FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

限りなくウンコに似た感じの女の子

 
――ってのには心当たりも無いけれど。

 くりぃむしちゅー・有田に似てる女 だったら心当たりが記憶の片隅に。


 さて?
 どっちの方が、より不幸なんだろう?

 
スポンサーサイト



テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

  1. 2011/12/09(金) 21:12:09|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

健全な精神は健全な肉体に宿る …

 
――といいんだけど、そうそう現実は上手くいかないもので……。


 ……っていう「つづき」を知らない人は意外と多い。

 

テーマ:ちょっとしたこと書きます - ジャンル:ブログ

  1. 2011/08/31(水) 21:08:31|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何が何やら。

 
 このところ、専門用語であるにも拘らず、その正しい使い方や意味を碌に知らずに使ってる――しかも更には正解を学ぶ気すら見受けられない――人が、やけに目に付くなぁ。

 ある程度はサンプルの偶発的な偏りなんだろうけど……でも増えてるんだろうな、実際にも。

 モノの学び方の初歩・基本すら知らないとはね……お気の毒に(嘲笑的な意味で)。

 

テーマ:気になって仕方ない情報・・・ - ジャンル:ブログ

  1. 2011/07/13(水) 21:07:13|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「リアルじゃない」?

 
 創作物におけるそれを言い換えると。

 「在り来たりではない」――と、なることも。

 謳われていないファンタジー作品に対して用いると、もっとアレなコトに。

 

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2011/05/17(火) 23:59:59|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本当に多いんだなorこう変化したんだ

 
 S.F.パニック/ディザスター映画で描かれた内容・出来事が、現実に起こると考えちゃってる人

 日ごろ B 級すちゃらか映画ばっかり観てる私ですら、そんな薄ら馬鹿なことなんて――冗談として以外には――思ったりしないものですがねぇ。要するに虚構としての娯楽っていう範疇のものでしかないんですよ。
  いくら何でも。
  遺伝子操作だろうが放射線だろうが――科学的には、絶対に在り得ないとは断言できないものの――体長・数十メートルを超えるワニとかゴリラとかゴジラとか。
  んなもんが実現可能だなんて考えてませんよ??

 アホくさ。


  大体「チャイナシンドロームで描かれた」メルトダウンなんて、あんなのマトモに考えれば計算も辻褄も合わないなんてコトは丸判りでしょうに。
  土や岩石が融点・沸点まで達するのに、どのくらいの温度――引いては熱エネルギーを要するのか。
  しかも要するエネルギー量は溶かすべき土や岩石の容積に比例するし、また熱源自体が有するエネルギー量の減少や、また別方向に向かう=拡散してしまう分。

  もしも岩盤層を何十 km も溶かし、蒸発させ続けられるほどの熱量を有しているものが地表に現れたら。
  どんなに少なく見積もったとしても原爆投下直後の広島・長崎の数百~数万倍の被害は避けられないでしょう。熱線だけでも。
  避難区域に指定されている範囲・半径 20km くらいは見るも無残な焼け野原になるでしょうね。建屋なんて一瞬で蒸発しますよ。
  何より、そこまでの超高熱源体(になりうるもの)であったなら、元から圧力容器も格納容器も事故が無くとも耐えられません
 ――原子力燃料って、そこまでのエネルギーは元から持ってません。無い袖は振れません。

  こんな基礎的な部分に目を向けることさえ出来れば、如何に有り得ない現象であるかが解かるはずです。
  よっぽど、度を越して理科が苦手とでも言うのでなければ。

  まぁ殆どの人は(概ね)判った上で、悪ふざけで言ってるんでしょうがね、たぶん。
  さもなければ・・・・。

  あと。
  本当に「メルトダウン/炉心溶融」っつー言葉の意味が解かってない人が多いもんなんだねぇ。



 あと。
 なんか(文脈やら何やらが)妙だと思っていたら。

 どうも近頃は「萌え」と言う言葉を「性的な魅力を感じる / 欲情する」に極めて近い意味合いで使ってる人が増えたことが原因っぽい。
 
 そりゃ意味が通じるはずないわな。

 

テーマ:ちょっとしたこと書きます - ジャンル:ブログ

  1. 2011/05/15(日) 21:05:15|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

解からないもんかね、そんなに。

 
 「風評」ってのは――ちと大雑把ながら――噂など巷の話題・評価・評判を表します。
 これは事実だろうと違おうと、正確だろうと不正確だろうと、関係がありません。そこにあるものを示すだけの言葉なのですから。

 しかしこれが「風評被害」と言う熟語になると、ここでの「風評」は、事実ではないこと、不正確、妥当でないもの――のみを指し示すようになります。


 はい? 納得いきませんか?

 考えてみましょう。
 その「風評」の意味の中で「正確・妥当な、評判・評価による被害」‥‥言葉・概念として、これでは成立しませんよね?
 なんだ、そりゃ?――で片付ける以外にありませんよ。


 それと。
 世の中、意外と「悪魔の証明」を要求してる人が多いもんなんだね。
 気付いてない=自覚なんて無いんだろうけど。

 絶対に無いことは確認されていない=あるかどうか判らない=絶対に無いとは断言できない
 ここまでは正しい。
 しかし。
――あるかも知れない、ではあるものの。
 それは「ある可能性を完全に否定することはできないが、探しても、ありそうな、有意な証拠が見つからない」ということなんですよ。
 それを「あるかも知れない」→「あるはず/あるに違いない」→「あるに決まってる!」と進めてしまうのは明確に誤り

 そりゃー話が通じないわけだ。

 

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/04/25(月) 21:04:25|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おもしれー

 
 この fc2 Blog には、トラックバック・テーマと言うものがあります。
 簡単に言うと……運営側がテーマを設定し、そのテーマにまつわる話・エントリを作ってもらって集約する……みたいな。
 で、その際に運営側が公式 Blog にエントリを作成し、そこに利用者がトラックバックするって形式だから「トラックバック・テーマ」ってことになってる、んだと思う。

 で。
 現在、用意されているテーマの中に「あなたの節電対策は?」ってのがあるんだけど。
 ……それに参加してるモノの中に、こんな趣旨のがあった。

 > 節電? してますよー。さて …… (別の話題が書かれている)

 な ん じ ゃ、そ り ゃ ?

 
 

テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ

  1. 2011/03/30(水) 21:03:30|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱりだった(苦笑)

 
 以前は読んでいたものの、好き嫌いや、ごくごく浅い一面だけで物事の正誤・善悪を断じている Blog や Web site と言うのは、それが判明した時点で見に行かなくなっていたのですが。
 今回の大震災を契機に、試しに「どうなっているか」と久しぶりに何件か見に行ってみた。

 や っ ぱ り 変 わ っ て な か っ た
 そして発言の姿勢に問題が無い、確かな人だと思っていた人は、これまた同様。

 好きなものを擁護したくなる、嫌いなものを糾弾したくなるのは(感情としては)当然だけれど‥‥。
 好きでも悪い部分は批判すべきで、またそれと相殺・差し引きになるような部分では嫌いでも非難すべきではない。
 仮に批判するにせよ――ましてや、まだこんな時期では――ただ「(やっぱり)ダメだ」だけでは何の建設性も無い。この機に乗じて悪評を広めようとしているだけに過ぎない。
 問題点の改善・解消・解決は、それにより困窮している人々を助けることにもなるのに、そこには触れずに問題点を糾弾し否定するだけの意見では。まだ「もっとしっかりやれ!」ならマシなのに。

 自分が懲りたか痛感せざるを得なかったこと以外は、妥当な範疇にも把握・理解≒想像できないって人は想像以上に多そうだ。


 あと、もう一つ。
 よくマスコミ・メディアに対して「マスゴミ」などと批判・非難・否定している人がいるけれど。

 大抵の場合、起こった事柄・情報を伝えている部分はほぼ全ての報道で正確で妥当です。
 しかしその論調≒主張の部分で、記者や機関の姿勢や正しさが現れてくることから、その部分で報道としての正しさや妥当さが決まってくるわけです。加えて、いくら記者だデスクだと言っても専門分野や得手不得手はあるわけですから、そういう部分では作為で無い不正確さが出てしまうこともあります。
 簡単にまとめてしまうと。
 そういう批判や非難を行なっている人ってのは、マスコミ・メディアの根本的な特性や弱点を理解できていない、より良い接し方を知らない・解ってない人――と言うことになるんです。

 相手に悪いところや不備があっても、同等(以上)に自分の不備を埋めることも重要では?
 あるいは仮に相手に誤りがあっても、対立する意見を主張する者・自分に誤りがないという証明や論拠にはならないというのも。

 

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/03/22(火) 22:03:21|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

興味深いよね?

 
 人間ってのは、未知のモノをほど恐れると言う習性があります
 ……まぁ本当に極めて稀には例外もいますけど、根本的に考慮するには値しない程度ですので無視して問題なし。


 ほいで。
 福島の原子力発電所における事象・事故に係る、放射能――正しくは放射性物質や、そこからの放射線による影響――に対する過剰反応・行動も、これに、まんまと該当するでしょう。たぶんね。

 あんな、医療用のレントゲン撮影1回にも全く及ばないほどの放射線量で、関西以西に疎開しちゃうような人が現れるとは。

 もちろん、それが今後、より・更に事態が悪化してしまうことを懸念して、事前に避難しておくっていう準備に類するものであるなら何の感想も抱かないけれど、中には、本気で「健康被害があるから!」――なーんて出鱈目を言い切ってしまう、言い広めてしまう人物がいる。
 それに関しては……ちょっとね。

 まぁ――加水・加熱・遠心分離・濾過……のことを「大量に有害物質を添加する!」なーんて信じ込んで疑わない、オモシロあたまな人がチョイチョイいる世の中だから。
 現象としては実に容易に予想し得る範疇のことでしかありませんけどね。

 善意に基づくデマゴギーの典型例

 

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/03/22(火) 21:03:22|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そういうことなんだろうね。

 
 自分(=その当人)の能力を超えるものは予想・理解どころか想像すら出来ない、ものなんだね。

 時に、詳しいことまでは判らないけど凄いってことは解かる――ってのもあるけれど、それが見当違いでなく概ね正しい場合は、現時点では不足しているものの、その人の能力が本質的には及ぶことができるものだと言うことなんだろうと思量しますけど。

 知らないこと・解からないこと自体はともかく。
 その当人が、自分は、知っているのか、理解できているのか、その程度はどのくらいか――を丸っきり把握できていない場合、もうどうしたら良いやら判らんね。正に、無知の無知には手の施しようが無い。
 私だって無知っていう範疇にいるでしょうけれど、しかしそれくらいのことは理解してますよ。

――連続というか、ほぼ全てが(当人の)想定通りになってないのに、それでもなお揺らぐことなく自分を頑なに信じ続けていられるってのは最早ある種の病気だと思うしかないね。やれやれ。


 更についでに。
 うーん……まだ(?)あの人の凄さ・確かさを把握できない人がいるのか……うーん。
 謎・不思議であるのも然ることながら、それはお気の毒だなぁと思って差し上げられる。
 自分・私には累が及ばないから余計に。

 

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/03/21(月) 21:03:21|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それにしても理解に苦しむ。

 
 ちょいちょい耳にする「炭水化物抜きダイエット」とか「炭水化物は太る」とかと言うアレ。

 まぁ減量の手段としては、相応の条件やらナニやらを満たすなら理解できなくも無いけれども。

 しかしその「炭水化物を摂取すると太る」ってのは一体何を根拠にしているやら全く以って理解できない
 そう。殊これに関しては、苦しむのではなく理解できない

 んなこと言ったら何を摂取しようと太るって話にしかならんと思うけどね。
 断食して即身仏にでもなるしかないと思う。

 こんな風説に惑わされている人を見ると、実に楽しくて仕方が無い。
 あんまり指をさして笑えない・笑うわけにもいかないことが多いのが残念。

 

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2010/12/09(木) 21:12:09|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな感じで、どうだろう?

 
 「中毒」と「依存症」――の使い分けと言うか、対象の判断・判別に関して。

 まぁ、そもそも割と異なる言葉同士なんだけど――「アルコール依存症」のことを「アル中・アルコール中毒」とか表現しちゃうのが発端でしょうが。
 間違う方が、どうかして(略)。
  そもそも「中毒」という言葉は――「毒に中る(あた・る)」なんですから。
  確かに一部の依存症に関しても――魅力的(?)な毒を受けてしまった、と言い張ってしまえばそれまでですけどね。



 「一酸化炭素中毒」――はい、何らおかしくないですね。

 「一酸化炭素依存症」――大丈夫ですか? 別の意味で。

 
 まぁ一酸化炭素の代わりに「塩素ガス」とか「フグ毒/毒キノコ」なんぞを用いてもいいでしょう。

 因みに書いてみましょうか。

 「毒キノコ依存症」――強い自殺願望でもあるんでしょうか? それとも配管工兄弟の兄のマリオさん?

 

テーマ:おもしろく・・・楽しく - ジャンル:ブログ

  1. 2010/11/29(月) 21:11:29|
  2. 皮肉しりーず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する