FC2ブログ

(にやーり)

なんか駄文を色々と。 まれに隙間情報を狙い撃ちする素振り(風味)のメモや、コントも。

さすがにこれは、ぼったくり。

 
 【記述当時】――今年の、7月24日のアナログテレビ放送の停波・終了に先立ち、ちょろりっと地上波デジタルテレビの外付けチューナーでも買い足そうかと色々と見てみた。

 ら。

 なんじゃこりゃ……どこもかしこも「売り切れ・入荷未定・販売終了~云々~」の嵐
 ともあれ殆ど売ってない。

 しかし僅かに、まだ販売中の店舗なんかもあったんだけれど。

 標準価格・11,500円のものが 19,000円 とか、18,000円 とか。
 直販価格・6,000円弱のものが 9,000円 とか。

 また先日、4,500円ほどで買ったものも 12,000円 とか。
  買ったのは、某・有名電気店チェーンの通販。3倍近い値札を付けてたのは知らない店舗。


 いくら(差し迫った!)駆け込み需要があるって言ってもな‥‥酷いな、こりゃ。
 さすがに今の時期・状態では、割引・値引きは無くても仕方ないだろうし、そこまでなら何とも思わない。
 とりあえず異常な値段ではない≒お得感は感じられないセット販売(だけ)ってのも同様。
 しかし‥‥。

 やはり個人的に、たとえ後から高くない価格になろうと、あるいは関係ない(かつ割安な)商品であろうと、こういう(いわゆる!)定価を超える価格で販売するような店では何一つ買いたいとは思わない
  仮に仕入れ値が上がったにしたって、まさか、2倍・3倍で売らないと商売にならないほどってことは無いはずだし。


 一々そこまで考える消費者は少ないかも判らんけど。
 ある意味どこぞの半額お節などと同様に、目先の儲けに走ると後々からの顧客や信頼を損なう結果になることがあるもんですよ?
 少なくとも私は、そのセット販売のみの店舗や、従来と(殆ど)変わらない価格で販売してる店舗には好感を抱いてますしね。


 最近は、経営者や店舗責任者なんかにも阿呆が増えてるんだなぁ‥‥。
 販売側・顧客、双方とも無闇な廉売や顧客サービスを追い求めるってのも馬鹿げてるけども‥‥「損して得とれ」って言葉(の意味とか)を知らないんだろうなぁ。
  大型チェーン店とかでは無理・難しいけれど、やはり態度の良いお得意様になっておくと色々と融通を利かせてくれたりするもんですよ。
  実は私自身、先日も某金融機関で、ちょいと無理を通してもらったりしました。ありがたや。
  また逆に、いくら頻繁に来る客でも態度が悪かったり横柄だったりすれば、標準以上の、規格外の対応まではしてくれなくて当然。

  ある意味で言えば――「情けは人の為ならず」の変則・変形版ってなところでしょうかね。
  それに。
  ある店舗では――予約販売だったけど――従来と大差ない価格で受け付けてたんだけど。
 ――「品薄により仕入れ価格が大幅に上がってしまったため、以前よりも販売価格が高くなっています。ご了承下さい」……とか書いてたのもあった。
  ね?
  そういう店なら、いやーな感じなんてしないでしょう?



 あとついでに。
 へぇ‥‥Uniden DTH11 って視聴予約機能が付いてるんだなぁ、しかも、この価格帯でとは珍しい。
 ただ惜しむらくは S 端子が無い
 ‥‥あれば確実に2台は買うんだけれども。

 
スポンサーサイト



テーマ:デジタル家電・AV機器 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/31(日) 21:07:31|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ、やっぱり?

 
 以前の記事で。

 東電の(原子力担当)副社長の会見で、その喋りがどうしてもフランス語か何かに聞こえて仕方が無いって書いたんだけど。
 同じように感じてた人って多々いたんだねぇ。

 

テーマ:思う事・・・ - ジャンル:ブログ

  1. 2011/05/11(水) 21:05:11|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

細かいネタを色々と。

 
 そういや……4月の頭ごろには概ね日中のガソリン給油は何とかなってたっけ。
 ほいで4月下旬までには、何とか夜間・深夜の給油も可能に。

 ちーっとも慣らしを終えられないのは、どーしたものやら
 どうにも気分的に、特段の意味の無いドライブとかには微妙に行きにくいよねぇ。ちょっとくらいならまだしも。
 しかし、それはそれで内需が云々とか何とか……。
 ま、おいおい考えて行きましょうかね。



 ついでに生肉での食中毒。

 子供に生肉を食わすなよ……。

 私の、幼稚園のころの記憶だと、魚などの刺身すら控えめにされてた記憶がありますけどねぇ。

 なんか知識・意識(≒注意・配意先)の偏りが酷すぎる人が多すぎやしませんか??
 知ったものは過度に大騒ぎ、知らないものは無頓着……何よりも、知ろうとする≒知らないものを減らすことを怠る人。
 想像した結果を真実・事実と信じて疑わない人も、この分類に入るんだろうけど。

 まぁ店は店で、また卸業者等にしても、大概は大概ですけどね。
 ただ。
 いくら根本的な原因が販売側(どうも卸売業者っぽいけど……)にあると言っても、それこそ自衛は行なわんのですかね。
 そういう意図においての「子供に生肉なんて食わすなよ」――ですよ??



 あと。

 「アル・カーイダ」――だったんだね。たぶん原語・原語発音に相応に近づけた場合ってコトなんだろうけど。

 因みにパキスタンと言うと。
 第10山岳師団っつー……「ブラックホーク・ダウン」より抜粋でございます。
  つっても第10山岳師団は、パキスタン軍などと共に国連・平和維持軍の一翼を担っていた、アメリカ陸軍の師団ですけど。
  またモガディシュの戦いにおいては、これまたパキスタン/マレーシア軍などと共に、統合特殊作戦部隊の救援に向かっていました。

  ついでに言うなら、パキスタン・スタジアム。




 上に関連して。
 ちょいちょい「いくら犯罪者・テロリストのボスだと言っても、そいつ=人間が殺されたことを喜ぶ米国民はオカシイ」――的な意見が。

 んー?
 日本国内にも東北や関東での放射能パニックを嘲笑ってたり、煽ってたりしてるのが多々いるじゃんね。
 実際にどこかに集まるか否かってのは単なる国民性の違い。

 あとね?
 911テロでは(それだけでも!)約3,000人もの死者が出てるんですよ。
 つまり、その被害者・遺族、あるいは友人知人、恋人……を殺されてしまった人っていうと、優に10倍以上に膨らむことでしょう。
 10万人規模になっても不思議じゃないわけですよ。
 もっと言えば、そういうイスラム系のテロ組織からの被害を受けた人と言ったら、更に更に増えます。
 更に言えば、親しい友人などが被害を受けた……ってケースも含めれば、また更に増えますね。

 まぁね。
 法治国家の国民の反応としてはアレコレ無くも無いですけど……でも一般的な市民感情としては変では無いのでは?
 良し悪しは問わず。

 そりゃー(自覚の無い) 観客 気分でしかない人 の視点から見れば、おかしいでしょうね。
  この「観客(気分)」(と言う表現)には、相当の、侮蔑的な悪意を込めてますよ。
  実際に起こった事案のことを、まるで創作された虚構――つまり映画や小説などの同類――ででもあるかのように(自覚無く)捉えているとしか思えないんですから。

  無論のこと私だって当事者ではない、けどね。




 ついでに。

 どうにも「法治国家」って言葉・概念を理解してない人が多い気がする。
 文字通り、法令等によって治められている国家(体制)って意味でしか無いんですけどね。

 何と言うか……「万人が満足・納得する素晴らしい(理想的な)国家体制」――みたいな??

 前にも書いた気がするけど。
――悪法と言えど法は法……これに尽きるんだけどなぁ。
 故に。
 満足・納得できないからと言って実力行使(違法行為)を実行するのは、法治国家の根幹を否定している/全く知らないのと同義なんですよ。



 ついでに「原理主義」って言葉も。

 これを正しい意味で言い換えれば……「原点尊重主義」とか「原点重視主義」とか、そういうものですよ。
 暴力をも辞さない強行・強要主義――なーんて意味では全く無いんですよ??
 まぁ確かに、その殆どにおいて強い排他的な性格を持っているのも事実ですけどね。しかしそれは結果的にそうであるだけであって、構成要件ではありません。勘違いしちゃーいけませんね。

 それこそアル・カーイダの連中なんかは。
 イスラム(教)原理主義――を名乗ってテロ行動を繰り返してるってだけに近いと言っていいでしょう。
 あるいは、元々はイスラム原理主義者だった連中の一部が作ったテロ組織、とか。



 それはそれとして (ぇ?)。

 うむむ……まさか、田中実さんが自殺とはね……。

 すると。
 もしも「スターシップ・トゥルーパーズ 4 」とかが制作されて、そこにキャスパー・ヴァン・ディーン演じるジョニー・リコが登場・出演したとしても、もう、あの(吹き替えの)声を聴くことは出来ない……ってこと、だよね……。
 キャスパーさんの吹き替えは何人かの人がやってるけれど、どうにも個人的には田中さんの声が最も合っていたと思う。
 故に、仮に、他の人が声を当てたとしても……やっぱり別人になってしまうだろうな。
  それ以前に制作されるとも思いにくいけどさ。


 何はともあれ、安らかなることを。

 

テーマ:ブログや日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/05/04(水) 21:05:04|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うーん……?(わらい)

 
「中性子の塊」
 ……そこら中に転がってるって以前に、アナタも私も半分くらい中性子でできてますけどねぇ。
 あ。半分は言い過ぎかなって言うか、個数ベースで行くか、質量ベースで行くのかで随分と変わるね。
 個数ベースでなら……1/3 ほど?
 ※ 問題なのは中性子線であって、中性子の存在そのものではありません。
   原子核内での中性子は安定してますが、そこを飛び出して(≒中性子線になって)しまうと急に(?)厄介になるわけです。
   なお大概の原子は――概ね、陽子・中性子・電子 = 1:1:1 に近い(個数の)比率で構成されています。
   しかし、水素原子の原子核に中性子は存在せず、またほかの原子では陽子数よりも中性子数が多いので 1/3 ほどって辺りになるわけですね。




「原子力事故の評価尺度」
 正しくは「国際原子力事象評価尺度」ですけどもね。
 ただ、これって事故・事象の規模を示しているものであって、人的被害の規模・被害者数は関係ないんですけど……。
 事実上は絶対に無いけど、被害者数がゼロのレベル7――ってのも有り得なくはありません。
  ただし下位のレベルには、事業所の従業員の一定以上の被曝が基準となっているものもあります。

 しかも。
 レベル7ってのは、これまた震度7と同じで、一定ラインを超えたら全部レベル7なんですよね。
 もっと言えば。
 レベル5だろうがレベル7だろうが、評価区分の変更で、実際の放射線量や放射性物質の拡散度合いなどが変わるわけじゃありません。
 実情を調査して、どの範疇に収まるかって言う話です――無論その認定の正確さや精密性、また早さは重要ですけどね。
 そもそも原発から相応に距離を隔てた場所――例えば関東や東北の殆どにおける観測量では、人体に影響を及ぼすような増加ではありません。ちょっぴり増えたねって程度。
  故に。
 「レベル7ということはチェルノブイリと同じように数千人・数万人規模の死亡被害者が出る!」
 ――なーんて類のことを言ってる人は、ロクに知りもしないで騒いでいるだけだと断言してしまって差し支えありません。風説の流布?
  チェルノブイリの場合――ずさんな実験により過大な臨界状態が発生し、ほぼ一瞬で原子炉が爆発してしまい、炉内の核物質が広域に撒き散らされました。
  しかも当時のソビエト政府が事故を数日に亘って隠蔽し、また(隠蔽していた間を中心に)周辺住民への指示も行わなかった。
  そのため、最も大事(≒危険)な時期に周辺住民たちが避難も対策も取れず、被害を受けた。
  それで被曝被害を大幅に拡大させてしまったんですよ。

  てゆーか。
  確かに大勢の「被害者」は出てますが・・・・そんな数の「被曝による(原因が濃厚な)死者」なんて出てましたかね?
  てゆーか、批判・糾弾したくてしたくて、たまらない・・・・にしても、嘘はいけませんね、嘘は。




「アメリカは世界一の原子力大国?」
 一国当たりでの稼動している原子炉の数は世界一ですけどね。ただ国土面積や人口当たり~云々~を考えていくと大層ややこしく。
 それと。
 アメリカでは、ここ30年ばかり新規の原子炉って作られていません。要するに、スリーマイル島の事故以降……ってことですね。
 確かに32年前のスリーマイルでの対処経験はありますし、また世界で一・二を争う核兵器保有国でもありますけど……事故対応も視野に入れた原子力技術って点では、決して世界一では無いはずですよ? トップグループには何とか入ってるでしょうけど。
 ましてや原発の対処を米軍に頼むって……協力ですらなく? しかも軍に??



「どうして東電・日本は原子力発電を推進したがってるの?」
 自国の電力等を他国(の資源)に依存させたい、依存してても問題ないと考える国家があったら大変なんですけど。
 日本にはエネルギー資源が少ない、殆ど無いに等しいのはご存知の通り。
 アブダビなんかが国家基盤を完全に石油に依存している状況を打破すべく半導体産業なんかに手を出し始めているのと(逆方向から)同じように、できるだけ国外(輸入)依存度を下げたいと思う、画策するのは当たり前のこと。
 また他の発電が、地形や気候・災害面等々において適合しにくかったり、不安定だったり、コストが高すぎたり……。
 まぁ(ちょうど今回のように!)日本ってのは地震や津波が多い国・地域ですから相応のリスクもあるものの、他の発電方法に比べて国外依存度が低く、安定して需要を賄え、また(安定運用さえ持続できれば!)低コストでもあった原子力発電に目を付けたわけです。
 必ずしも、こういう理由のみって訳でもないはずですけど……根幹はコレですよ。
 ……とは言え、いざ事故が起こっちゃうと、こーゆーことになるわけですけどね。
 ※ 災害に見舞われると、ではありませんよ??
     なお。
     風力だと、景観もですが、台風や津波による破損とメンテナンスの厄介さ、また発生する低周波振動などの対策が大変。
     太陽光は、パネルのコストと設置場所、何より全てを日照に左右される点(日本って意外と日照が少ない)。
     潮力などは、これまた台風や津波、また機器の維持とメンテナンスが厄介。
     まだ地熱は他のものよりはマシですけど、しかし設置場所や他の地熱等の利用との同居・住み分けの問題……。
     つまり、いくら火力発電よりも CO2 を出さない・少ないとは言っても、継続的に一定以上の需要を賄うには現状では問題点も多い。
    ――故に原子力が選ばれた……【と言う経緯】なんですよ。

     また特にヨーロッパ諸国での自然エネルギーによる発電の普及や確立は、その立地条件に巧く適合していると言うのも見逃すわけには行きません。
     日本のよう災害が少なく、また国土にも余裕があり、何より多少のことがあっても隣接地域・隣国からの融通が利かせやすい~等々~。
     それらの条件の相違を考えずに、一律に語るのは無理がありすぎます。

     更に言えば、洋上を利用する風力や潮力発電の場合、そこを中心にした近隣の海流などへの影響、そしてそれに起因する周辺環境や生態系への影響。

 以前にも別のエントリで触れましたが。
 いわゆるエコロジーってのは真面目に真剣に考え、取り組もうとするほどに、洒落ではすまないほど広範にわたる知識・情報 etc. ‥‥が必要不可欠。
 更には、それを正確に妥当に実践・実行できる能力も当然ながら欠かせません。
 何の基礎も無い素人の、片手間未満の思い付き程度で実効性のある手段・方法なんかが判断できるようなものではありませんよ。
 個人的には、難易度自体はともかく、その多岐にわたる面倒臭さは素粒子物理学なんかを遥かに超えると思います。



「地面などから(特に至近距離では、数μSv の)放射線が出てる!」
 いや、それこそが(人工物であれ)自然界からの放射線ですよ?
 世界平均で約 2.5mSv ほど、最も高いブラジルの何処ぞだと約 10mSv で、日本国内の平均だと約 1.5mSv くらい。
 コンクリートだってアスファルトだって、土だって何だって、この程度の微量な放射線は普段から出してるものです。
 特にラジウム泉などでなくとも温泉の多くなんて、周囲の平均よりも突出してたりします。
 あるか無いか、ゼロか否か……でなく、最終的に年間被曝量が 100mSv を明らかに超えた段階になって、ようやく生涯の発ガン確率が約1%上昇し始めるかどうか、でしかありません。外部被曝の場合は。
 普段の、あるいは(暫定)規制値の何倍かとか超えたか否かに、そこまで一喜一憂する必要なんてありません
 もちろん、あんまり甘く見すぎることには別の問題がありますけど、だからって知らなかった時には何も問題視していなかったのに、知った途端に大騒ぎって……以前に書いたエントリの「もし仮に、それが本物の悪意の霊が写ってる心霊写真だったとしても……」ってのと構図が同じですよ。目に見えないって点でも。
 既に在るものに対して、それを知ったのか知らなかったのかが被害の大きさを左右するようなことはありません。
 それこそチェルノブイリの時のように、その著しい変化を知らなかったから対処も避難もできなかったってのとは違うんですから。
  試し(?)に、そこらの墓地ででも計測してご覧なさいな。
  かーなーり、面白い結果が出ると思いますよ? 微小レベルの放射線源(放射性物質)が集積しているような場所ですからね。

 あと。
 放射線の測定器って割とデリケートな機器なので、きちんとリセットしたり測定し直したりしてもなお相応に継続して異常値が出ているってんでもなければ、大騒ぎするには値しない場合があります。
 きちんとした見極めが必要です。
 しかもマトモな測定には、ちゃんとした方法・やり方での測定が不可欠です。



「漬物石は焼夷弾の鉄くずだった」
 あの人の演説能力の低さは異常。
 まぁ「発想の転換をすれば、知恵と工夫を費やせば、かつて自分たちを苦しめたもの(の残骸)ですら利用して何かに役立たせることができる(のだから、くじけずに復興・再建していこう)」――ってことを言いたかったんでしょうけどね。
 言い方って言うか言葉足らずなのも当然ですけどね。
 たぶん私が今ここで書いたくらいには丁寧に説明しないと通じない人が大半だと思いますよ?
 子供どころか大人、どころか記者やジャーナリストと呼ばれる人が相手であっても。
 私のコレでも不十分=完璧ではない、でしょうけどね。
 もっと言えば。
 それはその通りだけど、今の時点で言うべきことは他にも多々あるんでは?? もうちっと具体的なことも言わないと。
 なんつーか、これならまだ悪人ヅラか鳩ポッポの方が良かったような気がする。
  もうね、なーんか「無能な働き者」を地で行ってるように見えて仕方がない。
  けど……さすがに鳩ポッポの方がマシかも、とは言いにくいか。いくらなんでも。

  ただね。
  そういえば前にも少しだけ書いたけど。
  馬鹿が賢そうに見せるのは非常に困難ですが、賢い・優秀な人は限りなく馬鹿なふりが容易にできるものです。

  要するに、アレが作為であるのか否か。
 ――もちろん見たまんまって可能性もあるけど。

 
[うーん……?(わらい)] の続きを読む?

テーマ:(|||ノ`□´) 待て待て、待てェ!! - ジャンル:ブログ

  1. 2011/04/19(火) 21:04:19|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

へー、そりゃーすごいねー(失笑)

 
 ナニやら、こんな話があるんだそうな。

――関東周辺の海洋上などに風車を設置し風力発電すると、東京電力の発電量を超える電力が得られる。
 しかし、それを不都合に考えている東電が、その計画などを妨害し、握りつぶしている。

 このデマゴギーには、三つほどの致命的な欠陥がありますね。
  まぁ数え方は様々あるでしょうけどね。
  それにしても、全てでは無くとも一つ二つくらいは気付いても良さそうなものなんだけども・・・・バッカじゃなかろか。
  そんなにまで気付けないものですかねぇ・・・・うーむ。

  過日も複数の TV 番組――池上彰さんのアレとか――でも言われてた件=かなり判りやすい例だけど。
 ――地震で関東の電力備蓄が底を突き、原発の対処などのためにも関西などから送電するので節電しよう!
  的なチェーンメールの件が言われてましたけどね。
  あぁ、この例では、番組などで(も)紹介されていたものに私が見かけたもの・内容を更に加えています。
  これにも複数の致命的な誤りが含まれてます。
  故に・・・・こんなもんに騙されるのは、その人が(電気等に関わることを)マトモに知らないか、情報を閲せず鵜呑みにしていると宣言してるようなもんです。
  平時から正しい知識を身につけていれば、すぐに誤りであることを見抜けます。
  節電等それ自体は悪いことではありませんが、だからと言って、まんまと無知ゆえに騙されてることも、迷惑行為に加担した事実自体も変わりません。


  因みに、これは確かに、そのデマゴギーに近い一節を含む論文があるんですけども。
  ただそれは筆者自身も実現可能だなんて思っているものでなく、あくまで全く実現性の無い計算上・理論上の、正しく理論最大値として上げられているだけ。
  つまりそれは、論文を構築するに当たっての前提条件・計算基礎の一つでしかありません。
  そりゃそうですよ。
  関東地方の外洋に面する 50km 圏内を流れる風の、その(運動)エネルギーをかき集め、それを理想的に電力に転換した際の数字ですのでね。
  その約 287TWh/year ってのは。

  と言うか・・・・なんか世間の皆さんって「論文」と言うものをやけに過大評価し過ぎてません??



 あと更には。
 2011年4月1日の報道から。(だからって4月馬鹿ではありませんよ?)

> 東日本大震災に絡むデマや根拠の不確かな情報が広まっているとして、警察庁は1日、インターネットや口コミで出回っている流言飛語の一部を公表した。
  ( 中 略 )
> また、故意に誤情報を流した人物を特定すれば名誉毀損や業務妨害容疑での立件も視野に捜査するという。
  この文章は、読売新聞 Web-site に掲載された記事からの引用です。


 この報道(の内容)に係り。
 これは政府(≒現政権)による言論統制でしかない――とかっていう、実にユニークでラフな意見を見かけた。
  この場合の「ユニークでラフ」は――非常に独特・独自で、がさつ・乱暴で有害な――と言う意味で使ってます。

  まぁ中には悪ふざけやらお祭り騒ぎ的な意図で言ってる人もいるのでしょうけども。

 その論理で行くなれば。
 犯罪者・容疑者を逮捕すると言うことは、その人物の身柄‥‥要するに自由を奪う憲法違反の悪質な違法行為である。
――てなコトになっちまうんですけどねぇ。構図としては同じですよ。

 どうもその御仁は、その言論の自由と言うもののことをロクに知らない(で語って=主張している)らしい。
 行動・実行を伴わなければ何を言ってもいい――と言うことであるなら、犯罪教唆とかって類の違法行為は成立しなくなりますね。
 あるいは、善意であるなら、あるいは悪意で無いなら、何の責任も罪も問われない――とでもなりかねませんよね?

 確かに日本国民には「言論の自由」が保障されています。
 しかし。
 では、どうして犯罪教唆や名誉毀損・侮辱などが言論の自由を侵す憲法違反として問題視されないのか? または各種の詐称なども。
 答えは実に簡単。
 この「自由」と言うのは「言おうとする行為を(事前に)制限・禁止されない≒検閲や弾圧を禁止する」と言うことであって、その言った内容に対して処罰も含め一切の責任が無いってわけではありません。自身の発言に自身が責任を負うのは当然のことです。
 何を言っても何の責任も問われない・処罰されないというような意味での自由ではありません

 また善意・悪意~云々~は刑罰・量刑を決める際の判断材料の一つであって、それによって有罪・無罪が自動的に決まるものなどではありません。
 独善・浅慮に過ぎる(自称)善意は、時に「原因において自由な行為」とか「未必の故意」として扱われることだってあります。
 あるいは一応の努力が認められるものであったとしても、その努力が不十分であったなら用を成しません。
 加えて、予見可能性の点においても責任が問われることもあるでしょう。
  この場合での「予見可能性」は――気付かなかった・予想できなかったことに対する責任とでも言えばいいでしょうか。
  「その程度のことは判れよ。こんなの判らない方が、どうかしてる」みたいなモノと思っておけば目安となるでしょう。



 いい歳して、義務教育で(も)習う「法律と、権利と義務(の関係)」すらも知らんのでしょうか。


 いずれをとって見ても‥‥やれやれだ。

 

テーマ:どーでもいいこと。 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/04/09(土) 21:04:09|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なるほどね…

 
 言われてみたら、その通りだね……。

 火力発電とかって、その(発電)効率が気温によって左右されるんだ……うーん……今まで全く思い至らなかったよ。
 なんか自力で気付けなかったことが悔しい。(:q)


 あと。
 うーむ‥‥。
 ラプンツェルが、その髪を使って塔(とか?)から滑り降りちゃうんかい?

 なんか本来の話における(ある種の)象徴を根底から覆してるような気がするんだけども。
 下手すると矛盾しますぜ?

 あ、いや。矛盾は言いすぎか‥‥しかしなぁ。
 長い髪ってのは塔に幽閉されていたことの象徴でありつつも、また一方では塔から放逐されるための鍵でもある――はず。
 たぶん。

 と言うか。
 まぁグリム童話にせよ何にせよ、その手の昔話・Fairytail Fairy tale ってのは割と元をたどっていくと「何のための話だ?」ってのも多いものだけれどもね。寓話でも面白でも艶笑譚でもなかったり。
 ‥‥「ラプンツェル」の場合は艶笑譚が最も近そうな気もするけども。

 つまり‥‥CAL に出てくることに違和感は無いが、ディズニー作品だと違和感を感じる
 そういう結論。

 バナナではありません。

 

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/04/05(火) 21:04:05|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在り得ない、理解できない…

 
 日本赤十字社に対して。

 「信用できない / 募金が正当に使われるとは思えない~云々~」――という意見を上げてる人が、そう多くは無いけれど稀にいる

 いくらなんでも赤十字を相手に、別の団体・集団と取り違えている、履き違えているってことも無いだろうし……悪質な冗談か、わざと出鱈目を言っている以外に、どうやったら、そんな認識を妥当・正確なものとして持ち得るのか……。

 まぁきっと、本当の意味でのホンモノの偽善者か、今の自分が知らないことに対しては基本的に自分の想像による結論を事実に相当するものだと信じて疑わない人か……そんなところなんだろうな……。
 陰謀論・大好きっ子たち。

 ちっとくらい自分で調べてみりゃいいのに、どうしてそれが出来ないのやら。


 因みに「偽善」が本当に意味するところは――悪人が悪事のために善人を装ったり、悪事の準備のために一時だけ善行をなす、あるいは悪事を隠すために行なう善行……みたいな類のモノですよ?
 多くの人が使っている――善行とされるモノで目立って評判を上げるかのような利己的な根源に基づく善行とか、あるいは「そりゃーお前の僻みと違う?」てな感じの、いい格好をしようとしている人に対する罵倒(語)とか……そういうものとは、ちと違うんですよ?
 まぁね。
 そこからの拡大解釈やらナニやらで「本当は善人でもないのに(悪人か否かは不問・別)善人ぶった言動~云々~」につながって現在に至るのは、その通りなんですけどね?
 また一方では――それ(今風に言う偽善や偽善者)を否定・批判・非難したところで、その批判した人の言動で自動的に善人・善行になるわけでも無いってのは解ってるのかな。

 落ち度がある(あった)人・集団を責め立て否定しているからと言って、その人(の主張など)が正しいとは限らない。

 むしろ、そういう安易な(否定等の)言動の方こそが偽善だと私は思うね。

 

テーマ:おもうこと - ジャンル:ブログ

  1. 2011/04/03(日) 21:04:03|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抜粋して増補しつつ公開。

 
 放射能っつーか核反応――厳密には、原子核分裂反応――の仕組みについて
 また(放射線による)被曝や原子力事故などについても。
 それに関して記述し(てい)たものからの部分抜粋&拡大増補です。
 それを念頭に置きつつ、読むなら読んでください。

 また内容の正確性・妥当性・信憑性などには十二分の配慮をしていますが、正確性の向上や、より解りやすくするための修正・補足を随時行なっています。
 加えて(結果として)匿名での提示なのですから、適宜、本当に信頼の置ける情報と突き合わせるなど「裏を取る」こともお忘れなく。

  それにしても――まぁ私の意見・主張、何よりも私自身だって一部は該当しますけどね。専門家でも職業従事者でも無いので。

  どんな人かも判らないどころか個体識別すら難しい状態での匿名の発言だったり、あるいは理科すら不得手であろうことが判っているはずの相手~云々~。
  そんな人たちから伝わってくる情報を、学者・専門家の意見や助言よりも重視する・信用するってのは――何の冗談なのやら。

  元から・事前には、知らなかったのは仕方がありません。
  斯く言う私だって、このところ連日・・・・調べ直して再確認を繰り返していますし、時には、新たに知ったりすることだって色々あります。
  それ故に、この記事を始めに再編集・再調整・追記・補記を重ねています。

  しかし。
  いざ、事が起こった際に、しかも既に情報が公開されているものに関してまで、その状況判断が正しく行なえないってのは、どういうこと??
  結局それは知りも調べもせず、あやふやな情報・記憶からの想像を然も事実であるかのように信じているだけじゃないんですかね。
  そんなの(姿勢・言動)でいいんですか?

  そりゃま、理科とかが果てしなく苦手な人ってのもいるのは判りますが・・・・。



――まぁ難しいってのもよく判りますけどね。
 核反応・核分裂ってのは、普通の人が日常生活内で目にする現象とは根本から色々と異なるものですから。
 いやまぁ、これが核融合(反応)だったら誰でも自分の目で見たことがあるはずですけどね。
 1天文単位ほど離れた場所からでしょうけど。

 しかし単純に核分裂(反応)だけだって、その大雑把な内容ですら、説明できる人は少ないはずです。
 また(言い間違いなどを除き)――放射線 / 放射性物質 / 放射能 の区別ができていない人も随分と大勢が見受けられます。

 大まかな概略≒基本・基礎を知らない、説明すらできない人の注意喚起や警告などに、まともな信憑性・信頼性があるとお思いですか?
 含まれていては困るような過小評価・過大評価が含まれているであろう【危険性】に目を瞑りますか? それは、危機管理・対策としては随分と片手落ち……いえ、完全な手落ちですよ。


 ウラン(235)原子に中性子をブチ当ててウラン原子核を叩き壊すと(=分裂)、その壊れた際の破片(のようなもの)が消滅してしまうことで、その消えた破片の質量がエネルギーに転換され、その熱を用いて……。

――たったこれだけですよ。
  いいけど、まぁ概略ではあるけども、これもこれで通じるんだろうか・・・・?
  よもや、ここで「質量保存の法則」とかって言い出されたら笑うしかなくなるんだけども。


 概略であれば僅か100文字ほどで言い表せることを説明しないのは奇妙ですよね?
 日常では接することの少ない単語・用語は含んでますけど、これでも立派な日本語です。また補足すべき部分もあるでしょうけど、それはコトの趣旨からは外れています。
 もし知っているなら、特にウラン235による核分裂は、とても説明しやすいもののはずです。
  これがウラン238から色々と経由してプルトニウム239に至り、更に核分裂――プルサーマル計画の核反応はこのタイプ――とかだと、もっと説明が難しいけど。
  また核融合(原子核融合)だと……更に複雑になるので面倒臭いですけどね。もっと用語もややこしくなりますし。
  ウランやプルトニウムなら、まだ単語としては通じることが殆どでしょうけど、二重水素だ三重水素だって言っても、そこからして通じません。

  因みに。
  ウラン原子核を叩き壊した際には、2~3個の原子に分裂するんですけども、それがヨウ素131やセシウム137、ストロンチウム90など(放射性)の核生成物。
  これらが、いわゆる「死の灰」と呼ばれるものの正体です。あら怖い。

  また上述のウラン235の原子核分裂の過程は、あくまで概略です。
  実際には一瞬(?)だけ、ウラン236ってのに変化したりとか色々とありますからね。



 しかし。
 知らないこと自体はともかく、知らぬまま訳も解らずに恐れるのは――結局は自分が大損をします
 無用・無駄を省くことも出来るかも知れません。
 まして訳知り顔で過剰・出鱈目・的外れな恐怖を煽るのは極めて劣悪で愚かなことですよ。厄介者。

 放射線や放射性物質による被曝と言うのは、もちろん重大で危険なものではあります。
 特に放射性物質を一定以上・大量に体内に取り込んでしまい、体内から継続して被曝する体内被曝・内部被曝は非常に重大です。
 しかし殆どの人が想像しているほどに恐ろしいものではありません
  もちろん、その放射性物質によっても異なりますけど……仮に体内に入っても出て行く物質が割と多い上に、ちょっとやそっとの被曝くらい、どうってことありません。
  普通の火傷や出血などと同じだと思って差し支えありませんから。酷くなれば命に関わりますけど、酷くなければ、じきに治ります

 いくらでも、健康上において特に問題ない程度にまで影響を避けることのできる、個人レベルで対処できる方法があります。
 と言うか。
 核兵器が爆発した直後の爆心地をウロウロするのでもなければ、破損した原子炉の傍でキャンプするわけでもないんですから、多くの場合、念入りめな花粉症対策と同等程度の対処で事足りるものです。
 少なくとも、退避・避難 命令 が出るほどの事態に陥って、その場から離れなくてはならなくなった場合の避難中でも。
 それこそ窓を閉め、エアコンを内気循環に設定した乗用車内なら、アルファ線の全てとベータ線の大半・殆どは防げるんですよ? あとは花粉フィルタでも付いてりゃ足しになります。
 因みに、ごく僅かにはガンマ線も遮断できますけど、あえて言うほどの遮蔽能力ではありません。
 また放射性物質自体だって殆ど全て(の流入)を防ぐことができます。

 と言うか。
 無駄な(=不要な/無意味な)心配によるストレスの方が遥かに健康に影響を及ぼすような気がしますけどね。


 武器・爆弾としての核兵器の被害では無いのですし、また多くの人が(知りもせず)取り沙汰するチェルノブイリでの原子力発電所事故とも大きく異なる上に、何よりも原子炉自体が破裂したわけでもありませんし、その可能性も宝くじの高額当選確率レベルに低いと見積もれますから、現時点では、政府や東京電力の発表に基づく対処で全く問題ありません
  まぁ後述しますけど、だからって政府や東電自体を批判しないわけでも、また問題が無いとか言うつもりは一切ありません。
  ただシンプルに、提示されている避難や対策・対処方法に不審点・問題点は見つけられないってことです。


 また、もしも万が一/億が一にも原子炉・核燃料が爆発すると言うデタラメな事態に至ったとしても、パニックさえ起こさなければ問題なく避難くらい出来ます。
 原子爆弾(核分裂型)と原子力燃料(同じく核分裂型)は、同じ核分裂型でも内容が大きく異なります。
 更に逆奇跡のような確率で、仮に原子力燃料が爆発(制御不能な過臨界を)したとしても、原子爆弾の爆発とは大きく異なるので、当然、被害も全くと言っていいほど変わります。

 と言うか原子力発電用の核燃料が爆発するってのは、まず考えられませんけどね。
  そもそも濃度の桁が違いますし、爆発(≒制御できない急激な反応)が起こらないように作られていますから。
  そうは言っても、水素/水蒸気爆発であっても、その内容によっては重大な結果を招く可能性はありますが――それでも逃げる余裕くらいは十分にあります。


  また更に念のため補足しておきますけど。
  原子爆弾等の核兵器は、あくまで人を殺すための兵器として作られているのですから、被害が大きくなることも、影響が非常に避け難いものであるのも当然。
  重ねて言いますが、原子炉の事故と一緒くたにするものではありません。

  またチェルノブイリの事故は――(あくまで大まかな概略です)。
  ずさんな実験で「不安定状態で稼動」していた黒鉛炉が炉心溶融を起こし、更にその後ほぼ一瞬で爆発してしまったという人為的事故です。
  しかも(事実上)格納容器が無い構造の炉でしたし、また停止しようとはしていたようですが(水素)爆発は運転中に起こっているものです。
  語弊を恐れずに言えば――核兵器による被害と似たような影響を残しても不思議ではないような内容の事故です。
  制御棒が殆ど抜かれた状態での臨界中に水素爆発が起こって原子炉自体が破裂してしまい、原子炉内の燃料や放射性物質が大量に撒き散らされてしまったのですから。
  しかも当時のソビエト政府が事故を隠蔽してしまったために、周辺住民に甚大な被害をもたらしてしまったって面も大きい。
  この事故の内容においては特に重要だったであろう、初期の対応が全く取れなかったわけですから。

  一方の福島原発は全て同じ――1基はプルサーマルなので微妙に異なる部分がありますけど――沸騰水型軽水炉です。しかも自動停止もしているんですから。

  いくら「原発事故」という分類自体は同じでも内容が全くと言っていいほど違います。交通事故と言っても色々ある――ってのと同じです。
  加えて、炉心溶融/メルトダウンってのも、重大は重大ですが、それ自体が被害を発生させると言うものとは異なります。
  重大事故の過程にある一つの現象・要素と言うべきものでしょうから。


 被曝にせよ放射性物質にせよ、常に 0 でなくてはならないものと思い込んでませんか?

 放射線や放射性物質による被曝と言うのは、重大で怖いものではありますが、そこまで怯えなくてはならないものではありません

 加えて。
 年間・100~300mSv(/h) くらいの多めの被曝をしたとしても、発ガンのリスク(≒可能性)の上昇って、1% 程度ですよ?
 上昇・増加は確かですが、この 1% を「多発・爆発的に増える」とか表現するのは普通ですか?
 私には、爆発的な増加と言う表現よりも「誤差に近いような上昇」の方が妥当に思えますけどね。
 40.0% が 40.4% に増加することを「大幅な増加」と言っている人の言うことって信用できます? 信憑性を感じます?
  すると。
  「チェルノブイリ周辺では住民の発ガン率が、従来の[?]倍になってる!」――とか言い出す人も居るようですがね。
  その人たちが、年間合計・100~200mSv 程度の外部被曝をしたって程度だったなら、反論・否定として成立します。
  確か周辺住民って、ヨウ素131を中心とした放射性物質に晒され続けていて、危険な量の内部被曝もしてたはずなんですが。おかしいな。


 また奇形児の発生だの何だのってのは更に少ない。
 それに奇形とか何とかって、何の事故やら何やらが無くとも一定割合で発生してるんですけどね。ただ当事者には(やはり)心理的ショックも大きいので、それが隠され、単なる流産・死産とか扱われることが多いから見えてこないってだけで。

 と言うかミュータントだゴジラだ何だなんて、SF か核パニック映画の見すぎ。あんなの事実上の完全フィクションですよ?
 アサイラムとかコンコルドの映画(映像作品)を好き好んで観てる私ですら、んなこと思いません。
  科学的に「絶対に有り得ない」ことを証明した人がいないから完全には否定できない――ってだけです。悪魔の証明です。
  確率的には、起こり得る可能性は事実上ゼロ、と断言して構わないでしょう。
  まぁ……このミュータントとかを言ってる人は、ほぼ全員が悪ふざけ・悪質な冗談で言ってるんでしょうけどね。



 私も、東電の隠蔽体質などと揶揄されても仕方が無いような発表の遅れなどには、不快感と困惑などを持ってますけどね。
 と言うか、災害・被災者対応から、一連の原発事故での対応の酷すぎる不手際など見ていても、正直「駄目だ、こいつら……」としか思いません
 被災者支援とか避難者の受け入れくらい真面目に、真剣・真摯にやれよ、としか思えません。
 特に関係も責任も無い、善意・好意の企業や団体の方が遥かに普通な対応をしてますよ。
 ロクに受け入れもしない上に、よもや被災避難者から(条件により1日・6,000円とか)料金を取るなんて……呆れてモノも言えません。

 オマケに、社員やら何やらの Web 上での発言・記載・主張なんかもね。お前らが言うな、と。

 しかし一方では混乱や疲弊などによる無作為の不手際もあるはずですから、その部分に関しては区別して考えなくてはなりません。
 悪い、と言う分類自体が同じでも。
 作為と無作為、嘘と間違い――この区別くらい誰にでもできますよね?


 多少の相違・ズレ程度ならいざ知らず、一定の許容範囲を超えた過大(過小)評価というのは、もはや単なる誤情報、要するにデマゴギーでしかありません。
  するってーと時に「健康や、何より大事な家族のための安全を考えて何が悪い」とかって類の反論をしてくる人がいますが。
  本来(そこまで)危険ではないのに、大事な人たちに「極めて危険だ!」と伝え、全く無用の不安やストレスを抱え込ませ、負担を強いるのは構わないんですか?
  とても素晴らしい思いやりの持ち主でいらっしゃいますね(反吐が出るほど)――ってなもんです。

  しかも正しく、この実態と掛け離れた過度の被害を危惧することこそ【風評被害】の原因・風評ですよ。
  やけに、その言動こそが風評だってことを丸っきり解ってない人が多いですけどね。



 敵を知り己を知れば、百戦危うからず――昔の人はイイコトを言ってますよね。孫子ですけど。
 特に自分の苦手や弱点を(不快であっても)知って、把握できていると言うことは、逆に強い武器にもなる材料の一つ足り得るのです。
――把握できていないものを鍛える・補うことなど出来はしません。
 始めの第一歩です。

 

テーマ:知ってる? - ジャンル:ブログ

  1. 2011/03/19(土) 21:03:19|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

でんぷんこ?

 
――漢字で書いたら「澱粉粉」


 あとついでに。

  [でんぷんこ?] の続きを読む?

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2010/12/05(日) 21:12:05|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

…へ?

 
 一つめ。
 O橋巨泉さん……アンタが政治を語るな


 二つめ。
 永 Six輔さん……集中して聴いていてなお何を喋ってるんだか判別できない時がままあるんですが。
 たぶん放送・ラジオの第一人者だという自負があるの(であろう、ということ)は理解できなくはないですけどね。
 ラジオで、何を言ってるんだか判らないってのは致命的では?


 三つめ。
 検索クエリから……[Atom プロセッサー 330 DVDコピー 所要時間]っと。
 えーと。
 ……それ、読み取りドライブ(&ディスク記録面の状態)に左右されるもので、プロセッサなんて殆ど関係ねーんですが??
 PIO 転送じゃあるまいし。
 あと、もし対象が傷や歪みも無い DVD-Video のディスクで、それでも読み取り速度が上がらないってことだとすると。
 原因の殆どは、Firmware で読み取り速度に制限を掛けてるからですよ?? つまり仕様です。
 もしかして解ってらっしゃらないんじゃありません?
  Disc to Disc なら正にドライブ性能に依存するし、Disc to Disk(HDD) でも殆ど差なんて出ませんよ……。
  まぁ、書き込み先が HDD で、かつ圧縮 NTFS でも使ってるんなら、意外とプロセッサ・パワーが響いてきますけどねぇ。

  速度制限が(どういう形でアレ)解除できるのって、Plextor 以外にもあったと思うけど……どこのメーカだったっけなぁ。
  因みに言っておくと。
  DVD-Video の場合、根本的に「収録されている動画データの動画としての再生」しか無いことになっている(はずの)ものですからねぇ。
  故に、その再生・鑑賞時のドライブの動作音(≒騒音)を小さく抑えるため、Firmware で読み込み速度に制限を掛けてるってワケです。合理的ですね。
  なので、殆どのドライブだと……4~8倍速くらいが関の山じゃないかな。

 
[…へ?] の続きを読む?

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2010/04/23(金) 23:04:21|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑感諸々

 
 閲覧履歴を見ていたら。
 「見た人はコメントよろしくおねがいします ヨロシク~みたら必ずコメしてください」
――という紹介文が記されている Blog を運営している人からのものが。

 はて? この私の Blog には何のコメントも寄せられていないのは何故なのでしょうか?
  ここで。
  お前(=Alvz.)は、そのような旨を書いていないのだから寄せる必要(や義務など)は無い~云々。
  と考える類の人は、たぶん私とは全く考え方が合わないので、この Blog を読むべきでは無いでしょう。


 自分が行ないもしないことを他人に強いるな。
 読んでコメントを寄せたいと思うところであれば言われずとも寄せるわい。

 足跡が残る設定に切り替えてから、あえて(読まずに)表示だけさせたろーかな。

  [雑感諸々] の続きを読む?

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2010/01/08(金) 23:23:23|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑感もろもろ。

 
 よゐこ部。
 なんか最近、仮入部員(ゲスト)の数が減っとるね。今までは2組/2人だったのに現状(?)は1組/1人。
 不況の影響かね?


 24時間・戦国時代生活(完全版)。
 正に1時間枠の時のアレが見事に水増しされたような印象。 味噌汁とは違って。
 故に――当然とも言える、と言ってしまえばそれまでだけど――如何にも再放送でも見てたような気分に。
 ‥‥さすがに BALLAD の部分を 24p で取って 120fps 化するのもアレなので、そのままスルーする。
 あと。
 草メンバー(伝説マーク未使用) こと Deep ones はともかく、女装したり警官になったり猿になったりしてるメンバーは‥‥うーん‥‥まぁ、まだ他のメンバーよりはマシ?

 ついでに。
 × 成らざる負えない  ○ ならざるを得ない
 × 沈める         ○ 鎮める (△ 静める) さすがにこれは単なる誤変換でしょうけど。
――それと「え」に「画」と充てるのは、どうなん?
 もしかして「絵」を「人間が画材を使って紙などの上に描いたもの(のみ)」とでも認識してるんだろうか?
 自然画・風景画なんつー言葉があります。また(この場合の)「え」ってのは色んな意味で人為的なものを指しませんかね?
 ええ。テレビ番組で映し出される画像は、須らく全てが人為的ですよ。
 この辺りは、漢和辞典ででも調べてみるとスッキリするかも知れません。 しないかも知れません。
 ただ「こども」に「子供」を充てているのは好印象。
 ‥‥と思っていたら近頃は「子ども」表記を使うようになってきたっぽい。ションボリだ。

 んー、テレビ番組の話題ばっかだな。

  [雑感もろもろ。] の続きを読む?

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2009/10/11(日) 12:13:14|
  2. 時事的な話題っぽいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alvz.0x

Author:Alvz.0x
 時に、口調や文体が微妙に適当だったりする場合がありますが、仕様ですね。保証期間も切れてますし、どうにもなりませぬ。諦めてください。
 悪意の伺えるものや宣伝、またそれらに準ずるコメント等は割と情け容赦無く削除しますので文句は言わないようにね?
 あと一部記事の基本コンセプトは「不遜」なので念のため。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する