。
  メモリは、さすがに 1.0GB くらいは欲しいかな?

 ――と言う程度。つまりはネットブック級で事足りる感じだったんですね。

 ただ、ちょいと、ワイド画面ってのは優先順位が高かった。
 ほいで無論のこと(可能な限り) AMD プラットフォームで、そこそこ小型のもの。


――と考えて、最初は新品ベースで見ていたら。
 意外とネットブック・クラスでも高かったり、あるいは折り合いそうなのは Intel プラットフォーム機ばっかりだったり。
 C-50 とか E-350 機だと予算的に厳しい。

 やむなく中古にベースを移して。
 あらら、あるじゃないのさ。見事に。
 Turion X2 搭載機で、13 インチ・ワイド液晶、しかもノングレア――で、しかも 2万円ちょい と言う破格さ加減。

 すぐさま喜び勇んで購入。

  [こんなこともあるもんだ。] の続きを読む?

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/10/16(日) 21:10:16|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あー懐かしいなぁ。

 
 「蒼ざめた月の光」とか「マイフェアエンジェル」とか「IZUMO」とか。

 特に「蒼ざめた月の光」は(だったよねぇ、確か)……初の 2.0 云々じゃなかったっけ?


 ……ん?

 いや、Safe disc 的な意味で

 PX-W2410TA/BS が 2.4 までしか対応できなかったのも、いい思い出。

 ……ん?

 

テーマ:どーでもいいこと - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/10/12(水) 21:10:12|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まぁ、これならいいか。

 
 とるものもとりあえず――と書いてしまうと、やや意味が変わるね――徐々に新体制に移りつつある我が家の PC 群。

 で。
 懸案事項だった TV キャプチャ専用機の内蔵時計の時間ズレ。
 やっぱり、10分の録画当たり1秒って勢いでズレるっぽいけども、これでも以前よりはやや減ってる。
 ほいで。

  [まぁ、これならいいか。] の続きを読む?

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/08/27(土) 21:08:27|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれれれ?

 
 また X-Code II が 0Byte を吐いてる……。
  ただし今回は(?) WHF の X-Code II-L でなく SHF の X-Code II-E の方。
  まぁ今回も酷い痛手にはならなかったから良かったけど。あって良かったバックアップのサブキャプチャ機。


 でも……ナンデ?

 前の環境――Biostar NF61S Micro754――の時は約1年半に亘って1回だけ、Feather の「録画開始時の待機時間」を 1分 に設定しちゃった(はずの)時に発生しただけで、それ以外には起こらなかったのに……。
 さすがにここまでの偏りだと、これを偶然で片付けるのには無理がある。
  以前も現在も、基本的に 2分(以上) に設定してあります。
  また NF61S 以前の時は……これまた一度もお目にかかったことは無かった、はず。少なくとも記憶には残ってない。


 このところ多発してる ってほどでも無い けれども……んー……あぁ、そうか。
 マザーを入れ替えてから、かぁ……。

 チップセットなどのハードウェア or ドライバとかの問題だとどうしようもないけれど、しかし NF61S も N68-S も同じ nVidia の統合チップセットだから、そんなにまで違うってことは……やや考えにくい。
 GeForce6100SE と GeForce7025 だから――かなり近いものとは言え、多少は機能も異なるし、ありえなくは無いけれど。

 じゃあ、その他に何か見落としてる点は?
 サウンド・コーデックのドライバは……Realtek のはバージョンによって色々と派手に変わる場合があるってのは経験済みだけど、今の ASRock N68-S UCC は VIA だからなぁ。随分と枯れてるはずだし。
 LAN は……ずっと SD-PEGLAN-S1 で同じドライバだから(検討は)後回しでいいでしょ。

 それ以外はと言うと。
 ……ん? そう言えば OS を入れ直してるっけ。
 その前は……?

 と言うことは。


 …………。


 やっぱりだー!
 設定を変えてない(デフォルト値のまんまの)ところがあったー!

 たぶん OS を入れ直してから再設定/設定変更を忘れてたんだろうなぁ……これって。

 そうかそうか……この辺りが複合的に噛み合って、件の 0Byte 録画の原因になってるのかも知れないねぇ。

 
[あれれれ?] の続きを読む?

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/08/23(火) 21:08:23|
  2. PC関連もどき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する